新しいバイクの話題

2017年6月18日 (日)

BMWの新モデル、G310Rにまたがり試乗

おばんです!



皆さんも二輪誌のみならず、一般新聞にまで
「大型バイク中心だったBMW二輪が、初めて
310ccモデルを発売」 という記事が出ていた
のを目にされたことと思います。

そのニューモデル、G310がこの週末ディーラ
ー発表になりましたので、今日はひさびさの
バイクリハビリ (笑) を兼ねて行ってきました。
時間の都合で試走まで出来なかったのです
が、アウトラインがわかる「またがり試乗」を
お伝えしておきます。



Ts3y0898

現物を初めて見ましたが、最近人気が出ている
250~このクラスの人気車 「R25」「R3」「CBR250
RR」などとは一線を隔すデザインです。 このあ
たりはBMWの世界ということでしょうか。
後ろのグレーの車体は、現在のBMWモタード水
平対向エンジンで唯一空冷を積んでいるR nineT
(あーるないんてぃー) です。



Ts3y0903

発売されて間がないところですが、展示車のほかに
試乗車も設定されていました。この位置から見ても
ハンドル周り部品の仕上げの良さがわかります。



Ts3y0899

二輪誌などの画像で得ていたイメージよりかな
りボリュームを感じるフロント周り。おそらくタン
ク周辺の造形によるところでしょうか。
操作系は非常に軽く、クラッチなど「スコッ」とい
う感じで切れました。足つきはもともと細い車体
のところへ前端が絞りきみのシート形状もあって
まったく不安のないレベルです。



Ts3y0900

上の画像は、左側ステップのあたりからエンジン
後部を見たところ。 ゆるい後傾エンジンで後方排
気のため、エンジン後部から唐突に排気管(画像
では金色のパイプ) が出ています。



Ts3y0901

それに引きかえエンジン前方は・・・前側にエキパ
イが出ていないため妙にスッキリ見えています。
目につくのは、セルモーターとオイルエレメントぐ
らいですね。



Ts3y0905

基本ネイキッド車ですから、アンダーカウル部
分も最低限という感じで、右側はクラッチカバ
ー部の前にウォーターポンプがニョキッと出て
います。 もう少し意匠に工夫がほしいと思うの
は私だけでしょうか。



Ts3y0904

ステップはゴム貼りのていねいな造りですが(私
のK1200Sは金属加工のまま) ブレーキぺダルが
昔のヤマハトレールシリーズ (←激古) みたいな
すごい出来栄えの部品でした。 軽量化最優先
なのでしょうが、もう少し見栄えも考慮できない
のでしょうか (汗)


Ts3y0906


リア周りも細身でいま風のつくりになっています。
テールランプの造形は、今までのBMWモタードで
見かけなかった感じですね。



Ts3y0902

G310R試乗車のとなりにあった先月発売の電気
スクーター 「 Cエポリューション」 ハイブリッドで
はなくオール電気運転のスクーターで、二輪誌
のインプレでは独特の走行感覚だそうです。

こちらも最新技術の見本のような製品ですが、と
なりのG310R発表にかすんだ感じ (笑) 日本販社
も、もっと積極的にPRして注目を集めていい製品
だと思います。

短時間のまたがり試乗でしたが、G310Rは思い
切った価格設定と新しい商品性で、確実にヒット
するのではないかという実感を持ちました。
ディーラーの営業さんに聞くと、この店に割り当
てられた初期ロットはすでに全部引き合いがあ
ったとのこと。 これをふまえて、BMWが国内メー
カーモデルに今後どう対抗して行くか、これから
注目したいところですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月24日 (水)

BMWのG310 意外な価格で

おばんです!


