« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017年4月30日 (日)

CBR250RR、すでに受注予定が

おばんです!


私が 「 CBRと名乗るバイクは、4st DOHC
しかも4気筒でなくてはならない」 という持
論を持っていることは以前にご案内しまし
たが ( ぉぃ ) そのCBRの直近発売モデル
であるCBR250RRの発売開始日まで、い
よいよ2週間を切りましたね。

わたし的に 「 うーん、ツイン250でCBRか、
どうなんやろうなぁ」と思っていたのとは裏
腹にバイクマニアの反応はよいみたいで、
ホンダによると発表からわずか3日間の
受注台数が、年間販売予定数 (3500台)
を上回ってしまったそうです (驚)

思えば、250ロードスポーツ部門で唯一単
気筒モデルを残していたホンダにかけられ
た期待が大きかったこと、また期待にたが
わず、新設計の車体に新設計のエンジン
を搭載するなど、ホンダの本気度が予想
以上に高かったことが好調の要因といえ
そうです。
フライバイワイアによる燃料供給制御な
どの新機軸も、そのあたりにかかってくる
でしょうね。



Cbr250rr

しかし、モノは画期的なのでしょうが価格が
もう少し何とかならなかったものかと・・・

わたし的に、ビクスクブームのころ、あれ
これいらん物を付けた250スクーターが定
価80万円近くになってしまったことを思えば、
新型スポーツモデルで80万円ならまあまあ、
という感じもしますが、考えてみればスクー
ターの80万円はいわゆる「ビクスクバブル」
だったのですから (笑) R25が50万円台半
ばであることからして、やはり250で80万円
は高すぎ感が。
ホンダの新モデルに対する営業戦略・・・
やはり新モデルへの期待を背景とした、
強気の価格展開といえるのでしょうか。


-------------------------------------

来週はゴールデンウィーク後半ということで
奈良の実家へ帰っております。管理人不在
日となりますのでよろしくお願いいたします。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年4月29日 (土)

レッドバロンの整備士養成は

おばんです!


先日、ハーレーダビットソンの日本法人が、自
動車整備士の養成学校とタイアップし、全国レ
ベルで二輪サービスを中心とする整備士養成
のカリキュラムを提供することに触れました。

(ようするに、ハーレーの整備ができる若い子
を、広いレベルで囲い込みたいわけですな)

さすがにハーレー、イケイケやなと感じたので
すが、DMでレッドバロンも整備士育成のため
いろいろ動いていると伺いました。 しばらく前
に近所のレッドバロンへ行ったこともあり、そ
のことについてもここで記しておきます。


レッドバロンも、二輪に関する整備士が全国レ
ベルで必要で、それに関する取り組みもして
います。同社の研修施設であるテクニカルセ
ンター内に二輪整備の専門スクールを設け、
初心者からスタートする人も、ここで二級整備
士資格の取得をめざすことができるとのこと。
さすが二輪販売大手のレッドバロンです。



0429_41
(画像は同社HPより借用しました)


ただ、ハーレーと違って、こちらは自社の社員
を対象にした機関だということです。 つまりレ
ッドバロンの正社員になって、希望者は入校
資格が得られるわけで、ハーレーのように
各地の整備士養成学校を対象にしているの
ではなく 「 自社の教育研修施設」 という位
置づけですね。ここが基本的に違います。

私も立ち入ったことまでは知りませんが、おそ
らく 表立っては言われないものの 「 この研修
施設で整備士資格を取得した者は、お礼奉公
としてレッドバロンに最低j〇年は勤めること」
・・といった暗黙の了解があるのでしょうね (笑)

それでも、ここまでの規模の施設を一企業で
準備し、資格を取らせる制度を運営するとい
うのはすごいことです。 私もGSF1200をレッド
バロンで購入した際 「 併設の工場は顧客の
ための会員制工場です」 と案内された記憶が
あります。ここはレッドバロンも新車、中古車
販売だけでなく 「日本有数の二輪整備工場
ネットワーク」 をウリに展開ができると思うの
ですが、そのあたりいかがなものでしょうか。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月26日 (水)

BMW、バイクでもハイブリット車

おばんです!


