« フリーゲージ電車、導入はむずかしいと | トップページ | BMWの新モデル、G310Rにまたがり試乗 »

2017年6月17日 (土)

レーダー探知機の充電池を交換

おばんです!


今日はレーダー探知機の充電池交換をした作業
記録です。

皆さんはバイク (クルマ) に乗られるとき、レーダ
ー探知機などお使いでしょうか ?  私は「今どきこ
んな旧式のもの、役に立たんよ」と言われそうな
レーダー探知機を今だに使い続けています。



R0013157

上の画像が私の現用機なのですが、バイクで使
用するので落としたり引きずったりして満身創痍
の状態です。 右側に引き出されているイヤホン
差込口は、バイクでの使用中に警報音をイヤホ
ンで聞くための改造です。

実際のところ、今の速度違反取り締まりは据え置
きレーダー使用型だとステルス式がほとんどで、
さらに光電管式だと、GPS機能もない私のレー探
など、気休めにすらなりません。

でも、私はこのレー探を使い始めてからというもの、
一度も速度超過で捕まっていません。 加えて言う
なら、駐禁やシーベルなど速度以外の違反などで
も捕まっておらず、そういう意味では「じつに縁起の
よいレー探」ということになります (笑)

その縁起もののレー探 (マルハマPCR89) も4年ほ
ど前に一度電池交換したものの、さすがに最近は
一度の充電で使用できる期間が短くなってきました。
そこで 「 まだまだ使い倒す」 ということで2度目の
充電池交換となったわけです。



R0013159

じつは充電池自体 「 おそらく3~4年後には持ち
が悪くなって再交換が必要だろう」と思い、予備
として、いま器具に付けているのと同じものを買
ってありました。



R0013158

購入元は香港の業者さんで、電気機械関係の事
業者ではなく、輸入代行業者かブローカーのよう
なところだと思います。
ここで4年前に買った2つの電池のうち1つが、よ
うやく日の目を見た、というわけですな (笑)



R0013160

すでに一度交換している作業ですので、レー
探本体を分解し、ササッと作業を進めます。
この器具は本体シェルが4本のネジで固定さ
れているだけなので、基板へのアクセスは
大変やりやすいです。 いま最新鋭の機種
だと、とてもこうはいかないでしょう。



R0011921

レー探に限らず、こうした充電池の型番が違う場
合の交換で、一番の難点は給電差込口の形状
が合うかどうかでしょうね。 私のレー探と買った
充電地の場合は、奇跡的にというか形状かピッタ
リで、配線の加工はまったく不要でした。



R0013162

旧品と新品の交換前の画像・・・といってもモノが
同じですからとりあえず付替えるたけですが (笑)
旧品は両面テープで基板の空きスペースに固定
されているだけ・・・というか、オリジナルの充電池
がそうして固定されていましたから、私もその方
法を踏襲しました。

ちなみに充電池のは諸元は、Ni-MH (ニッケル水
素電池) 400mA、3.6Vです。 AAAという記入があ
りましたが、これは何か電池の規格などでしょうか?
この諸元なら、ホームセンターなどにある電話子
機用や携帯用の電池でも代用可能でしょう ( ケー
ス内に納まるかどうかが問題ですが)

さて、これでひとまず3~4年は問題なく使えそう
です。 なんせ縁起ものですから、次の電池交換
をするまで、無事故無違反の霊験を期待したい
ところですね (笑)

|

« フリーゲージ電車、導入はむずかしいと | トップページ | BMWの新モデル、G310Rにまたがり試乗 »

バイクメンテ」カテゴリの記事

バイク用品、ウェア類など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2096976/70890460

この記事へのトラックバック一覧です: レーダー探知機の充電池を交換:

« フリーゲージ電車、導入はむずかしいと | トップページ | BMWの新モデル、G310Rにまたがり試乗 »