見つけた模型店

2017年4月15日 (土)

野田阪神、飲み屋街に模型店が

おばんです!


きのうのことになりますが、仕事で外出した時に
「えっ、こんなところに模型店が!?」 というお店を
発見したのでご報告しておきます。 
場所を先に記しておきますと、阪神野田駅そば
のドリームラインというお店です。

模型店がある場所というと、たいてい学校のそ
ばとか、商店街の中あたりが相場ですね (笑)
ようするに、モデルマニア年齢層の人が多く通
る場所がmustの立地だと思うのですが、今回
の発見現場は飲み屋街の真ん中です。


場所は大阪市福島区の阪神電鉄野田駅そばです。
この場所・・・地下鉄の駅もあってそちらは野田阪神
というネーミング、なんだか大阪らしいコテコテ感で
すが、そんな下町パワーあふれる裏通りにこの模
型店がありました。


きのう、私は近くの取引先へ行った帰り、銀行で
カネを下ろして戻ろうと、野田駅前にある三井住
友銀行をめざして、普段は通らない道を歩いて
いました。
すると、下の画像のようなお店が目にはいります。



C_44

最初は 「模型店」 とは目にとまらず、少し行き過
ぎました。 そこで「 ん? 」と思い、改めて振り返っ
てみると・・・
ビルの角っこが斜めに切り取られていて、そこ
に模型店の玄関があるじゃありませんか ( ! )

屋号はドリームラインさんというお店で、店の前
には模型店にぜんぜん似つかわしくないフラワ
ーポットが置かれています。 おそらくこれは駐
車車両対策でしょうね。
お店の広さは、模型店としてはまあ標準的とい
ったところでしょうか。



C_51

入口前から中をのぞいてみましたが、平日の昼
間ですから当然のように客はいません。
ここでサラリーマン姿の私が、平日昼間で誰もい
ない店へ入っていく勇気はなく・・・よって、ここは
外から偵察となりました (汗)

主力商品は展示品からしてプラモとエアガンの
ようですが、いちばん上の画像にも写っている
ように、模型店の定番ともいえるミニ4駆の扱い
もあるようです。

また、そとからの観測になりますが、店の中や
ショーケースの中には鉄道模型の展示用線路
や試走用線路らしきものも見えました。 扱い品
はなかなかバラエティーに富んでいるようです。



C_25

ふと見ると、道に面したウインドの最上段には、
タミヤの1/6シリーズが並んでますがな。

 
いちばん右は往年のレーサーレプリカとも言える
CB1100Rの1/6モデルですね。 そのとなりは
XS1100の和製アメリカンモデル ( ←詳しい型式
は失念 ) で、たしかミッドナイトスペシャルという
別名が付いていたと思います。

これって確か、メーカーでも10年ぐらい前から
スポット生産になっていたはずです。
好きなかたには、これだけでも涙モノですな (笑)

箱の値付けも特にプレミアなどは載っておらず
良心的な価格・・・淡々とご商売をなさっている感
じのお店でした。 私の今までの感覚からして、バ
イク系モデルの揃っている店はハズレがないきち
んとしたお店ばかりでしたから、こちらのお店も
きっとそうした期待が持てるお店でしょう。



C_40

さて、このお店の立地はというと・・・上の画像の
ように飲み屋街の細い通りのなかにあります。
鳥貴族が写っている交差点から、画像奥のほ
うへ20mほど進んだあたりにお店がありました。
上の画像を見る限りは、この並びに模型店が
あるなんて、考えられないような立地ですね(笑)


今回は、そんな考えられない立地の中で正統
派ムードがただよう模型店を発見しました。
サラリーマンスタイルで仕事の途中ではなく、
休日の午後にでもフラッと訪れてみたくなるよ
うな、ドリームラインさんはそんな模型店でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月16日 (月)

お、カツミ模型店大阪店が

おばんです! 