4輪のハイブリッド車は今や軽自動車にまで設
定されるほど当たり前な存在になっていますが
バイクとなるとまだ市販されず・・・

重量やバッテリーのかげんがあるのでまだま
だ開発段階だと思っていたのですが、BMWモ
トラッドが、ハイブリットバイクの試作段階を経
て、いよいよ市販段階へ移るそうです。



426_1

初のハイブリットバイクは、いわゆるアドベン
チャーモデルの本家ともいえるR1200GSアド
ベンチャーをベースとしたもので、名称は
R1200GS xDriveハイブリッドとのこと (長いっ!!)
注目のハイブリットシステムはフロントホイ
ールのハブ内に装備されて前輪がモーター
動力で駆動されるとのこと。
つまりハイブリットであり、なおかつ(2輪の)2WD
システムになるわけです。


このハイブリットシステムは左ハンドルスイッ
チにあるボタンでON、OFF(←通常の後輪のみ
エンジンで駆動) が可能で、つまりハイブリット
システム稼動=2WDで走行・・ということにな
るわけですね。



0426_20

性能的には、ノーマルのGSアドベンチャーが
125馬力のところ、この前輪を駆動するハイ
ブリットシステムが45馬力あり、ハイブリット
走行するときの最高出力は170馬力にもなる
そうです。 
私の乗っているK1200Sの最高出力が170馬
力ですから、水平対向ツインのオフロード車
で同じ出力が出るって、すごいことだと思い
ます(汗)

このシステムにより、積雪120cmを超える場
所でも走行できたとのこと、たぶん泥の深い
道や深い砂地などでも高い走破性を示すの
でしょうね。近く実車が公開され、2017年度
中には発売される見通しだそうです。ともか
く値段が気になりますが (笑) まずはハイブ
リット2WDがどのぐらいの走破性を示すか、
ファーストインプレに注目したいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月23日 (日)

yモバイルにグラッとくると

おばんです!


私は未来永劫にガラケーを使い続けると
宣言していますが (ぉぃ) その宣言とはう
らはらに、最近携帯のボタンキーの中で
押してもいうことを聞かないキーが出てき
ました (汗)

今はだましだまし使えるのですが、いよい
よ来たか・・という感じです。
もう新機種は出ませんから、この先修理
するかガラホにするか、そしてくやしいけ
どスマホの軍門に下るか、の選択をする
ことになりそうです。 

こうした関係をいろいろ調べているうち、
yモバイルの 「ワンキュッパ」 というサー
ビスが、乗り換えや新規に限っては群を
抜いてお得だとわかりました。

yモバイルはいわゆるMVNOではありませ
んが、実態はソフトバンクの安売り別動部
隊であることは皆さんもご承知と思います。
これもソフバンの価格破壊のひとつといえ
るのでしょうか。



1747_2_2

同社の料金プランには、一定条件下での通話料
無料にプラスして、データ通信容量のランクによ
り3つの料金区分があるのですが、いちばん料
金の安いクラス・・月額2980円のところがワンキ
ュッパ割引で1000円値引きされ、1980円になっ
ています (!)

しばらく前は、データ1Gで月額約3000円だった
ので 「 あほらしい 」 と思っていたのですが、
容量2倍で1000円引きはありがたいですね。
私てきには、外出先で動画を延々と見続ける
なんてことはありませんから、まあこれぐらい
で可かと。

もっとも、これは12ヶ月間だけの適用なのです
が、2年以上yモバイルを使うと3年目以降値引
きは継続されるので、実質そのままとなるよう
です。


で、どんな機種が選べるか・・なのですが、
ぶっちゃけ言って最近人気機種は選べません。
そりゃまあ、そうそうオイシイ話はありません
もんね (笑)


これがiPhoneの場合は、5sの32GBが選べて

1801_9

さきほどの1980円に機種代をプラスして2100円ほ
どで使えてしまいます。 うーむ、これは終生ガラ
ケー保持者を宣言した私でも、グラッときますね(笑)

とりあえずスマホを安く抑えて使う、またリアル店
舗でサービスが受けられる、というあたりを条件
に選ぶとyモバイルあたりになるのでしょうか。
まあ、今はまだ修理しようか、どうしようか考える
前段階なのですが、こうしたことを踏まえながら
今後スマホ料金体系の研究も進めていきたいと
思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月22日 (土)

T-MAX530、新たな候補に

おばんです!