今年度の早い時期に登場が決まっていたBMWの
普通二輪ロードスポーツ 「G310R」 がいよいよ
来月1日から発売されることになりました。

機構的には「単気筒310cc 34馬力」で特に目を引
くスペックではないのですが、驚いたのはその価
格です。 車両本体価格がなんと58万円という
低価格になっているではありませんか(驚)



G310_1920x1080_01

このあたり、国内各社が発売するR25、ニンジャ、
CBR250などの販売好調をみて「ウチも何とか
喰いついてやろう」というBMWジャパンのたくら
みがみえみえですね(笑)
べつにこのクラスのユーザーでBMWオーナー
になりたいという人はいないと思いますが、
「いつかは」と思っている人 (主に中高年) の背
中を押すには十分な価格設定だと思います。

6月からに発売を合わしたのはボーナス時期
とのヨミもあるはず・・期待のG310が最初の
3ヶ月でどれぐらい販売台数を伸ばすか注目
したいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月17日 (水)

市販ロードモデルでチタンタンクが

おばんです!


以前に市販モトクロッサーでのチタンタンク導入を
ご紹介しましたが、いよいよ公道バイクでもチタン
タンク導入車が現れましたね。 さきのCRFに続い
てまたもやホンダですが、今度はCBR1000RRSP
がチタンタンクを採用。公道仕様バイクでは初の
ことだそうです。 

ちなみに、この素材は国産の日鉄住金製だそうで
従来品燃料タンク比で約4割の軽量化を達成。
軽いだけでなく耐蝕性もあり丈夫であると、二輪
用としてはいいことづくめのようです。 
ううむ・・・でも価格がねぇ(汗)  それにコケてへこ
んだ時の修理代が気になるのは私だけでしょうか(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年2月15日 (水)

2017年型 S1000RRにまたがり試乗

おばんです!



さきにも少し触れたBMWの2017年型S1000RR、デ
ィーラーから「デビューフェア」の案内があって見に
行ってきた訳ですが、とてもこんな怪物マシンには
乗れませんので、またがり試乗した印象をお知ら
せしておきます。

結論を先に言ってしまうと「少し前のレーシングマ
シン以上の性能を持つバイク」が、220万円ほどの
価格で手に入るのですから、マニアには「買い!」を
お勧めします。絶対額の高い安い以前に「220万円
なら割安なバイク」といえましょう。



R0013014

ディーラーに置かれた2017年型S1000RR・・撮影
場所の関係で引きがかけられず、間近すぎる画
像ですが、逆に全体がギュッと凝縮されたボリュ
ーム感をつかんでいただけると思います。
前年までの同車イメージカラーは青と白のツート
ンでしたが、この試乗車のような黒とガンメタも
派手さはないもののBMW車として秀逸な色使い
だと思います。



R0013015

またがった感じ、今までの2016年型またそれ以前
の年式より、心もち前傾がゆるくなったように感じ
ました。基本ディメンションは大きく変わっていない
はずですから、この試乗車が付けているシートの
関係もあるかもしれません。




R0013016

シートといえば、このバイクは車格的にスリムで
小さいものの、なぜか足つきは悪いです。シート
高そのものは平均的な数字ながら、やはりサイ
ドカバーのふくらみ方などが影響してるようです。



R0013013

とはいえ、もとが小ぶりなバイクですから、普通
体型でそこそこの身長があるかたなら全然問題
ないはずです。
なお。ここで2017年型に搭載されている新機構
を簡単にご案内しますと。。


〇 DDC(ダイナミック・ダンピングコントロール)
皆さんもご自身のバイクに前後サス調整装
置があってプリロードや減衰を変えられるよ
うになっていると思いますが、それを一歩進
めて「走行中の路面変化に即応して、走っ
ている瞬間瞬間でサスセッティングを変えて
しまおう」というすごい発想のシステムです。

〇 ギアシフト・アシスタントPro
走行中のすべてのスピード域でシフトアッ
プ、またダウン時のクラッチ操作やアクセル
操作がいらないシステム。まさにクラッチを
操作するのは発進時と停止時だけです。
ちなみに、試乗車のクラッチレバーは今ど
きのバイクとしてはしっかりした引きごたえ
があるレバーでした。まあ、クラッチ操作は
発進と停止時だけとするこのシステムです
から、多少レバーが重くても問題なさそう
ですが。

