« Net受付のみ、いかにも今ふうと | トップページ | 試乗会番外編・・バイクいろいろ »

2017年7月 9日 (日)

2017 GSX-R1000に試乗しました

おばんです!


先週の週間天気予報では、この週末ずっと「くも
り/雨」の予報が出ていましたが、実際には天気
がよくなったので、大阪泉大津市で開かれたス
ズキの試乗会 「 スズキファンRIDEフェスタ」に
行ってきました。

目を付けていたのはもちろんGSX-R1000の新型
これの試乗です。 そして、あわよくばVストローム
250にも乗ってみようということで (笑) ここに簡単
な試乗記をUPしておきます。

なお、試乗中は昼休みなどを除いて試乗車の近
接画像が撮れませんので (走路に立ち入れない)
簡単な説明画像のみにて容赦ねがいます。
また、こうしたイベント恒例の「駐輪場で見かけた
レアバイク」は、別にまとめて後日ご案内します。



       - - - 〇 - - - 〇 - - - 〇 - - - 〇 - - -



R0013163

大阪でのスズキイベントというと、大阪市此花区に
ある埋立地 「 舞洲 (まいしま) 」が定番ですが、今
回は泉大津市にある埋立地 「フェニックス」 が会
場です。 ここはホンダやヤマハが試乗会でよく使
う場所なのですが、ここでのスズキ試乗会は私の
記憶では前例がありません。
今回はヨソが舞洲の予約を先に入れてしまってた
のでしょうか。

しかし舞洲は埋立地ながら、最近スポーツ施設が
立ち並び、コンビニができたりして少しは人里に
近くなっていますが、こちらフェニックスは全く何も
ない埋立地を整地しただけの広っぱ・・・寂寥感が
漂っています(^^;;



R0013197

試乗開始時間の少し前に現地入りしました。 会
場は試乗コースのほかに物品販売の業者なども
出ていて、以前のスズキフェスタを思わせる構成
です。会場の水色テントにも見覚えがありますね。



R0013167

ここで試乗券を入手するため受付の列に並びます。
人の列はまっすぐ行って直角に曲がり、少し進んだ
ところでまた直角に曲がっています (汗)
途中まで2列で進み、そのあと受付机が3つあるの
で3列になるのですが、私の並んだいちばん右列は
机がひとつながら受付担当者が2人いて、ほかの
列の倍のペースで進みました。



R0013170

申込書を提出して試乗券 (3台に乗れる) や来場
記念のステッカーをもらいます。 試乗券の追加
は3台に乗って最後にアンケートを提出するとき、
係りの人に頼めばもらえます。



R0013168

試乗待ちのテントに並びます。単純に「列が長
い→人気車」 ではなく、人気車は試乗車の台
数も多く用意されているので、わりと早く回転し
ます。



R0013173

自分の試乗シーンは写せないので、ほかの方が
出発するところを貼っておきます。 見渡すかぎり
の荒地ですが、コースはオーバルに近い単純なも
ので、過走防止のため、ところどころにシケインみ
たいなのが設けてあります。

開催場所によってはサーキットを借りて試乗会を
しているところもあるので (デイトナテストコースと
かスパ西浦) GSX-R1000はそういうところで試乗
すればいいのでしょうが、浮き砂とボコボコ舗装
の埋立地では、出せるところでも90~100km/hぐ
らいです。
そんな中でのインプレですが、ともかく下からす
ごいトルクです。3速か4速の30km/hぐらいから
アクセルを開けても、ふつうに「ブボボボッ」と立
ち上がってきます。 5000rpmぐらいからアクセル
を開けた時の吹き上がりは、もう強烈のひと言、
ギアが何速に入っていても関係なしで、バキュ
ーンと加速します。 トラコンは最初の設定のまま
動かさないのですが、そんな加速でもリアタイヤ
が少し「ニュルッ」と感じるだけで、気が付かない
うちバイクの方が電子デバイスでコントロールし
てくれています。 これは一般道でも使える高性
能だと思いました。

