レトロバイクやレアバイク

2015年3月27日 (金)

意外なところガンマ50 !

おばんです!

今や50ccのミッション車は公道を走っているところを見ることも
まずなくなり、伝説の存在になりつつありますが、今日は意外
なところで意外なものを見つけました。


場所は大阪北区の商業地域から少し外れた住宅や倉庫など
が密集したエリアなのですが、得意先へ行った帰りに梅田まで
近道をしようと全く土地勘のないところを歩いていると、小さい
本屋さんがあって店の前にバイクが停まっています。


最初は特に気にすることもなく歩いていたのですが、店に近づ
くにつれてバイクが異様なオーラを放っています (ん? )
近づいてよーく見ると・・・なんと1980年代のバイクブーム全盛
期に販売されていたスズキガンマシリーズの末弟、ガンマ50
ではありませんか (驚)


50


もう長らく動かしていないようでシートのヤレなどもひどいのですが
プレートは切らずに付けられていてタイヤの空気も完全にぺちゃん
こにならず残っていました。 焼き付きなどがない限りレストアすれ
ばまだ何とかなりそうな機体で、目立つ転倒痕もありませんでした。

私は原付の来歴について詳しくないのですが、何度かマイチェンが
あったガンマ50のおそらく初期型か次の形ではないかと思います。
いずれにしても、もう製造から30年近くたっていますね。
以前はヤフオクにもよく出ていましたが、さすがに最近は少なく
なっています。

それにしても、けっして治安が良いといえない大阪北区で、路駐の
まま盗まれずに存在し続けていたこのガンマはすごいと思います。
まあ、言い換えれば今どき30年前のクラッチ付き50など盗む変わり
者の泥棒はいないということでしょうな (笑)

おそらくこの本屋さんの店主か関係者が持ち主なのでしょう。
捨てるのは簡単ですから、こういう路上放置の形でも持ち続けて
いるというのは、これも一種の愛着ということなんでしょうか (^^;




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月20日 (金)

大阪難波のレトロバイク店、その後

おばんです!


今日は難波(←大阪市南部の繁華街)のほうへ行く用事があり、
そこから少し外れた場所にレトロバイクがよく入庫してるバイク
店があったので様子を見に行ってみました。

この店を見つけてからもう3年ほどになるでしょうか。
Netで検索してみてもこの店の情報は見つからず、扱っている
バイクも不定期に入れ替わっているので 「自分で行ってみて、
目に付くものが全て」という感じのバイク屋さん、
…というかバイク修理店です。


で、前は作業台にCB72が載っていて修理中 (レストアでしょうか?)
だったのですが、今日店の前へ行き中を見ると、戸口のすぐ近く
にまだCB72が置いてあります。

「はー、よっぽどの難物でレストアが進まへんのやな」と思いつつ
よーく見ると…ん? なんだかCB72とは様子が違います。
えっ別のCB72が入ったの?  いえ違います…
今度入っているのはCBじゃありません。ハンドルを見るとモトクロ
ッサーのようなバー付き、つまり今度はCBベースのスクランブラ
ーだったCL72が入庫しているのでした(ぐはーっ^^;)



Cut2015_0220_2128_16_2

店の入口近くで分解中のCLの細部を眺めます。
このモデルは右側チェーンで右キックだったんですね(驚)
キャブ口径も250用と思えないぐらい小さいです。リムは前後
ともアルミ リムに変えられていますね。60~70年代用という
ことでボラニーでしょうか。


Cut2015_0220_2129_34

車体中央部を画像拡大したもの。なんとシート下の右側にメ
インスイッチがあり、当時モノと思われるキーが付いています(!)
しかしキーがこんな位置でふだん使い出来るのでしょうか!?(汗)


しかしこのお店、CB72だってレア車なのにさらに数が少ないCL
が入庫って、一体どういうお店なのでしょう。
たぶん客がヤフオクなどでレトロバイクを手に入れたものの今ど
きのバイク屋では自店販売車じゃない限り修理やメンテを断りま
すから、口込みでこういったレトロバイク店にその手の客が集ま
るのではないかと思います。

今日はCL72 そして3ヶ月ほど前にはCB72が、、もっと前にはこの
店でCB450の初期型モデル (いわゆるクジラタンク) を見たことが
あります。 この店はNetで情報がない分、見に来てビックリの新鮮
な驚きがありますね(笑) 
さあ、次に出てくるのはいったい何でしょう、CB750FourのK0モデル
あたりでしょうか!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)