〇ABS Pro
皆さんのバイクにもABSは標準で付いてい
ると思いますが、この新S1000RRのものは
バンク角に適応したABS制御をおこなう新
型ということです。コーナリング中のフレー
キングによる車体の起き上がりを抑制す
るとのこと。もう「急ブレーキ時の安全」と
という役割り以上のものになっていますね。


ほかにも、最新デバイスが満載の2017年S1000RR
でした。このバイクのように最新デバイスが満載だと
速く走れないほうがおかしいぐらいですね (笑)

でも少し前のレーシングマシン以上の性能を持つ
このバイク・・・意外なことにグリップヒーターが付
いているんですよ。サーキットを走ってしっくりくる
このバイクに、なんでツーリング車の装備が付いて
いるんでしょうね。 このあたりは「ツーリング車とし
て使ってこそのBMW」というポリシーにそったもの
でしょうか。



R0013018

S1000RRを一通りチェックしたあと、同じく試乗車
がある2017年モデルのF800GTをチェックします。 
このバイクは、私が前に乗っていたF800STの後
継モデルにあたるバイクです。 
カラーリングは今ふうのカッコいい色使いになっ
ていますが、デザインのイメージはどことなく
F800STの面影があります。



R0013019


F800GTのハンドル周り・・前傾セパハンのバイクに
またがったあと、こうしたバーハンのロードスポーツ
に乗ると、なにかホッとするものがありますね。
まあ、キホン私にはこちらのポジションが向いてい
るということでしょうか(笑)  しかし、このバーハン
も単純な形態ではなく、両端が細くて中央のクラン
プ部に向かって太くなってゆくテーパータイプのもの
です。もう少し幅が狭くてもよいのでは、と思うので
すが、このあたりは「BMWのツーリングモデルは
これっ!」 ということなんでしょうね (笑)


S1000RR・・・決して私には乗る機会がない最新
鋭SSでしたが、搭載されているいろいろな最新デ
バイスには正直驚き、また感動しました。
こうしたデバイスがゆくゆくはツーリングモデルに
も搭載され、ツーリングでも高度な安全機能や便
利な機能がさりげなく使えるようになれば、と感じ
たところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 5日 (日)

高機能より使い勝手向上と

おばんです!


立春を過ぎたというのは暦だけで、まだまだ寒い
昨日今日ですが、バイク業界のほうは暖かくなっ
てくる2~3ヵ月後に照準を合わせ、新型バイクや
新年度型バイクの発表が続いていますね。

私が乗るBMWでも、2017年型、新S1000RR(国産
モデルでいうとGSX-R1000やR1みたいなSS) に
関して、ディーラーから春の商談会ご案内がき
ています。



2017s1000rr

同封されているリーフレットを見ると、さすが最新
SSだけあってコーナリング中のブレーキによる車
体の起き上がりを防ぐ機能(ABS Pro)とか、その
時々の走行状況を反映して、リアルタイムでサス
ペンションセッティングを変えていく機能(DDC)が
搭載されるなど「そんなものまでいるのか?」という
機能が山盛りになっています。 これらはみな、
少し前までレーレングマシンにすら装備されてい
なかったものですね。

まあ、200万円を越えるバイクですから、マニアには
これぐらいの機能が搭載されて「なるほど」といえる
のかも知れませんが、信じられないぐらいの多機能
など公道でどれぐらい役に立つのでしょう(^^;;


かたや、おなじ多機能でも使いやすさや使い勝手の
向上に振ったものもあります。
ヤマハMT-09の2017年モデルなどにそういう流れが
見られますね。 こちらも新機能満載なのですが、
それらは使いやすさ向上にむけられているようです。




