« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月31日 (土)

いよいよ大晦日

おばんです!


「早いものでもう12月」と言ってたのもついこのあいだ・・・
あっという間に大晦日になりましたね。 皆さん掃除やお
正月用品の買出しなどは済まされましたでしょうか。
私は買い物に行き、先ほど帰ってきたところ・・・ええ、掃
除のやり残しや「そのうち、そのうち」と思って先延ばしに
していた事が山ほどある大晦日になりました (笑)

皆さんも大晦日はご自身の一年を振り返り「今年もいろ
いろあったな」と感慨に浸られる時かと思いますが、私も
今年は新たな動きのあった年でした。

仕事では、4月に8年ぶりの部署異動があったことでしょ
うか。最初の一ヶ月ぐらいは同じ会社なのに強烈なアウ
ェイ感にさいなまれながら仕事をしていましたが、今よう
やく自分と周りの調和などに思いをめぐらせる余裕がで
きました。あと3ヶ月もすると今の仕事も2年目に入るわ
けで、ここらで少しでも自分らしさとか自分なりの付加価
値向上策を織り込んだ仕事を進めたいと思います。

あとバイク関係では、10月に数年ぶりに月間走行距離
が1000kmを突破したことがあげられます。 10年ぐらい
前なら 「月間走行1000kmなんて単なる通過点」という
感じでしたが、今のロートル化した私としては 「 記録す
べき栄光の数字」にありますね (笑)

まあ、そんなことで今年もいろいろありましたが、来年
も自分らしい仕事、自分らしいバイクライフ、自分らしい
生活スタイルをめざして日々向上をはかってゆきたいと
考えています。 また来年も変わりませず、よろしくご親
交のほどお願い申し上げます。

さて、私は明日の朝早くに実家へ帰省し、3日に戻って
くる予定です。次のブログ登場は4日(水)になるかと。
皆さんもお休み中、気をつけて楽しんで来て下さい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月28日 (水)

X-ADV、自動変速に興味が

おばんです !


2~3日前の新聞だったと思いますが、いま「アド
ベンチャスクーター」としてホンダが売込みをは
かっているX-ADVのタイヤに、ブリジストンのオ
ンオフ兼用品が採用されたと発表されていまし
たね。 タイヤメーカーが数ある市販車のなかで
特定車種に搭載されたことを報道する、というの
はそうそうないことだと思います。これもホンダ
のX-ADVにかける意気込みあってのことでしょ
うか。


Cut20161228_2123_26

しかし、この「アドベンチャースクーター」をうたっ
ているX-ADV、変わったデザインも早くから発
表されていたので今さらおどろくこともありませ
んが、その完成度の高さが評価されているホン
ダバイクの自動変速機構・・・DCTがどういう味
付けをされて搭載されているか興味があるとこ
ろです。


Cut20161228_2123_48

私は最近 「 自分も歳をとってクラッチ付きバイクに
乗れなくなったら次はこのタイプやな」 と真剣に考え
ています。 メリハリのないただの無段変速ではな
くて、ギアはあるにはあるが運転手がクラッチ操作、
またシフトアップ操作をせず進段する」というのは
すごいと思います。
シフト関連や安全設備にいろいろなデバイスを積
んでいるBMWバイクでさえ、まだ有段変速機の
自動操作車は市販されていません。 「 将来はこ
れや! 」 を前提に、もう少しツーリング車風味に振
ったものを出してくれればいうことナシなんですが、
ホンダさん、そういう計画はないですかねぇ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月25日 (日)

用意が良い ? はたまた貧乏性 ?

おばんです!