そろそろ本格的に暖かくなり、街中を走るバイク
の数も確実に増えてきましたね。 そんな中には
新型モデルも多いのですが、今日は近くにある
イオンモールの駐車場で新型T-MAXを初めて見
ました。たしか今月発売になっているんでしたね。





C0422__54
じつは私・・・今までスポーツスクーターと称する
T-MAXは遠い存在でした。そのわけは、あまり
にスポーツすぎて自分にはどうだろうか、という
部分があったからです。

ところが、いま出回りつつある2017年モデルは
「これなら私も」と思わせるところがグッと増えま
した。
一般にいわれている電子制御スロットル (フラ
イバイワイアやね) の採用とか、リンク式リアサ
スの導入、またBMWのようなトラコン搭載など
新しい技術もT-MAXの歴史の中では画期的だ
と思いますが、私てき注目点はツーリング用快
適設備が増強されたことです。

あらたに設定された「DX」モデルに、グリップヒ
ーターや高さ可変式シールド、はてはシートヒ
ーターと、今までBMWモタードなどにしか装備
されてなかった快適設備が装備されています。
それも、プラス10万円でこの装備ですよ、
うーむ、「どちらを買うか」と聞かれたら、私なら
そりゃ迷わず・・・(笑) 実際のところ、これはお
買い得感いっぱいですね。

私も今はまだクラッチ付き汎用機種に乗って
いますが、さきにも申した通り「いつまでも現
状でいけるか?」 と聞かれると・・・将来的には
ホンダのX-ADVやこのT-MAX、またBMW
のスポーツスクーターも視野に入ってくる時
期がくるでしょう。

そうしたことも踏まえて、これからはT-MAXも
車種研究の対象にしたいと思います。まずは
T-MAXの価格が、BMWのスポーツタイプスク
ーターより高いのをどうするか・・というあたり
から研究を始めないといけませんね (笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月19日 (水)

X-ADV、価格が(^^;;

おばんです!


さきに私が自動変速ミッション (DCT) の出来の
よさに着目して「今後はこういう車種も検討対象
になろう」としたホンダの新アドベンチャーモデル
X-ADV・・・いよいよ発売になりましたね。 
まだ近所のホンダ店に入荷していないのですが、
ブツが店に届いたら、また 「それとなく」 偵察し
てこようと思います(笑)



0001_49

しかし、私は事前に知らなかったのですが、この
バイクの価格たるや約124万円 ( !! )  いやー、こ
れは予想外でした (怖)

だいたい、このバイク一番のウリである専用セッ
ティングのDCTに費用がかかっていたとしても、
エンジンは特にハイパワーでもないNC750シリー
ズの量産エンジン転用品ですし、さほど高い価
格で売るような車種ではないはずです。
それがBMWの650スクーターを上回る価格にな
ってしまい、Y社T-MAX530とほぼ同じ価格にな
ってしまうとは (汗)

私てきには、高くても90万円台、それなら手が届
くと踏んでいたので、この価格設定は完全に空
振りです。
おそらくイモピライザやETCの標準装備など、べ
つに付けなくてもいい機能を付けまくったため、
走る機能以外のところでコストがかかってしまっ
たのでしょう。 だって、4輪にあるキーレスエ
ンジンスタートシステム(スマートエントリーやね)
まで搭載しているのですから。

ここは、しばらく売ってから不要装備を省いた
お買い得版をぜひとも発売してほしいですね。
ホンダさんも、このバイク一番のウリは豪華な
搭載装備や便利装備ではなく 「 とにもかくに
もDCT 」 であることを再認識してほしいところ
です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月16日 (日)

春のニューモデルフェアでディーラーへ

おばんです!