2017_mt09_2

例えばクラッチの操作力を軽減させると同時にバッ
クトルクリミッタ機能を付けたクラッチの採用や、
アクセル開けっ放しでのシフト操作をサポートする
クイック・シフト・システム(この機能はBMにも搭載)
また電制の走行モード選択システムなど、こちらは
同じ多機能でも「日常の使いやすさ向上のための
多機能」になっています。

価格が倍以上違う両車(S1000RR・・約220万円、
MT-09・・約100万円)を比較するのは意味ないこ
とかもしれませんが、BMのほうは明らかに使わ
ない部分に力が入りすぎです。
メーカーも新機能開発の勢いを「使い勝手向上機
能のための研究開発に全力」の勢いで新車開発
してもらえないものでしょうかねぇ(^^;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月29日 (日)

GSX250R いよいよ

おばんです!


今のバイク市場で唯一の売れ筋と言ってもよさ
そうなのが250ロードスポーツですが、その中で
唯一遅れをとっていたスズキ、、GSX250Rの発
表はあったものの、国内販売はいつ?  と注目す
るなか、ようやく公式発表がありましたね。

発売は4月17日となり、価格は税込み527,040円
とのこと。予想していた60万円前後よりかなり安
く設定されたのは「後発ゆえの集客戦略」でしょ
うか? 



Cut20170129_2118_41

# このスズキカラーになつかしさを覚え
  るのは私だけかも (ぉ)

しかし、後発ゆえに出力面で他社モデルを圧倒
するものが出るのでは? と思っていたのですが、
エンジン出力は他社も出るから大きく落ちる25
馬力で落ち着いたようですね。 これが販売面
にどう影響するか、気になるところです。
反面、車重は従前の250Fより何と11kgも軽量化
とのこと、、まあ、これは前モデルが重すぎたせ
いもありますが(汗)

ともあれ、これで4メーカーともロードスポーツ250
が出揃うわけですね。そんな中でGSX250Rがど
れだけ人気を伸ばしていけるか、今から気にな
るところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 3日 (土)

三輪155、やっぱり登場と

おばんです!


最近、大阪市内のビジネス街でヤマハの3輪スクーター、
トリシティを見かけることが多くなってきました。以前は
物好きそうな中高年のかたが(←失礼) ビビリ入りながら
走っているのを見る程度でしたが、最近は背広を着た
サラリーマンなどが外務に使うシーンも増えているみ
たいです。

そんな使い方の広がりのなかで、私てきに 「間違いな
く出てくるはず」と見ていたトリシティの150cc版が来月
20日から発売されるそうです。
やはりホンダのPCX150人気があるので、ヤマハでも
「150ccクラスの登場は必至」 というところでしょうね。

しかし今の報道にある情報では、155版は125のたん
なる排気量アップではないようです。出力は限られた
排気量の中で12ps→15psとアップし、燃料タンクや
収納スペースも増量されたということで、使い勝手も
125より向上していると思われます。
なにより155版ではABSが標準装備になっているの
が大きいです。安全装備充実をうたうホンダですか
ら、これは125版でも早いとこ標準装備とするべきで
しょう。


Tricity155_main

高速道路を利用するかどうかはともかくとして、125
以下にはいろいろと制限が多い、高速以外の自動
車専用道や国道のバイパスを制限なく走れるのも
大きいメリットだと思います。
排気量アップのほかにいろいろな改良が加えられた
トリシティの155版、これは実質的にお買い得車と
いってもいいんじゃないでしょうか。 実車発売と
インプレが待たれるところですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月29日 (土)

250でアドベンチャーときたか!

おばんです!