今日の大阪は久しぶりの快晴で風も弱く、絶好の
ツーリング日よりでした。 でも年末も近づき家の
近所でさえ渋滞が多く・・・そんなことで、さすがに
「天気がよければ毎週乗務」を掲げている私も、
今日は家の掃除や整理整頓をしていました。

そんな中で、工具箱や部品ストック箱の整理をし
たのですが、片付けているうちに「あれ? 買って
おいたはずの配線材料がない」とか「よく使うボル
ト類をストックしていたはずなのに、残りが少なく
なってるがなっ!」 ということに気がつき、今やらな
くてもいい数量の確認や不足気味のボルト、配線
材料、接続パーツの買出しに行き、けっきょく工具
箱や予備パーツ箱の整理だけで半日使ってしま
いました (ぉぃぉぃ)



Ts3y0810


今日買い足ししてきたボルト類や配線金具の一部
です。

・・・ 何か電装品の取り付けをするのですが? → いいえ

・・・ 何か配線の敷き直しでもするのですか → いいえ

そう、今日買いに行く必要などまったくないものばかり
です。 
でも、私はこういう数を使う材料とかボルト類はいつも
一定数ストックしていないと気がすまないたちなんです。
こういう話をすると、友達や同僚から「キミは用意がいい
ねえ」と言われることがあるのですが、この場合は
単なる収集癖とか貧乏性と言ったほうが当たっている
んでしょうか (笑) 

けっきょく、工具箱やストックケースの中身を取捨選択し
て減量という計画は崩れ、捨てたもの以上の小物パー
ツを買ってきてしまいました。 うーむ、この年末も整理
整頓、ストック品減量は出来ずに終わるのかも !? (汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月24日 (土)

2017年モデルチェックでディーラーへ

おばんです!


ここしばらく暖かかったものの、ここへきてガクッ
と寒くなりましたね。 まあ年末なんですからそ
れでいいのでしょうが、小雨もパラパラしてきた
りして、ここは勇んでバイクに乗るような陽気で
もありません。

そこで 「 次のバイク乗務は新年初のりにとって
おこう、年末はクルマも多いことだし」 と思い、
前から行こうと思っていたBMWバイクの2017年
モデルチェックに行ってきました。



Cut20160

まー、あるわあるわ・・・ここに写っているバイクの
末端小売価格を合計したら、いったいいくらにな
るでしょう (笑)  あー、いやいや、BMWでそんな
ゲスいことを考えたらいけませんな (ぉぃ)



Cut20161

個別の車種については、私などがヘボいインプレを
するよりウェビックなどのサイトをご覧いただく方が
早くて正確なのでそちら譲りたいと思います。

ただ展示バイクをみて感じたことは・・・BMWバイク
は今やほとんどがプッシュボタンスタートになってい
るんですね。 少し前なら一部の高級四輪にしかな
かったシステムですが、今や軽自動車でも各種オ
プションの抱き合わせの一つに入っています。
まあ、それだけ量産効果でこのシステムを安く作れ
るようになったということかと、、これも時代というこ
とでしょうか。



Cut20162

私が以前に乗っていたF800STの後継モデルに
あたるF800GTの2017年車が展示されていました。
2017年車はカラーリング変更だけですが、すごく
カッコ良くなってますね。 また機会があれば乗
務を考えたいバイクのひとつです。



Cut20163

いろいろ見ていると、なんとHP4コンペティーショ
ンモデルの中古車が出ていました。価格はなん
と230万円あまりと・・・( 大汗 ) 
まあ新車価格が280万円ぐらいしてたので、その
ぐらいの中古価格になってしまうのでしょうか。
しかし、前にも思ったことがあるのですが、この
HP4中古 (2014モデル) と2017年型S1000RR
を比べると、正直なところ、どちらのほうが速い
でしょうね !?



Cut20164

ということで、ひとあたり見学したのち、店内の休
憩スペースでコーヒーを飲ませてもらって今日の
チェックを終えました。

リラックスできるスペースでコーヒーを飲みながら
横を見るとバイクがある・・・定年後にこんな家を
建てられたらいいんですが、BMWバイクにお金を
持っていかれてる限りは、そういう生活も夢のま
た夢なんでしょうねぇ (笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年12月21日 (水)

50周年レンタカー、183系で

おばんです!


