« 永久ガラケー帝国崩壊 (3) | トップページ | スカブー、名前は消えても »

2017年8月20日 (日)

格安事業者スマホの使い心地は

おばんです!


さきに、ガラケー→格安スマホの乗り換えについてお伝えしましたが、しばらく使ってみての感想を述べさせていただきます。 いま使っている機種は、この7月に発売されたAQUOS L2というフリーSim機です。私の加入したUQモバイルでも、もちろんiphone SEなどが選べますが、私の場合はもとがガラケーで 「今さらiphoneも」 という感じですし (笑) 機種代実質ゼロとしたいこと、発売が少しでも新しいほうがいいだろうということから、上記の製品になりました (なお、AQUOS L2は同Lのマイチェン版です)



Uq_4


で、格安事業者で格安Simを使った通信は・・・ひと事で言うと、今までとエリアの違いや速度の差などは、大きな違いを感じません。 企業の昼休みなどの時間帯はいくぶん遅く感じますが、それも許容範囲ですし、動画の再生などが途切れたり遅延することもありません。 また、大阪市内でもっともコンディションの悪い住之江区の南港や、此花区の舞洲でも使いましたが、特に問題ありませんでした。 

まあ、電波自体は今までと同じauのものを使っているので、当然といえば当然かもしれませんが (笑) それならば、今までauに払っていた高い料金はいったい何だったの ? という感じです。
私見ですが、いま大手キャリアでiphoneをお使いで、毎月6000~10000円に近い料金を払っているかたなどは、マッチングに留意する必要はあるものの、Simだけの買い替えで、かなりの料金低減効果があるのではないでしょうか。
また、機種変更コミでも、通販の販売代理店によっては、前キャリアの解約金負担やSim代サービスといったところがありますから、そうしたところを探すと導入コストを抑えられると思います。 もちろん、リアル店ではないので、自分でSimをセットしたり最初の設定をする必要がありますが、私がやってみた感想からいえば、パソコンの初期設定が自分できるかたなら、ぜんぜん問題なく進められると思います。


市場調査会社の調べによると、格安スマホの年間出荷台数は、昨年 (2016年度) で前年比6割増の281万台になったとのこと。 3年後には570万台程度にまで増える見通しとのことですので、このさき格安通信事業者への乗り換えはさらに進むものと思われます。 いまドイツなどでは、格安スマホのシェアが全体の3割ほどに高まったとか。 日本ではまた1割ほどらしいですが、このさき既にあるイオンや楽天のような異業種からの参入が進めば、私のような格安への乗換え組が、さらに増えるかもしれませんね。

|

« 永久ガラケー帝国崩壊 (3) | トップページ | スカブー、名前は消えても »

日常のいろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2096976/71402112

この記事へのトラックバック一覧です: 格安事業者スマホの使い心地は:

« 永久ガラケー帝国崩壊 (3) | トップページ | スカブー、名前は消えても »