きょう大阪はひさしぶりに雨がなく気温も高い
日曜日になりました。 シーズン始めのツーに
でも行きたいところですが、さきに申し上げた
とおりの状況 ( 頚椎症性神経根症 ) ですので
代わりにディーラーから案内が来ていたBMW
モタード春のニューモデルフェアに行ってきま
した。



Cut20170416_1888_55

これは「ニューモデルフェア」とかタイソウな名
付けがされていますが、単に販売店単位です
る販促イベントです。 わたし的にはニューモデ
ルに特に興味はなく「コーヒーをよばれに行く
ついでに」という感じです (笑)



Ts3y0865

ひさしぶりにディーラーへ行くと、店頭にドイツ国旗
が掲出されていました。 よくフレンチの店の前にフ
ランス国旗が出ていたり、イタリアンレストランの前
にイタリア国旗が出ているのは目にしますが、バイ
ク屋で国旗は初めて見ました。



Ts3y0871


店の中をブラブラ見てゆくと、唯一空冷の水平対向
で残っているR nineT ( アール ナイン ティ- ) のロケ
ットカウル付きモデル ( Racer ) が整備完了して納
車待ち状態で2台も置かれていました。
 

これって確か、14日発売だったはず・・・うーむ、早く
に注文する人は着々と進めてられるんですねぇ (羨)



Ts3y0872

最初にケルンショー ( だったか? ) で発表された
試作モデルの画像では、カウルのあと付け感が
もっと強かったですが、量販車となるとさすがに
きれいにまとまっていますね。
まあ、メーカーによるカスタム車だから当然でし
ょうか (笑)

いくぶん無理やり感が残るバックミラーさえ社外
品でなんとかすれば (オーナーさんすいません)
まず文句ない出来映えになることうけあいです。



Ts3y0876

はじめて近くでしげしげと見たK1600GT・・・もともと
はホンダのゴールドウィングみたいにふんぞり返っ
て乗るツアラー車体だったものを、ふつうのスポー
ツバイク風の車体に造り替えたマシンです。

でも、スポーツバイク風車体にしたというものの、
ヌボーッと大きくてやはり 「 やってしもた感」 はぬ
ぐえませんね、
現行のBMW4輪で、入門クラスの1シリーズには
3気筒1500ccとかもあったような・・・こちらはなん
せバイクで6気筒1600ccですから (汗)

価格も300万円近いですから、大きさ・価格とも
乗る人を選ぶバイクといえましょう。



Ts3y0873

こちらはBMWの本格スクーターとして発売された
Cシリーズの2代目車種・・手前がC650スポーツで
奥がC650GT。 エンジンや車体骨格部分は共通
ですが、外装でかなり雰囲気を変えていますね。

私ももっと歳がいって 「 もうクラッチ付きバイクじ
ゃアカン」 となったときは、こういう車種に代替した
いと思います。 今でも腱鞘炎の後遺症対策とし
て、興味はあるんです。 価格もY社のT-MAXと
ほぼ同じですしね。



Ts3y0875

店内の一角を占めるBMW認定中古車のコーナー。
ご存知のかたも多いと思いますが、一定の基準を
満たす中古車を「認定中古車」として、特別の保証
つきで売っているものです。
4輪でも「アプルーブドカー」とか称して売っている
ものがありますね。

しかし、この認定中古車・・・新車から残っている
保証が引き継げるものもあるのですが、そういう
ものは価格も新車なみと (大汗)
このあたり、やはりBMW恐るべしですね (^^;;



Ts3y0870

このあたりで用品を見ていきます。 ライダーの皆さ
んには 「ライディンググローブは消耗品」 ということ
がご理解いただけるとおもいますが、私もそろそろ
グローブがくたびれてきたので代替品を・・・


Ts3y0869

べつにBMWブランドでなくてもかまわないのです
が、だいたいとんでもない価格のBMW用品の中
で、このグローブは櫛谷の製品と大差ない価格
だったので、今日はこれをお買い上げとします。



Tscut8774


居心地のよい店内で、いつまでも最新モデルを
見ていると目の毒ですので (笑) きょうはコーヒー
をよばれてそそくさと退却しました。
また機会があれば、車種研究や休憩で (ぉぃ)
おじゃましたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月15日 (土)

野田阪神、飲み屋街に模型店が

おばんです!