皆さんもテレビなどで目にされると思いますが、
世間にはいろいろな「○○周年」がありますね。
最近よく見るところでは 「ウルトラマン誕生50
周年」とか「トヨタカローラの登場から50年」
などがありますが・・・
鉄道業界では中央本線の特急「あずさ」が運転
開始から50周年にあたるそうで、JR東日本では
関連のイベントや物販を企画しているそうです。

そんな中での「なんじゃこりゃ!!」な企画は・・・
なんとレンタカーを特急あずさに充当されてい
た国鉄183系のカラーリングに仕立てて、期間
限定で貸し出しています (ぐはーっ) そこま
でやらんでも、という感じですね(笑)


183

上の画像でみると、あたかも塗装されているように見
えますが、これはラッピングで仕上げられているとの
こと。よって元に戻すのも容易で、今月いっぱいの
限定運行だそうです。

ちなみにこのレンタカー屋・・・JR東日本レンタリー
スです、まぁ当然でしょうか(笑) 車は同社の甲府営
業所に所属していて、料金はこのクラス(Sクラス)の
通常料金で借りられます。 このページをごらんの
鉄な皆さんも、この注目度抜群のヴィッツで悪ノリ
気分を味わってみられてはいかがでしょう(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月18日 (日)

ターボ付き軽自動車での高速走行は

おばんです!


私は先週の土曜日に4輪 (軽) で和歌山県の白浜
へ行き、その時のことをUPしましたが、わたし的に
意外というか、軽自動車で気まぐれに行っただけ
なのにDMで何件かのお尋ねをいただきました。
数件いただいた、ということは他にもお尋ねになり
たい方がいるはず・・・とわたし的に判断して (笑)
軽自動車での走行について少し記しておきたいと
思います。

まず、複数のお尋ねがあったのは「軽で高速を走り
白浜まで行って疲れませんか?」 「軽で高速を走る
場合は何キロぐらいで巡航できますか」 ・・・といっ
たことです。

たしかに軽で高速道路を走るというのは「余裕しゃ
くしゃく」 というわけにはいきませんが、NAではキツ
いもののターボ付き軽四なら不足のない走りが出
来ると思います。

多くの場合、軽自動車エンジンには自然吸気のもの、
ターボ付きモデルで低圧過給しているもの ( いわゆ
るマイルドターボとかMターボと呼ばれているもの)
そして最高出力が64馬力と業界自主規制値上限ま
でいっている高圧過給タイプのターボがあります。

私の乗っているものは高圧過給タイプで、スズキが
得意にしている「どっかんターボ」です。
これは3,000rpmぐらいまでまったり回っているもの
の、そこを過ぎれば急にどかーんと吹き上がるタイ
プで、バイクではおもしろいと思いますが、4輪では
「なんじゃこりゃっ」 となることうけあい・・・でも、私
はそのあたりを 「いかにもスズキらしい商品」 とい
うことで気に入っています。

実際パワーバンドに入ってしまえば、1000~1500cc
クラスの普通車とそん色ない走り方ができ、まず
置いていかれるということはないはずです。
高速道路も、その余裕パワーで100~120km/h程
度に抑えるならば、多少の上り坂でも問題もなく
走れます。


下にゆるい上り坂を100km/h程度で巡航している
ときの動画 (ドラレコ画像) を貼っておきますので、
興味のある方はご覧ください。




画像は阪和自動車道で大阪と和歌山の府県境の峠を
走るものです。 ほぼ一定速での巡航です。

あと、お尋ねに 「 クルマはMG21Sですか 」 というもの
がありましたが、MGではなくMF21S (MRワゴン) になり
ます。  MG21Sは同じスズキでもたぶん少し後の時期
に出た 「セルボ」 だと思います。
このモデルにもSRという直噴ターボ搭載のバカっ速い
モデルがあったそうですが、マニアーすぎで価格が普
通車を買えるぐらいの金額になってしまい、ほんの少
ししか売れずに後続モデルが出ることなくディスコンさ
れたそうです。 うーむ、このあたりもいかにもスズキ
らしいですね。

4輪ネタを扱わない当家では「なんで軽四のことなど」
といわれそうなネタですが、軽四にも「やっぱりスズ
キ車やな」 と言われそうなものがあることを皆様にも
知っていただきたくご案内しました
最近は省エネとか低燃費を話題の中心にしている
スズキ4輪ですが、以前は4輪にも「パワー重視、な
んじゃこりゃ!?」 という商品があったんですね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月17日 (土)

交番バイクにもトリシティが

おばんです!


