« 2017年型 S1000RRにまたがり試乗 | トップページ | クレーン車もアイドリングストップと »

2017年2月18日 (土)

ベタ踏み坂、車より人間の方が

おばんです!


皆さんは「ベタ踏み坂」なる言葉を聞かれたことが
あるでしょうか。 少し前に軽自動車のCMで島根
県松江市かどこかにある橋が取り上げられ、それ
で一般大衆化した言葉になったと記憶します。

そんな中、全国各地にある「ベタ踏み坂」のなかで
今日は大阪を代表する「なみはや大橋」へ行ってき
ました。ここは海をまたぐ橋 (もと有料だった橋) に
歩道が併設されているので、歩いて「ベタ踏み度」
をチェックすることが出来ます (笑)



R0013036

今日は大阪市港区にある地下鉄大阪港駅がスタート
地点です。 あっ、最初に申し上げておきますが、私
はわざわざベタ踏み坂のチェックのために行ったの
ではなく、この駅近くの病院に取引先のかたが入院し
ておられ、そのお見舞いの帰り「そういえば、大阪の
ベタ踏み坂がこのあたりにあったな」と気がつき行って
きました。

ここ (港区) から海を渡るベタ踏み坂の橋を徒歩で
渡り、対岸にあたる大正区へ抜けようというものです。



R0013037

大阪港駅から殺風景な港の倉庫街を歩いて行くと
唐突に巨大な赤いトラス橋が現れます。 
これは今回のベタ踏み坂がある橋ではなく、阪神
高速神戸線が通る「港大橋」です。

ベタ踏み坂のある橋へは、この港大橋の下を
くぐって行くことになります。



R0013040

大阪港駅から10分ちょっとで、めざす「なみは
や大橋」の港区側登り口に到着しました。
じつは私・・社用では何度かクルマでここを通
っており、特に珍しい場所ではありません。
もちろん「歩いてわたる」などというのは初め
てですが(笑)

ちなみに、この場所は大阪港の倉庫街で、
なみはや大橋ができる前は、画像右端の
側道部分 (黄色っぽいトラックが小さく写っ
ているところ) に線路があり、倉庫街をぬ
うように貨物列車が走っていました。
たしか、いま海遊館になっている場所も、
臨港鉄道の貨物の集積所か何かだったと
思います。



R0013043

この橋には歩道が併設されているのですが、歩道
部分は橋の高さがある程度高くなったところから
車道に沿うように付けられているので、高くなった
車道の位置に地上から一気に上がるためすごい
登りになっています (汗)

実際、ベタ踏み坂と言ってもふつうの乗用車なら別に
苦もなく登れる坂なんですが、この歩道取り付き部の
急勾配はホント強烈です。
よっぽど、この歩道をベタ踏み坂と呼んだほうが
いいぐらいです (笑)



R0013051

橋の頂上部へ向けてひたすら登ります。 カーブし
ながらかなり登っているのが画像でお分かりいた
だけるでしょうか。 
ちなみにこの坂、普通乗用やターボ付きの軽なら
苦もなく登れますが、ノンターボの軽自動車で大人
2人乗っているとちょっとしんどいと思います。CVT
でない4速オートマなら、たぶんハイトップに入らず
60km/hぐらいでエンジンがガーッとうなったままに
なるはずです、まあ、その位のかげんの坂ですね。



R0013054

ちなみに、この橋は市バスの運行路線にもなって
います。港区側は地下鉄大阪港駅や天保山を通
りますが、大正区側は地下鉄やJRの駅を経由す
ることなく大正区内にあるバスの車庫が終点にな
っているので、通勤時間帯以外はたぶんガラガラ
のはずです。



R0013053

ようやく頂上部分 (海面上約50m) を越えて、降り
口の大正区側をながめます。 私は高所恐怖症
ではなく、むしろ高いところには強いほうなのです
が、それでも上の画像を撮る時はビビリました。



R0013057

大正区側は橋のたもとにイケアがあります。それと
あわせて、イケアの向かい側に「東京インテリア」
という大型店が工事を進めていました。

しかしイケアは北欧 (じゃなくオランダやったかな?)
の家具屋なのに、その向かい側にまた大きな家具
屋を作ってどうするんでしょう (汗) 目先の違う商
品構成をして、客がかぶらないようにするとか、
工夫で乗り切るのでしょうか !? 

ちなみに、橋の大正区側は地上より少し上の部分
に勾配をゆるめた部分があります。 
この橋はもと有料道路で、私の記憶が正しければ
この部分にかつて料金所があり、一段目の坂を登
ってきて料金所で支払をした車が、今度は二段目
の坂を登って行く、という流れでした。



R0013059

ここで振り返って、大正区から港区側を眺めると・・
この橋の特徴がよくわかりますね。上がっていって
そのまま中央航路の部分を越えるのではなく、少し
だけ右へ振ってから左に大きく曲がる構成になっ
ています。頂上部までに少しでも距離を稼ぐため
の工夫かもしれません。  

ふつうの橋はトラス構造があったり、中央の部分が
アーチの橋になっていたりしますが、この橋は全部
ふつうの鉄製ボックス桁をつないだ構造です。
上の画像の上り口から仰ぎ見るとジェットコースター
の線路にしかみえないのですが、ほかもこういう
特徴を持つ橋ってあるんでしょうか?



R0013061

橋を降りてヤレヤレ・・・ということでイケアをウロ
ウロして少し休憩します。 この店も開店してから
もう10年ぐらいたつでしょうか ?  出来てすぐの頃
何度か来た記憶がありますが、久しぶりに来ると
改めて日本的な商売と違うスケールの大きさを
感じます。


休日に大阪市内まで出たついでのベタ踏み坂
探訪でしたが、「クルマには大したことはないが
人間にはかなりこたえる」 ということがよくわか
りました。 まあ、歩いて渡ろうかという酔狂な
人は少ないと思いますが (笑) イケアや東京イ
ンテリア (2017年2月中旬時点では工事中)
などの商業施設とタイアップし夕景や夜景の
美しさをアピールすれば、単なる道路橋として
だけでなく集客アイテムとしても有用ではない
でしょうか。 
今日は今ひとつ天気がスッキリしないうえ寒かっ
たですが、このべた踏み橋・・陽気がよくなった
頃にまた一度行ってみたいと思いました。

|

« 2017年型 S1000RRにまたがり試乗 | トップページ | クレーン車もアイドリングストップと »

日常のいろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2096976/69649509

この記事へのトラックバック一覧です: ベタ踏み坂、車より人間の方が:

« 2017年型 S1000RRにまたがり試乗 | トップページ | クレーン車もアイドリングストップと »