きょうは大阪市の北区へ行き、久しぶりにグランフロント大阪へ
寄りました。ここは鉄道貨物基地や操車場の跡地を整備した商
業エリアで、今まで関西に出店していなかった店の大阪支店が
たくさんあります。 


今日はそんなお店の一つ、東京のカツミ模型店大阪店を探しま
した。 巨大な建物(構造がややこしい)を5階までエスカで上がり
フロアのちょっと奥まった所までいくと…ありました!
これが子供の頃からあこがれていたHOゲージ鉄道模型の老舗、
あのカツミ模型店の大阪店です。 ここは模型店というより鉄道
模型メーカーの販売所というべきかもしれませんね。


Cut2015_0216_2044_56_2

初めて行ったカツミ模型店大阪店。ショーケースにHOゲージが
並べられまばゆいばかりです。模型店といいますが、当然なが
ら自社の模型だけ(プラス協力会社のエンドウ)を展示販売して
る店です。ショーケースと商品だけでなく、ジオラマを置くなどもう
少し遊び心あらばなお良しかもしれません。


しかし子供のころはとても買えない価格のカツミ製品にあこが
れましたが、ショーウィンドに並んでいる電車の価格を見ると…

例えば環状線などの103系電車だと、だいたい一両の価格が
50,000~55,000円ほどします、 つまり6両編成を組むと車両代
だけで30万円ほどになります。そこに線路や電源システムなど
を加えると運転できる状態にするだけでかかる費用は…!?(怖)

うーむ、子供の頃は憧れでしたが、今でも憧れから脱すること
はできませんね(笑)

| | コメント (0)

2015年2月13日 (金)

昭和ムード全開の模型店が!

おばんです!


私はたまに取引先を回るため半日ぐらいの外出をするのですが、
その際街のそこここで「おっ、こんな所にこんなものが!?」と発見を
します。
個人経営の模型屋さんなどもそのひとつで、模型店自体の数が
減ってきているなか、それ自体すごく貴重なものに思えます。
今日もそんな感じの店を発見しました。


場所は大阪市の西区というところです。この西区というのは近代
的なオフィス街の部分があると思えば昭和の町並み全開のエリ
アがあったりするんですが、今日はその後者のほうです。 
私が取引先を出て、途中で郵便局へよる用事があったのを思い
出し、普段は通らない道を歩いていると・・・
うーむ、何だか独特のオーラを放っているお店があります(ぉ)


_1

見ると道の傍らに「西大阪模型」というお店が(!) 
私はすでにこの道を何度か通っているのですが、ここに模型
店があるのには全く気がつきませんでした。

外から店の中をのぞくと店内に客の姿はありません・・・
ちょっと入ってみたいけどこれじゃ入られへんな、と思ってさらに
店内を見ると、模型店としてはかなり広い部類なのに客がいな
いどころか店主の姿も見えません。しかし店内には40インチ位の
テレビがあって誰もいない店内で放送だけが流れています(汗)

うーむ、これは外からの調査だけにしておこうという事に決めま
した。画像を見ていただければ私が多くを語る必要はないと思い
ますが、もう昭和の残像そのもののお店です。
かつては子供で賑わっていたのでしょうが、今はまさに昭和40年
代で時間が止まってしまってます(汗)


_2

プラモの品揃えはそこそこありそうですが、ショーウィンドに飾ら
れている模型を見てもこの店の主力が何なのか、全くつかめま
せん。
そう、プラモが得意の店とか、鉄道模型が揃う店とか、船の模型
や航空機の模型に力を入れている店とか…ショーウィンドを見る
とある程度その店のカラーがつかめるものですが、このお店は
何が得意分野かイマイチわかりません。


_3

ちょうど正面のショーウインドに船の模型が飾られていますが、
たいていそういう場合は帆船とか戦艦の模型を飾るのが相場
だと思います。 このお店の場合はそういう船ではなくてなぜか
タグボートの模型…そう、台船などを引っ張るための曳き船
で仕事の船です。

うーむ、こりゃ相当ツウ向けの店なんでしょうか?


_3_3

しかも店内のショーケースを見ると、バイクの模型も飾られてい
るもののその少し横にはお城やお寺のような模型や京都の
山鉾の模型まで(ぐはーっ^^;) ごった煮ムード満載ですな。

どうやらこの模型店は無国籍なんでもありのようです。
この流れからして、私は店の商品に関する興味より、いったい
どういうお客さんが来てるんだろうということのほうが気になり
ました(笑) 昭和ムード全開の西大阪模型・・・いちど休みの日の
午後にどういう客が来店してるか見に行ってみたいですね(笑)

| | コメント (0)