白バイといえば最近ではCB1300が全国的に配備
されワンメイクの様相を呈していますが(笑) 交番
で現場のおまわりさんが乗っているバイクは地域
ごとに違いがありますね。

大阪では以前ならCD90が中心でごくまれにCD125
があり (古!!) CDシリーズがディスコンされてからは
カブ90そして最近ではリード125などが使われてい
ます。 リードは婦人警官が増えてきたことと若い
子がクラッチ付きバイクになじみがなくなってきて
いるゆえの導入だと思います。

そんな中、今日買い物に行って駅から家まで歩く
途中で、前からトリシティが走ってきます。トリシテ
ィがこちらに向けて走ってくると、かなり手前から
「あっ、トリシティ」とわかりますね。

でも、今日もだいぶ手前から気がついたものの、
乗っているのがおまわりさんなんです(驚)
最初は道路工事で旗を振っている保安員だと
思ったのですが、よーく見ると装備が本格的で
おまわりさんぽい状況が・・・え、なぜおまわりさ
んがトリシティに ??

幸い (というのか?) おまわりさんが信号に引っ
かかって停まったのでよーく見ると、トリシティ
の荷台 (?) には「大阪府警」とステッカーの貼
られた黒い箱が付いていました。 ううむ、や
はり本当の交番バイクみたいです。

思えば、トリシティって一般の人が乗っている
のを見るのもまれですよね。 それがなぜ警
察の公用バイクになっているでしょう ?
特に大阪は財源不足で予算が絞られており
公用バイクもリードやカブならともかく、価格の
高いトリシティで起案(←民間でいう稟議書)を
出したら一発で却下されるはずです。
価格も高いし前タイヤの交換代金も単純に
倍かかりますからね(笑)

そこで思ったのですが、この交番用トリシティ
はヤマハが寄付したものではないかと思い
ます。アイデアは斬新なものの販売面では成
功といえず不遇を囲っているトリシティですから
寄付して交番で使ってもらえたら、一般の人が
乗るよりぐっと注目を集め、「ああいうバイクも
あるんや、警察でも使っているし」と世間に認
知されすごくいい宣伝になります。

以前から、ヤナセなどがベンツを寄付して覆面
パトにしたり日産がフェアレディを寄付して「す
ごいパトカーが現れた」としていい宣伝になっ
ていましたが、今回の交番用トリシティ・・・私は
ヤマハの「損して得とれ」の販売戦術だと見る
のですが、皆さんはどのようにご覧になります
でしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月14日 (水)

リチウムイオン電池、純正部品に

おばんです!


リチウムイオン電池といえばパソコンやスマホの電
源としておなじみですが、バイク用としてはSHORAI
など後付け品が出回っているだけで、メーカーが正
式採用するのは相当先という感じがしていました。

そんななか、非常用電源などの電池を作っている
エリーパワー社がスポーツバイク用のリチウムイオ
ン電池を開発、ホンダのCBR1000RR ファイアブレ
ードに搭載されるそうです。

ふつうバイク用バッテリーといえば、始動時の大電
流が必要なため今まで実績のある鉛バッテリーが
使われていましたが、エリー社は昨年からモトクロ
ス全日本選手権の出場車にリチウムイオン電池を
提供。実戦の中で性能が認められ、今回の採用と
なったそうです。

リチウムイオンバッテリといえば長期間放置時の
放電が少ないなどの特徴が言われてますが、わた
し的には軽量化のメリットが一番大きいと思います。
この先、量産にともなって価格が下がり、「鉛バッテリ
ーとどちらを選ぼうか?」というレベルで販売される
ようになれば、ぜひとも試してみたいところですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月11日 (日)

完全冬装束で乗務

おばんです !