きのうのことになりますが、仕事で外出した時に
「えっ、こんなところに模型店が!?」 というお店を
発見したのでご報告しておきます。 
場所を先に記しておきますと、阪神野田駅そば
のドリームラインというお店です。

模型店がある場所というと、たいてい学校のそ
ばとか、商店街の中あたりが相場ですね (笑)
ようするに、モデルマニア年齢層の人が多く通
る場所がmustの立地だと思うのですが、今回
の発見現場は飲み屋街の真ん中です。


場所は大阪市福島区の阪神電鉄野田駅そばです。
この場所・・・地下鉄の駅もあってそちらは野田阪神
というネーミング、なんだか大阪らしいコテコテ感で
すが、そんな下町パワーあふれる裏通りにこの模
型店がありました。


きのう、私は近くの取引先へ行った帰り、銀行で
カネを下ろして戻ろうと、野田駅前にある三井住
友銀行をめざして、普段は通らない道を歩いて
いました。
すると、下の画像のようなお店が目にはいります。



C_44

最初は 「模型店」 とは目にとまらず、少し行き過
ぎました。 そこで「 ん? 」と思い、改めて振り返っ
てみると・・・
ビルの角っこが斜めに切り取られていて、そこ
に模型店の玄関があるじゃありませんか ( ! )

屋号はドリームラインさんというお店で、店の前
には模型店にぜんぜん似つかわしくないフラワ
ーポットが置かれています。 おそらくこれは駐
車車両対策でしょうね。
お店の広さは、模型店としてはまあ標準的とい
ったところでしょうか。



C_51

入口前から中をのぞいてみましたが、平日の昼
間ですから当然のように客はいません。
ここでサラリーマン姿の私が、平日昼間で誰もい
ない店へ入っていく勇気はなく・・・よって、ここは
外から偵察となりました (汗)

主力商品は展示品からしてプラモとエアガンの
ようですが、いちばん上の画像にも写っている
ように、模型店の定番ともいえるミニ4駆の扱い
もあるようです。

また、そとからの観測になりますが、店の中や
ショーケースの中には鉄道模型の展示用線路
や試走用線路らしきものも見えました。 扱い品
はなかなかバラエティーに富んでいるようです。



C_25

ふと見ると、道に面したウインドの最上段には、
タミヤの1/6シリーズが並んでますがな。

 
いちばん右は往年のレーサーレプリカとも言える
CB1100Rの1/6モデルですね。 そのとなりは
XS1100の和製アメリカンモデル ( ←詳しい型式
は失念 ) で、たしかミッドナイトスペシャルという
別名が付いていたと思います。

これって確か、メーカーでも10年ぐらい前から
スポット生産になっていたはずです。
好きなかたには、これだけでも涙モノですな (笑)

箱の値付けも特にプレミアなどは載っておらず
良心的な価格・・・淡々とご商売をなさっている感
じのお店でした。 私の今までの感覚からして、バ
イク系モデルの揃っている店はハズレがないきち
んとしたお店ばかりでしたから、こちらのお店も
きっとそうした期待が持てるお店でしょう。



C_40

さて、このお店の立地はというと・・・上の画像の
ように飲み屋街の細い通りのなかにあります。
鳥貴族が写っている交差点から、画像奥のほ
うへ20mほど進んだあたりにお店がありました。
上の画像を見る限りは、この並びに模型店が
あるなんて、考えられないような立地ですね(笑)


今回は、そんな考えられない立地の中で正統
派ムードがただよう模型店を発見しました。
サラリーマンスタイルで仕事の途中ではなく、
休日の午後にでもフラッと訪れてみたくなるよ
うな、ドリームラインさんはそんな模型店でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月12日 (水)

ハーレーが整備士養成に力を

おばんです!