ライポジは私の身長(172cm)だと、ほぼ道路ば
かり見えるのですが (笑) 足つきは特に悪くなく
このポジションに慣れるならツーリングにも使
えるバイクだと思います。 無理なく乗れる高性
能とでも言えばいいでしょうか。



R0013172

続いてはVストロームです。 上の画像ではRの
上に小さく写っていますね。(白いスカブーの前) 
実際のところ、アドベンチャーモデルということ
でBMWのGSみたいなのをイメージしていたの
ですが、現物は意外と小ぶりにまとまっていて、
あの手のモデル特有の大仰な感じはありませ
んでした。

エンジンも、私はふだん乗っているのが1200cc
なので、それに比べると下のトルク感はどうして
も薄く感じるのですが、そんな中でもVストの250
エンジンはバランス良くまとまっていました。
あとは使い勝手のよいオプションのアイテムが
どれぐらい出てくるかで評価が決まってくるの
ではないでしょうか。


さて、ここで本命2つに試乗しましたが、試乗券が
あと1枚残っています。
時間の都合もあるので (昼休憩にかかってしまう
と延々待たなくてはいけない^^;;) 並んでいる人が
少なくて試乗車が多いもの、ということでバーグマ
ン200に乗ってみました。

じつはコレ・・・たまたま乗ってみたのではなくて、
春の大阪モーターサイクルショーで現車を見て
「こういうのがサブ車にいいかも」 ということで
機会があれば乗ってみたかったのです。

もう一台・・・すぐ乗れるものにスカイウエイブ650
もあったのですが(待っている人が2名しかいない)
こちらは自分に大き過ぎるし「まず買うことない」
ということで、バーグマン200にしました。



R0013093

上の画像はモーターサイクルショーで撮ったバ
ーグマンの画像ですが、これがなかなか良かっ
たです。 200ccエンジンながら結構よい吹き上が
りで、エンジン特性とCVTのマッチングがよく合っ
ていました。
いわゆる 「ビクスク」 と呼ばれている250ccクラ
ススクーターほど大きくなく、そうした中で125ク
ラスとはルックス的にもうまく差別化されている
感じで、わたし的に「きょう乗った3台のうち、最
も購入可能性が高いもの」と言ってよさそうな
1台でした (笑)



R0013174

試乗もおわり会場を見て回ります。 試乗会のと
なりでは北川圭一選手指導によるライスクが開
かれていました。これもスズキの試乗イベントで
はいまや定番ですね。
いちおう他社モデルでも参加可能なのですが、
ざっと見でほぼ9割がスズキ車でした。 こりゃ当
然かも !? (笑)



R0013201

会場内には物販コーナーもあります。 南海部品の
ブースでは、時節柄メッシュジャケットがたくさんで
ていました。



R0013200

上のジャケットのプライスタグ・・・ちょうど夏用
ジャケットを探している人で、サイズが合うなら
お買い得といえそうです。



R0013204

定時になると北川圭一選手のトークショーが開
かれていました。 新R1000などの話が出てい
ましたが、今のところ目をひく戦績はないものの
素性の良さをさらにブラッシュアップしてもらって、
これから一戦つづ大事に戦っていってほしいとこ
ろですね。



R0013195

九州北部での豪雨災害などもあり、はたして天気
がもつのか心配だった試乗会でしたが、私のいた
時間帯については、暑いぐらいの陽気で楽しむこ
とが出来ました。

当ブログ定番の「会場で見たレアバイクいろいろ」
は、ページを改め一両日中にUPいたしますので
しばらくお待ちください。

|

« Net受付のみ、いかにも今ふうと | トップページ | 試乗会番外編・・バイクいろいろ »

バイクに関する話題いろいろ」カテゴリの記事

新しいバイクの話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2096976/71092461

この記事へのトラックバック一覧です: 2017 GSX-R1000に試乗しました:

« Net受付のみ、いかにも今ふうと | トップページ | 試乗会番外編・・バイクいろいろ »