きのうはクルマ(軽四)で白浜まで行ったので、き
ょうは雨が降らない限りバイクに乗っておこうと
思っていたのですが、起きた時の気温が4度 !!
もう、いきなり乗る気がなくなりました (ぉぃ)

まあ、そんな中でも洗濯などをしてあと買い物に
行き、朝も10時ごろになると陽射しも出て寒さも
いくぶんマシになりました。
「これぐらいなら、また何とかなるな」 とようやく
出発準備をして、今日は近場を走り昼前には
帰宅しました。 ううむ、陽射しはあっても思い切
り寒かったです。

しかし、私はここしばらく秋ごろと同じウェアで乗
っていたのですが、さすがに気温4度(出たときは
もう少し上がっていたと思う) ときたらそのままじ
ゃいけません。
今日は冬用グローブとオーバーパンツを今シー
ズン初めて着用して走りましたが、「あれを着て
これで防寒をして・・」と準備していると、乗り始め
るまでの時間が夏場の倍以上かかりますね。
いつも思うことなのですが、冬場バイクに乗ると
いうのは相当なエネルギーと決心がいります。
こんなオヤヂでも寒さのなか何とか走っていると
いうことは、またライダーとしてのエネルギーが
多少とも残っているってことなんでしょうかねぇ(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年12月10日 (土)

ふたたび白浜へ@今回は4輪です

おばんです!


きょうの大阪は天気は良いものの空気が冷たく
風の強い一日でした。 みなさんお住まいの地
域はいかがだったでしょうか。

そんな天気のなか、私は先月行ったばかりの
和歌山県白浜へふたたび行ってきました。
「何で先月行ったばかりの所へまた行くの?」と
いわれそうですが、その訳はのちほどボチボチ
ご説明します。

ちなみに前回白浜へ行ったのは11月12日でし
た、今日は12月10日ですからまだ一ヶ月たって
いません。 そんな中での再訪理由は、前回行
けなかった露天風呂に入るためでした

白浜温泉ほどのメジャーな温泉街に、秘境に
あるような露天風呂なんかあるのか ?  といわ
れそうですが、なんと海の真横・・・波打ち際に
湯船があって、海を見ながら露天風呂へ入る
という、ちょっと珍しい温泉があります。
名前は 「崎の湯」 といい、文字通り小さな岬
状の土地の先端にあり、その道のツウには有
名なところなのだとか (!)

じつは、私がこの温泉を知ったのは、もう10数
年前のこと・・職場の課内旅行で白浜を訪れ、
その際先輩からこの崎の湯の話を聞いたので
すが、その時は帰りの電車の都合で入湯でき
ませんでした。 それ以来、ずっと心の中で
「機会があれば白浜で崎の湯に」というキーワ
ードが引っ掛かっていました。

それが先月、K1200Sで白浜を訪れた際、たま
たま思い出して「やっぱり行かなあかんっ」
ということになり、今回の再訪となりました。
今回はそのミッションの特殊性 ( ←なんやね
ん、それっ) から4輪での行動となりました。



1

まずは白浜へ来たのならやっぱりこれでしょ、と
いうことで、先月と同じ円月島でのショットです。
違いはK1200が写っているのではなく2号車の
軽四できたところですね。
そうそう、今回のミッションはATF(オートマオイル)
を交換した軽四のフィーリングチェックも含んでい
ます。



2

円月島からクルマで5分ほど走ると、崎の湯の駐車
場へ到着します。 ご覧の通り、駐車場の壁の後ろは
すぐに海です。 豪華な建物が林立する白浜の温泉
街のなか、ここは別世界で質素そのものです。



3

ここの駐車スペースは10台ほどです。私が着いた
時は時間が早かったため駐車スペースに余裕が
ありましたが、祝日のからむ連休や学校が休みの
時期はかなり厳しいでしょうね。 駐車場の立地的
にも片側は太平洋でもう片側は崖になっているの
で拡張はむずかしそうです。

ちなみに、白い壁の建物が管理人詰め所で、その
奥にあるお寺みたいな屋根は門 (←ホント門だけ)
です。 
脱衣場というと・・管理人詰め所の左側に屋根だけ
の建物がみえていますね。 そう、それが脱衣場
で扉も壁もありません (ぐはーっ !)
私が行った日は寒風が吹きすさぶ寒い朝でしたが
そこで服を脱ぐわけですよね。 もう湯船に入るま
での寒さといったらありません。 2月だといったい
どうなるんでしょうね (激寒)

