« レーダー探知機の充電池を交換 | トップページ | イージス艦、ミサイル攻撃不要で (^^; »

2017年6月18日 (日)

BMWの新モデル、G310Rにまたがり試乗

おばんです!



皆さんも二輪誌のみならず、一般新聞にまで
「大型バイク中心だったBMW二輪が、初めて
310ccモデルを発売」 という記事が出ていた
のを目にされたことと思います。

そのニューモデル、G310がこの週末ディーラ
ー発表になりましたので、今日はひさびさの
バイクリハビリ (笑) を兼ねて行ってきました。
時間の都合で試走まで出来なかったのです
が、アウトラインがわかる「またがり試乗」を
お伝えしておきます。



Ts3y0898

現物を初めて見ましたが、最近人気が出ている
250~このクラスの人気車 「R25」「R3」「CBR250
RR」などとは一線を隔すデザインです。 このあ
たりはBMWの世界ということでしょうか。
後ろのグレーの車体は、現在のBMWモタード水
平対向エンジンで唯一空冷を積んでいるR nineT
(あーるないんてぃー) です。



Ts3y0903

発売されて間がないところですが、展示車のほかに
試乗車も設定されていました。この位置から見ても
ハンドル周り部品の仕上げの良さがわかります。



Ts3y0899

二輪誌などの画像で得ていたイメージよりかな
りボリュームを感じるフロント周り。おそらくタン
ク周辺の造形によるところでしょうか。
操作系は非常に軽く、クラッチなど「スコッ」とい
う感じで切れました。足つきはもともと細い車体
のところへ前端が絞りきみのシート形状もあって
まったく不安のないレベルです。



Ts3y0900

上の画像は、左側ステップのあたりからエンジン
後部を見たところ。 ゆるい後傾エンジンで後方排
気のため、エンジン後部から唐突に排気管(画像
では金色のパイプ) が出ています。



Ts3y0901

それに引きかえエンジン前方は・・・前側にエキパ
イが出ていないため妙にスッキリ見えています。
目につくのは、セルモーターとオイルエレメントぐ
らいですね。



Ts3y0905

基本ネイキッド車ですから、アンダーカウル部
分も最低限という感じで、右側はクラッチカバ
ー部の前にウォーターポンプがニョキッと出て
います。 もう少し意匠に工夫がほしいと思うの
は私だけでしょうか。



Ts3y0904

ステップはゴム貼りのていねいな造りですが(私
のK1200Sは金属加工のまま) ブレーキぺダルが
昔のヤマハトレールシリーズ (←激古) みたいな
すごい出来栄えの部品でした。 軽量化最優先
なのでしょうが、もう少し見栄えも考慮できない
のでしょうか (汗)


Ts3y0906


リア周りも細身でいま風のつくりになっています。
テールランプの造形は、今までのBMWモタードで
見かけなかった感じですね。



Ts3y0902

G310R試乗車のとなりにあった先月発売の電気
スクーター 「 Cエポリューション」 ハイブリッドで
はなくオール電気運転のスクーターで、二輪誌
のインプレでは独特の走行感覚だそうです。

こちらも最新技術の見本のような製品ですが、と
なりのG310R発表にかすんだ感じ (笑) 日本販社
も、もっと積極的にPRして注目を集めていい製品
だと思います。

短時間のまたがり試乗でしたが、G310Rは思い
切った価格設定と新しい商品性で、確実にヒット
するのではないかという実感を持ちました。
ディーラーの営業さんに聞くと、この店に割り当
てられた初期ロットはすでに全部引き合いがあ
ったとのこと。 これをふまえて、BMWが国内メー
カーモデルに今後どう対抗して行くか、これから
注目したいところですね。

|

« レーダー探知機の充電池を交換 | トップページ | イージス艦、ミサイル攻撃不要で (^^; »

バイクに関する話題いろいろ」カテゴリの記事

新しいバイクの話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2096976/70898374

この記事へのトラックバック一覧です: BMWの新モデル、G310Rにまたがり試乗:

« レーダー探知機の充電池を交換 | トップページ | イージス艦、ミサイル攻撃不要で (^^; »