ハーレーというと、バイクの国内販売では数少
ないイケイケブランドといえますが、そのハーレ
ーダビットソン日本法人が自動車整備士の養
成に力を入れてゆくそうです。

少子高齢化のあおりで、自動車整備の業界も
整備士の高齢化や新たに資格学校へ入る若
者の減少などの問題により、人手不足が深刻
になりつつあります。そうしたなかでハーレー
ジャパンでは、2018年度の整備士養成学校入
校者に対する技能講習をサポートしてゆくとの
こと(!)

ハーレーは2009年に都内の整備士専門学校
に「ハーレー専科」を設けた実績がありますが
今回のサポートは東京、中部、関西などにあ
る4つの学校と共同でカリキュラムを作成。
教育体制を確立して、ハーレー正規ディーラー
でのメカニック確保を進めるそうです。

今までも自動車メーカー系の整備士養成学校
はありましたが、外国メーカーの販社が、しか
もバイク販売の会社が整備士養成学校と連携
するのは初めてのことだそうです。まさに全国
規模といえるこの動き、ハーレーというバリュー
を有効に使っての人材確保策といえそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 9日 (日)

ヴェルシスX250、どこかで見たような・・

おばんです!


いやー、よく降りましたね。大阪はきのう今日
ずっと雨で、今日の昼ごろからやっと陽射しが
戻ってきたところです。

そんな天気ですから今日は遠出もせず、家の
近くで買い物などして過ごしていたのですが、
近くのスーパーへ行った帰りに国道沿いを歩
いていると、見慣れないバイクが信号待ちし
ています。


Cut20170409_1036_39

そう、見慣れないというより、発売されてすぐ
なので、まだ出回っていないカワサキのヴィル
シスX250ではありませんか ! 
モーターサイクルショーの時、発売はたしか今
月下旬と聞いたような気が!?  まあ予約車の先
行納車とかあったのかもしれません。

しかし、見た目はサイドパニアなどの旅仕様が
追加されていて、とても250には見えませんで
した。 最近はBMWのGSシリーズを嚆矢とする
いわゆるアドベンシャー機種がハヤリで、国内
メーカーもそうした機種の発売をに力を入れて
いますが、まさか250クラスにこうしたアドベンシ
ャーモデルが登場するとは思いませんでした。
たぶんは、いま追い風が吹いている250ゆえ、
ここで乗り遅れずにバリエーションの充実をは
かっておこう、というハラなのでしょうね。


しかし、このヴェルシスX250・・・250クラス初の
アドベンチャーモデルと目されるものの、私に
はどうも初めてと思えません。

なにか類似するバイクがあったような気がしま
す。 私の勘違いかも!? しばらく考えていると・・・



Cut20170409_1041_03
ありました!  思い出しました!  かつてカワサキが
発売していたKLE250がズバリそういうコンセプ
トだったじゃありませんか。!

たしか1990年ごろのモデル (もう少しあとかも?)
だったかと思うのですが、この頃まだアドベンチ
ャーという呼称はなく、デュアルパーパス車とか
呼んでいた覚えがあります ( ← 激古 )


発想は悪くなかったと思うのですが、エンジンが
当時のZZR250からの転用だったこと、また車体
の軽量化も今ほど進んでいなかったうえ、4stツ
インで林道などを走る使い方が一般化していな
かった1990年前半当時、全くといっていいほど
売れてなかったと思います。

 
だって、現役実走車を一度も見たことがないば
かりか、私が当時行ってたカワサキ店にすら
現車がなかったのですから (汗)


まあ、これはKLEの登場する時期が早すぎたと
いうことなのでしょうか。 250クラスで初のアド
ベンチャーモデルと目されるヴェルシスX250、
今度こそはブームに乗って会心の当たりとなっ
てほしいところですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 8日 (土)

普通免許、運転できる上限が

おばんです!