きょうバイクではなく4輪で行った理由もそこにあ
ります。これがフロなしの企画ならまだバイクでも
何とかなりますが、この寒い時期に風呂へ入った
あとでバイクで何時間も走ったら、間違いなく湯ざ
めてしてカゼをひきそうです。



Cut20161210_2011_59

なお、入口から先は画像撮影禁止なので、自治体の
観光協会が発表している画像を借りて貼っておきます。
ご覧の通り 「 湯船 」 というより自然の岩を人口的に
加工した岩石風呂という感じです。

画像では湯船の先端から波打ち際 (砂浜でなく岩礁)ま
で少し距離があるように写っていますが、実際は5~6m
というところで、きょうみたいに風が強く波が高い日に
は大きな波がザザーンと来た時、しぶきが飛んできて
ました。

頭からしぶきをかぶりながら風呂にはいるなんて、お
そらく日本でもここだけなのではないでしょうか。 
露天風呂の先端と海の間には波を防ぐ防波堤や消波
ブロックなどがないため、荒天の日はたぶん閉鎖され
るのではないかと思います。
もっとも、眼前に広がっている海はガチの太平洋で
湯船など完全に飲み込むぐらいのハンパじゃない波
が来ますから、そうなったら露天風呂どころじゃない
と思いますが (汗)

さて、この崎の湯・・・雪の日は頭に雪が積もりながら、
雨の日は頭がぬれながらの入浴になりますね。 この
あたり、露天風呂マニアや温泉マニアにはたまらない
ところではないでしょうか。

ちなみに、入浴料金はひとり420円です、安い!! 
なお、かけ流し温泉でオーバーフローした分は海へ
流れ込むので、環境保全のためでしょうかせっけん、
シャンプーは禁止となっていました。

きょうはバイクではなく軽四での運行になりましたが、
この露天風呂行きで10数年来の懸案事項が解消し
ました (笑) 今度は2月とか雪の積もっているころに
行き「雪見露天風呂」 など試してみたいですね。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 7日 (水)

川端康成さん、会ってみると

おばんです!


皆さんは、一度も面識がない人でも名前だけでイ
メージが先行する、といったことはないでしょうか。

きょう私は取引先の人から「仕事を進める上で関
係のある企業の担当者を紹介する」といわれて
先方へ出向いたのですが、その担当の方名前が
なんと 「川端康成」 さんでした。

そう、あのノーベル文学賞受賞作家で文壇の
大御所・・あの人と字まで同じです。

ひょっとしたらすごく気難しい人が現れるのでは
ないか ?  文豪みたいな人が現れるのではない
かと思いドキドキしながら取引先へ出向いたの
ですが、待っていた川端康成さんはごくフツーの
若いニーチャンでした、あー、何か拍子抜け !(笑)

ご本人にうかがうと、初めて会う人には必ず名前
のことを聞かれたり、話題にされたりするとのこと。
そうでしょうねぇ、あの巨匠と同じ名なんですから。
若いころはそれがイヤでたまらなかったが、今で
は初めての取引先に行っても「文豪、川端康成」
の話だけでツカミは十分で、むしろ名前をつけて
くれた親には感謝していると話していました。


ちなみに私、今まで著名人と同姓同名の人
として・・・

・ 伊藤博文さん  (高校の同級生)
・ 野口英世さん  (取引先の人)
・ 岡田准一さん (取引先の人)
・ 中山美穂さん (同じゼミだった人)

・・・に会ったことがあります。 それぞれ著名人
の名と字までいっしょですが、皆さんごくフツー
の人でした (笑)
うーむ、名前も個性のひとつみたいなものですか
ら、それが自分にとってプラスをもたらすものに
なれば、これはこれで上々吉といえそうですね ( ! )


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 4日 (日)

鈴菌保菌者、やはり代車も

おばんです!