いやー、元気のなかったスズキ二輪が250
クラスでやってくれましたね。 「まさか、いわ
ゆるアドベンチャーというカテゴリーを250で
やるか !?」 という感じの新型車です (笑)



Cut20161028_2313_38

これはケルンショーではなく中国のバイクショーで
発表されたVストロームの250版、型式はDL250と
されているようです。
しかし、このアドベンチャというカテゴリーは例外を除
いて650クラスからがメインのところ、スズキは250で
やってくれましたね。 専用パニヤまで設けてもうヤ
ル気満々ですがな (笑)



Cut20161028_2313_01

ちなみにエンジンは元祖中華モデルたるロー
ドタイプのGSR250からの流用で、最高出力は
24馬力と発表されています。本格的なオフロ
ード踏破性を期待できるモデルではありませ
んが、ジェベルなきあとのスズキ250オフを埋
めてくれる貴重なモデルといえそうな・・・

いや、というよりも、250クラスでアドベンチャ
ーモデルを作ってしまった、スズキの「やって
もたモデル」 として、貴重な戦力になりそうで
すね (笑)  来年早い時期の国内投入が 待た
れるところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月16日 (日)

GSX-R125もいいが、その前に

おばんです!


さきに開かれた世界最大規模のバイク見本市
インターモト・・開催地名からケルンショーと呼
ぶほうが通りがいいかもしれませんが、今年も
各メーカーから新規ラインナップ車や重点取り
組み車などが発表されていましたね。

そんな中でスズキもR1000をホント久しぶりにマ
イチェン、200馬力を超えてしまったエンジンと
新トラクションコントロールでひときわ高い商品
性が期待できるところですが、前からずっと期
待してた小排気量スポーツモデルはというと・・・


Gsxr1252

当然、R25やニンジャ250に対抗できる新型250ス
ポーツが発表されるものと思っていたら、新たに
デビューした末弟というべき125・・・小排気量の
目玉はGSX-R125でした (^^;;



Gsxr1251

このR125、もちろん新設計でABSやスマートキー
システム (キーレスエントリー) を標準装備し、
それなりに力は入っているのですが・・・



Gsxr1251_2

ううむ、スズキさん。いま市場にチャンスがあって
優先して開発、投入するべきは250クラスのスポ
ーツモデルのはずですが、なぜ先に125なんでし
ょうかねぇ。
先行しているCBR250R Y25 ニンジャなどに中華
ツーリング車のGSR250が商品として対抗できな
いのはスズキ自身が一番よくわかっていると思う
のですが (汗)

まあ、次は250が出てくるものと思って、先行3社
の250スポーツを上回るものの登場を期待する
ことにしましょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月24日 (土)

ホンダ、DCTミッションで新境地 ?

おばんです !


一部のメディアにはすでに発表されているので
皆さんの中にも目にされた方がおられると思
いますが、ホンダがNC750Xの自動シフトエンジ
ンを使って、新しいスクーターを開発したようで
すね。

おそらく世界戦略車の一環として、今後の主力
商品にする企みと思いますが、750ccもあるスク
ーターなのにオフロード走行も意識したタイヤを
履かせたうえ、今までのホンダバイクのどれとも
似てない車とんでもないデザインです。


Cut20160922_1835_50
デザインのぶっ飛びぐあいは、先輩格たるNM4
をしのぎそうな (笑) なんか、東南アジア向けに
よくある、スクーターともカブともつかない100~
150ccバイクをそのまま大きくした感じです (汗)

しかも、画像をクリックして拡大していただくとわ
かるのですが、タイヤはロード用でなくデュアル
パーパス用を履いています。
車名はX-ADVとのこと、ADVというのはBMW
にあるR1200GS-ADV (←アドベンチャの略)
パクリですね。


Cm

ホンダは早手回しに販促ビデオまで作りユーチ
ューブにアップしているのですが、その中には
オフを走っている画像もありました。
これはホンダが本気で 「 デュアルパーパスの
スクーター」 を考えているようです。
ニーグリップの効かないスクータータイプの車体
ですから、デザイン優先の 「 なんちゃってオフ車」
になるのかもしれませんが、販促ビデオでPRす
るほどですから、それなりの作り込みはされてい
るはず・・・ 私はホンダファンではありませんが、
新しいカテゴリーに取り組もうという意欲はさす
がホンダという感じですね。 このX-ADV・・・バ
イクの詳細発表が待ちどおしいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)