さきにも当ブログで触れましたが、運転免許の
区分に 「 準中型 」 が新設されて1ヶ月たちまし
たね。制度として始めてのものなので、反響は
どれぐらいあるのかと思っていたのですが、今
は新規に免許を取る若者自体が減っているた
め、大きな話題にはなっていないようです。

ちなみに、私は前に「準中型免許の新設にとも
ない、新たに取る普通免許で運転できる車(トラ
ックなど)の上限は、積載量でいうと1.5~1.75ト
ン積み程度になるのではないか」 と記しました。

あいまいな書き方をしたので、その後「上限」が
気になっていたのですが、時あたかも春の交通
安全運動の最中です。
この機会にと思い、市民会館でやっていた地域
の交通安全講習に行き、資料をもらってきました。



Photo

間違いのないよう、警察の資料そのものを画
像として貼っておきますが、私が1.5~1.75トン
程度ではないか、としていた普通免許で運転
できる最大積載量は、警察資料では2トンと
いうことになっていました。

数字的に切りの良い2トンとなったことは、まぁ
妥当なとこでしょう。 もっとも、この上限は最
大積載のほか車両総重量との2つシバリで決
められています。よって架装次第で、車両総
重量が3.7トンとかになった2トン車だと、普通
免許で運転できないことになりますから、この
あたりは注意が必要なところですね。

しかし私が普通免許を取った当時なら4トン半
まで運転できたのに、今やその半分以下の2ト
ン車までと・・・これも事故防止のためというこ
とで、やむを得ないところでしょうね。
その代わり、新設された準中型免許だと普通
免許と同じ18歳から取れて、教習期間も普通
免許で最短15日間のところ、準中型は17日間
運転できる車の上限も、積載量でいうと4トン半
までとなっています。

これって今までの普通免許に代わる新たな
普通免許とも見ることができます。 準中型
免許は普通免許を持っていなくてもいきなり
取ることが可能ですから、これはやはり「新た
なサービス免許」ということなのでしょうか (笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 5日 (水)

落し物、電話だけでも返還可能に

おばんです!


さきに、この4月1日から改正された手続きや
規制緩和について記しましたが、ほとんど変
化がない警察の対応にもいくぶん変化があ
るようです。

落し物をした・・・というと、どなたも1度や2度
は覚えがあることと思いますが、警察で保管
中の落し物を返還してもらうには、その警察
署へ出むくか返還の申請書を提出するのが
原則だったところ、この1日から電話で本人確
認が出来たら、落し物を自宅あて着払いで送
ってもらうことが出来るようになったそうです。

聞くところ、落し物の数は年々増え続けてい
る反面、貴重品をのぞいた忘れ物の引取り
件数は減ってきており、保管場所や管理コス
トの増大など、警察にとっても頭の痛い問題
が出ていたとのこと。

そこで、電話で本人確認が取れれば警察署
へ出むいて手続きをしなくても、電話での依
頼で返還を依頼できるように規定を改正した
そうです。 まあ、警察というと「サービス」と
いう言葉とは無縁の仕事でしたから、これで
ようやく利用者サービスの1つが始まったとい
う感じですね。

あと、今回の改正に伴って、警察以外で落し
物を保管できる事業者が、今までの鉄道の
駅やバスの営業所以外に、落し物が多い
大学や中小の小売店、会員制スポーツクラ
ブなどにも拡大されたそうです。
まあ、落し物などしないに越したことはあり
ませんが、もしもの場合でも手続きが簡略化
され手元に戻りやすくなる、というのはありが
たい改正といえそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 2日 (日)

橋本市の雲海、車で走りながら

おばんです!