当ブログの管理人は、その前身のホームページ
を展開していたころから自他ともに認める鈴菌の
重度保菌者でした (笑)
いまはバイクがBMWに変わってしまったのですが
事あるごとにバイクイベントなどでスズキにかかわ
りを持ち続け、また「保菌者であるからにはスズキ
車を手もとに置いておきたい」 ということから、4輪
をスズキの軽四に乗り換えて今に至っています。



Mr1

いまのクルマは上の画像にあるMRワゴンです。この
スタイルのものはスズキが販売するのと同じ時期に
ニッサン名義でも販売されていて、そちらでの名前は
モコ・・・MRワゴンというよりモコのほうがずっと通りが
いいですね(笑)  実際、販売台数も本家のスズキよ
りモコとして売ったほうが多く、販売時の値引きも本
家よりニッサンのほうがよかったそうです(ぉぃ)

で、私のはシリーズの中でもターボエンジンを搭載し
た「スポーツ」というグレードで、エンジンのほかにい
ろいろいらない物を付けたため価格がコンパクトカー
なみに高くなってしまい、あまり売れなかったモデル
でした。 私は中古車を買いましたが、そうした背景
で新車を買うか? と聞かれたら・・・ええ、そりゃ間違
いなく 「No」 と答えます(笑)


で、今日はその軽四のATFを交換するため、クルマ
を整備工場に預けました。 ただ、実家の母親宅へ
荷物を持って行く用事があり、そのため整備工場
に代車の貸し出しを頼んでクルマを受け取ってみ
ると・・・



Mr3

なんと代車もMRワゴンスポーツなのでした、全然売れな
くて、走っていてもめったに出会わないスポーツに、こん
なところで出会うとは (笑) 
ちなみに、上の画像で左の銀色MRワゴンが代車、奥の
白いMRワゴンが管理人のです。・・・そう、色違いの同型
車ですね。ただショップの代車はチューンされていて、ル
ックスはノーマルですがメチャ速かったです (汗)

私は軽四を買うにあたって、今ふうの角ばったデザイン
の軽四は 「どれを見ても同じに見える」 ということで、
あえて数の少ない丸型MRワゴンを探して買ったのです
が、そんな少数派にここであうとは・・これも鈴菌の引き
でしょうか (笑)


ちなみに私は代車の引きが強くて、前に乗っていたBMW
のF800STを整備でディーラーに預けた際、その代車に
自分のもと愛車がきたことがありました。



Gsf1200s

右の紺色のバイクが当時の愛車、左のGSF1200
が代車としてきた元の私の愛車 (←ややこしいっ)
同型同色車がきたのではなく、自分が下取りに出
したバイクが代車にきたというわけです。これも
鈴菌の引きがいかに強いかということを示す一枚
かもしれまくせんね (笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年12月 3日 (土)

三輪155、やっぱり登場と

おばんです!


最近、大阪市内のビジネス街でヤマハの3輪スクーター、
トリシティを見かけることが多くなってきました。以前は
物好きそうな中高年のかたが(←失礼) ビビリ入りながら
走っているのを見る程度でしたが、最近は背広を着た
サラリーマンなどが外務に使うシーンも増えているみ
たいです。

そんな使い方の広がりのなかで、私てきに 「間違いな
く出てくるはず」と見ていたトリシティの150cc版が来月
20日から発売されるそうです。
やはりホンダのPCX150人気があるので、ヤマハでも
「150ccクラスの登場は必至」 というところでしょうね。

しかし今の報道にある情報では、155版は125のたん
なる排気量アップではないようです。出力は限られた
排気量の中で12ps→15psとアップし、燃料タンクや
収納スペースも増量されたということで、使い勝手も
125より向上していると思われます。
なにより155版ではABSが標準装備になっているの
が大きいです。安全装備充実をうたうホンダですか
ら、これは125版でも早いとこ標準装備とするべきで
しょう。


Tricity155_main

高速道路を利用するかどうかはともかくとして、125
以下にはいろいろと制限が多い、高速以外の自動
車専用道や国道のバイパスを制限なく走れるのも
大きいメリットだと思います。
排気量アップのほかにいろいろな改良が加えられた
トリシティの155版、これは実質的にお買い得車と
いってもいいんじゃないでしょうか。 実車発売と
インプレが待たれるところですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »