« 交番バイクにもトリシティが | トップページ | 50周年レンタカー、183系で »

2016年12月18日 (日)

ターボ付き軽自動車での高速走行は

おばんです!


私は先週の土曜日に4輪 (軽) で和歌山県の白浜
へ行き、その時のことをUPしましたが、わたし的に
意外というか、軽自動車で気まぐれに行っただけ
なのにDMで何件かのお尋ねをいただきました。
数件いただいた、ということは他にもお尋ねになり
たい方がいるはず・・・とわたし的に判断して (笑)
軽自動車での走行について少し記しておきたいと
思います。

まず、複数のお尋ねがあったのは「軽で高速を走り
白浜まで行って疲れませんか?」 「軽で高速を走る
場合は何キロぐらいで巡航できますか」 ・・・といっ
たことです。

たしかに軽で高速道路を走るというのは「余裕しゃ
くしゃく」 というわけにはいきませんが、NAではキツ
いもののターボ付き軽四なら不足のない走りが出
来ると思います。

多くの場合、軽自動車エンジンには自然吸気のもの、
ターボ付きモデルで低圧過給しているもの ( いわゆ
るマイルドターボとかMターボと呼ばれているもの)
そして最高出力が64馬力と業界自主規制値上限ま
でいっている高圧過給タイプのターボがあります。

私の乗っているものは高圧過給タイプで、スズキが
得意にしている「どっかんターボ」です。
これは3,000rpmぐらいまでまったり回っているもの
の、そこを過ぎれば急にどかーんと吹き上がるタイ
プで、バイクではおもしろいと思いますが、4輪では
「なんじゃこりゃっ」 となることうけあい・・・でも、私
はそのあたりを 「いかにもスズキらしい商品」 とい
うことで気に入っています。

実際パワーバンドに入ってしまえば、1000~1500cc
クラスの普通車とそん色ない走り方ができ、まず
置いていかれるということはないはずです。
高速道路も、その余裕パワーで100~120km/h程
度に抑えるならば、多少の上り坂でも問題もなく
走れます。


下にゆるい上り坂を100km/h程度で巡航している
ときの動画 (ドラレコ画像) を貼っておきますので、
興味のある方はご覧ください。




画像は阪和自動車道で大阪と和歌山の府県境の峠を
走るものです。 ほぼ一定速での巡航です。

あと、お尋ねに 「 クルマはMG21Sですか 」 というもの
がありましたが、MGではなくMF21S (MRワゴン) になり
ます。  MG21Sは同じスズキでもたぶん少し後の時期
に出た 「セルボ」 だと思います。
このモデルにもSRという直噴ターボ搭載のバカっ速い
モデルがあったそうですが、マニアーすぎで価格が普
通車を買えるぐらいの金額になってしまい、ほんの少
ししか売れずに後続モデルが出ることなくディスコンさ
れたそうです。 うーむ、このあたりもいかにもスズキ
らしいですね。

4輪ネタを扱わない当家では「なんで軽四のことなど」
といわれそうなネタですが、軽四にも「やっぱりスズ
キ車やな」 と言われそうなものがあることを皆様にも
知っていただきたくご案内しました
最近は省エネとか低燃費を話題の中心にしている
スズキ4輪ですが、以前は4輪にも「パワー重視、な
んじゃこりゃ!?」 という商品があったんですね(笑)

|

« 交番バイクにもトリシティが | トップページ | 50周年レンタカー、183系で »

日常のいろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2096976/68895011

この記事へのトラックバック一覧です: ターボ付き軽自動車での高速走行は:

« 交番バイクにもトリシティが | トップページ | 50周年レンタカー、183系で »