以前にも当ブログで少し触れたことがある和
歌山県橋本市の雲海・・・ 市内を流れる紀の
川のもたらす自然現象なのですが、きょう所用
で橋本市へ向かった時、本格的な雲海に遭遇
したので、ここでご紹介しておきます。



_2

ここは和歌山県橋本市内の国道371号線です。
今日は所用があって朝からクルマで橋本市周
辺を走っていると・・・上の画像の中央から左半
分にかけて雲海がみえています (!)

雲海というと、九州の阿蘇だとか北海道、また
近畿圏では兵庫県で「天空の城」として有名に
なった竹田城址などが有名ですが、ここ橋本市
の雲海は観光地でもなく有名地でもない 「生活
圏で車からみえている雲海」というさりげないも
のです (笑)  でも、その規模はけっこう大きく、
河川に沿って霧が発生するため隣接する奈良
県の五条市から橋本市を通り、さらに西のかつ
らぎ町あたりまで、スッポリ雲海に入ってしまう
こともあるとのこと・・・



_3

一枚目の画像の道路をさらに進んで行く (橋本市
の中心部へ向かっていく) と道路が下り坂になり、
自分もだんだん雲海のなかに入り込んでいきます。 



_4

さらに進むと、周辺の景色は完全にホワイトアウト
します。これで車は完全に雲海の中へ入り込んだ
状態ですね。 

これで視界はだいたい100~200mというところで、
霧の中からモァーっと対向車が現れる感じです。
ちなみに、遠くに雲海がみえている1枚目の画像
から、3枚目の自分が雲海の中へスッポリ入って
ホワイトアウトする状況になるまで、時間的には
5分ほどしかかかっていません。

走っていて感じるに、やはり雲海は展望の効くとこ
ろに腰を落ち着け、眺めを堪能すべきものですね。
自身が雲海の中へ入ってしまうと何もみえず、単
に霧の中にいるのと同じですから(笑)


ということで、3枚目の画像からさらに5分ほど
走ると、今度は雲 (というか霧?) が晴れてウソ
みたいなピーカンになりました。 つまり、これ
が本来の今日の天気だったわけです。

雲海というと、有名観光地や有名撮影地でみえ
るものというイメージが強いですが、ここ橋本の
は「車からみえる生活に根ざした雲海」とでも
呼べそうです (笑) また折りをみて、今度は高
台で写真撮影にもトライするなどして「生活者
の雲海」を楽しんでみたいですね 。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 1日 (土)

自賠責、今日から値下げと

おばんです!


はやいもので今日から4月入り、でも、大阪はこの
ところずっと寒い日が続いて「桜が咲く時期」が到
来した実感がありません。 例年なら3月も下旬に
入るとポカポカした日が出てきて春を実感できる
ものですが・・ ホント早いとこ暖かくなってほしい
ものです。


そんな4月入りで、今日からいろいろな制度が変
わったり料金が変更になったりしていますが、私
たちライダー (ドライバー) にかかわりのあること
というと・・・
今日から自賠責保険料が値下げになってますね。

自賠の保険料引き下げは9年ぶりとのことです。
私たちにかかわりのある部分について、保険料
の新旧対比をすると、、
125ccを超える自動二輪で、今までより2,120円
減額の11,520円。
普通乗用で、今までより2,010円減額の25,830円。
軽四は今までより1,300円減額の25,070円となる
そうです。

ならすと平均で6.9%の値下がりですが、自動二輪
125超に限ると、15.5%減という大きな値下げ率に
なっています。 まあ、これは前が高すぎだった
のでしょうね。 自賠はキホン国の事業なので
収支をプラマイゼロに持っていかなくてはならず、
事故率や運用の都合から、大幅アップが出たり
減額が出たりするそうです。


ただし、この減額分を車検のとき自動車屋に
「諸費用」だとか「○○整備料」など都合のいい
名目で持っていかれないよう、チェックしていく
必要がありますが(笑)
バイク、自動車関連の費用というと上がるもの
ばかりですから、数が少ないとはいえこうした
値下げされるものがあるとホッとする感じです。
あとは浮き沈みの激しい任意保険料が下げ
方向で安定してくれれば言うことナシですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »