« 第2のおかげ横丁、外宮に計画 | トップページ | 早くも9月、4ヵ月後には »

2017年8月30日 (水)

「霧ケ峰」でギネス認定と

おばんです!


もう8月も終わりだと言うのに、まだまだ暑いですね。大阪はいまもエアコンをつけないと寝られない日が続いていますが、皆さんは「霧ケ峰」という言葉を聞いて、なにをイメージされるでしょうか。

関東方面のライダーなら、「ああ、ビーナスラインの途中地点の、あそこか」と思われるかもしれませんが、まあ一般的にはクーラー(エアコン)の名前でしょう (笑)
もちろん私もそうなのですが、そのエアコン「霧ケ峰」が発売以来今年で50年を迎え、エアコンの長寿ブランドとしてギネスに認定されたそうです。

# ギネスって、そんなもんまで認定対象にしてるんですね (汗)

そのエアコン霧ケ峰・・・発売が1967年で、その時に高原の心地よさをイメージさせるとして、商品につけられたそうです。以来50年間、いろいろな機能を盛り込んで、最新モデルは人工知能(AI)技術を活用し、体感温度の先読み予測や住宅の断熱性能まで判断して運転するそうです。

今まで、ビーバーエアコンとかコンピューター白くまくんなど、エアコンにもいろいろな愛称が付けられていましたが、いま聞き覚えがあって残っているのは霧ケ峰だけとか・・・
ブランドとしての50年、今後はネットとの連携を含めた総合快適性能を目指すとのことで、ギネス認定が次の50年へ続くきっかけとなればなによりですね。


ちなみに私、GSF1200当時に一度だけビーナスラインを走ったことがありますが、その時に「霧が峰」という地名表示を見て「えっ、霧ケ峰ってホンマにあるんや!」と驚いた記憶があります (ぉぃ)

|

« 第2のおかげ横丁、外宮に計画 | トップページ | 早くも9月、4ヵ月後には »

日常のいろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2096976/71559346

この記事へのトラックバック一覧です: 「霧ケ峰」でギネス認定と:

« 第2のおかげ横丁、外宮に計画 | トップページ | 早くも9月、4ヵ月後には »