« スカブー、名前は消えても | トップページ | 第2のおかげ横丁、外宮に計画 »

2017年8月26日 (土)

カワサキ、本業のエンジンは

おばんです!


国内のバイク4メーカーは、みなバイク部門の不振を帳消しに出来る主力部門を持っていますね。 スズキが赤字続きのバイク部門を続けられるのも軽自動車があるからですし、ホンダも4輪部門が。 ヤマハもトヨタの下請けで稼いでいます。 唯一カワサキだけは自動車製造販売をバックボーンとせず、潜水艦やヘリコ、電車製造などをなりわいとする 「重工業」 で営業しているわけですが、そんなカワサキが、とてつもない大型エンジンを持った発電システムをタイの発電所に納品したそうです。



Cut20170826_0833_34

日本ではなじみのないガスエンジンというものですが、ガスタービンではなくてレシプロエンジンの燃料に天然ガスを使ったものだとか・・ ようするに天然ガスバスとか、配送などに使われる天然ガス自動車の大きい版ということですね。 発電所の機材にこれを使うと、起動とか停止がスピーディーで、今のところ世界最高クラスの発電効率もつそうです (驚)



Cut20170826_0832_15

大きすぎてスケール感がつかめませんが、左側にいる技術者を見れば、エンジンのとてつもないサイズがわかります。右端に見えるフライホイールは、人間の身長ぐらいあるでしょうか?  たぶん、その右側に発電機の主軸をつなぐのでしょう。

ふだんから、こんな大物を扱っていれば、少しぐらいのオイル漏れや冷却水の噴出などは「ああ、そんなの大丈夫だから」 「オイルや水がちゃんと入っているからこそ漏れるのである」 という、カワサキ神話が生まれるわけですな (ぉぃ)

カワサキは、この大物エンジン部門を、いまの3倍ぐらいの規模 (売上げ3千億円) に 伸ばしてゆくそうです。 自衛隊艦船や電車にひけをとらない大型エンジンが、これからは「バイク部門の赤字を埋める代表商品」 に育ってゆくかもしれませんね。

|

« スカブー、名前は消えても | トップページ | 第2のおかげ横丁、外宮に計画 »

日常のいろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2096976/71526972

この記事へのトラックバック一覧です: カワサキ、本業のエンジンは:

« スカブー、名前は消えても | トップページ | 第2のおかげ横丁、外宮に計画 »