« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月30日 (日)

秋のびわ湖ツーリングへ行きました

おばんです!


10月の最終週に近づくにつれ、夏の名残み
たいな暑さもなくなり 「 そろそろツーリング
シーズンも終盤かな」 と感じるようになりま
したね。
そんな中、きょうは今シーズン2回目のびわ
湖ツーリングに行ってきました。



R0012941

私はびわ湖周回ツーリングをするとき、いつも草
津市側 (湖東側) から反時計回りで走るのですが
きょうはご一緒させていただくかたとの集合地に
湖西側の「道の駅 藤樹」 を選び、時計回りの周
回としました。
きょうは初めてご一緒させていただく方もたくさん
お見えいただき、コースも人もいままでとまた違
ったカラーのあるツーリングとなりました。



R0012945

上の画像の通り、定番コースも押さえております (笑)

しかし、私の企画するツーリングは天候に悩まされる
ことが多く、前日の夜まで翌日の天気予報を気にす
ることがよくあるのですが、今回は一週間前から今日
の予報は 「晴れ」 しかありませんでした。いつも天気
でやきもきする中、こういうケースは久しぶりです。

おかげで、少し肌寒いなか、秋の好天のもと一日楽し
くツーリングすることができました。
ご一緒させていただいた皆さん、おつかれさまでした。



では、後日UPする詳報をお待ち下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年10月29日 (土)

250でアドベンチャーときたか!

おばんです!


いやー、元気のなかったスズキ二輪が250
クラスでやってくれましたね。 「まさか、いわ
ゆるアドベンチャーというカテゴリーを250で
やるか !?」 という感じの新型車です (笑)



Cut20161028_2313_38

これはケルンショーではなく中国のバイクショーで
発表されたVストロームの250版、型式はDL250と
されているようです。
しかし、このアドベンチャというカテゴリーは例外を除
いて650クラスからがメインのところ、スズキは250で
やってくれましたね。 専用パニヤまで設けてもうヤ
ル気満々ですがな (笑)



Cut20161028_2313_01

ちなみにエンジンは元祖中華モデルたるロー
ドタイプのGSR250からの流用で、最高出力は
24馬力と発表されています。本格的なオフロ
ード踏破性を期待できるモデルではありませ
んが、ジェベルなきあとのスズキ250オフを埋
めてくれる貴重なモデルといえそうな・・・

いや、というよりも、250クラスでアドベンチャ
ーモデルを作ってしまった、スズキの「やって
もたモデル」 として、貴重な戦力になりそうで
すね (笑)  来年早い時期の国内投入が 待た
れるところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月26日 (水)

Y社 MT-09がマイチェンと

おばんです!


国内バイクメーカーの中で売れ筋大型モデル
を一番多く持っているのがヤマハだと思うの
ですが、その中でも一番人気といえそうな850
のMT-09がマイチェン、12月の下旬から欧州
で発売されるそうです。



Cut20161023_2125_44

ヘッドライトを従来の1眼から2眼に変えただ
けでガラッとイメージが変わりましたね。
フロントマスク変更だけで何だかカワサキ車
みたいになっています (笑) もちろんライト球
はこれからの主流になるLEDになっています。



Cut20161023_2124_53

今回は2013年の発売から初めてのマイチェ
ンになるとのことで、外装関係のみならず
BMWバイクのようなシフトアップアシストも装
備しているとのこと。MTシリーズの中核車種
でしかもクラス中の量販車種ですからY社の
力の入れ方もなかなかのようです。 この車
種をもってまた新たな客の掘り起こしにつな
がりそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月23日 (日)

近場プチツーで調整

おばんです!


大阪はこの土日とも「雨が降るのか降らないのか
わからない」といったハッキリしない天気でした。
薄日が差したかな、と思えば霧雨のような細かい
雨つぶが落ちてきたりして安定しません。

まあ、こんな日は遠出せず近くで軽く走って調整と
給油を、ということで、今日は近場を2時間ほど走
る「暖機&充電ツー」で走行を終えました。



Cut20161023_2001_23

走行が午前中ということもあるのですが、路側の
気温表示板はずっと15~17度を示していました。
そろそろツーリングも秋本番というか晩秋のツー
シーズンに入ってきましたね。
来週はもう実質10月の最終週です。 本格的な
寒さの前に「快走できる最後のひとっ走り」を
楽しんでおきたいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月22日 (土)

カワサキ飛燕展示、何か違うのでは(^^;

おばんです!


皆さんも新聞等でカワサキが創立120周年を迎え、
神戸市で記念特別展示をしていることをご覧にな
ったことがおありと思います。
そのカワサキが今回特別展示したのが、第2次大
戦中に製造した陸軍機「飛燕 ( ひえん )」のレスト
ア実機です。



Cut20161022_0907_06

ゼロ戦などの星型エンジンを積んだ空冷機と違い、
水冷(液冷)V型エンジンの飛燕は機体前端がび
っくりするぐらい細いですね。

私たちが知るカワサキはバイクメーカーであり新
幹線の電車を作ってるメーカーというイメージで
すが、その実態は戦前からの軍需企業でいまも
航空機や艦艇をつくり防衛省へ納品している日
本有数の大軍需産業です。
今回の展示もこうした背景から機種選定されたの
だと思うのですが、別の画像で気が付いたのは・・・



Cut20161022_0906_09

飛燕のかたわらにH2Rも展示されているではあ
りませんか (!) 展示物としては大きさがあまりに
も違いすぎ、ぜんぜん対比させる展示になって
いません (笑)

飛燕とH2R、おそらく「開発当時に双方とも最速
をめざした」ということを強調したい展示なのでし
ょうが、飛燕がいかにすぐれた工業製品であっ
たとしても、これは「兵器」にほかなりません。
平和の象徴でお道楽の見本といえる570万円の
H2Rと並列展示するのは、とんでもなくムリがあ
ると思うのですが、カワサキ当局の解釈や意図
たるや、どういうものがあるんでしょうねぇ ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月19日 (水)

燃料タンクをチタンで

おばんです!


先日「お寺の屋根をチタンで」という試みをご紹介し
ましたが、バイクやクルマの部品ではいまや珍しく
なく導入されているチタン・・・ でも使われる部分は
だいたい決まっていましたね。 これからは新しい
用途に注目が集まるわけですが、ホンダがモトクロ
ッサーCRF450Rの燃料タンクに、世界で初めてチタ
ン材を導入するそうです。

従来ですとモトクロッサーの燃料タンクはプラスチッ
クが主流でしたが ( 私のバイクもそう ) ホンダは成
形のかげんや溶接などの加工性をくふうし、新日鉄
が生産するチタンの導入を決めたそうです。

ちなみに、チタンを使うと鉄より軽くしたうえで同じ強
度を保てるとのこと。今回のCRF450Rのタンクでは
プラスチックのタンクよりも軽く仕上げたそうです。
新素材、また新加工法の開発で、これからは「え、バ
イクのこんな部分にもチタンが!?」という使い方がさ
れるようになってくるかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月16日 (日)

GSX-R125もいいが、その前に

おばんです!


さきに開かれた世界最大規模のバイク見本市
インターモト・・開催地名からケルンショーと呼
ぶほうが通りがいいかもしれませんが、今年も
各メーカーから新規ラインナップ車や重点取り
組み車などが発表されていましたね。

そんな中でスズキもR1000をホント久しぶりにマ
イチェン、200馬力を超えてしまったエンジンと
新トラクションコントロールでひときわ高い商品
性が期待できるところですが、前からずっと期
待してた小排気量スポーツモデルはというと・・・


Gsxr1252

当然、R25やニンジャ250に対抗できる新型250ス
ポーツが発表されるものと思っていたら、新たに
デビューした末弟というべき125・・・小排気量の
目玉はGSX-R125でした (^^;;



Gsxr1251

このR125、もちろん新設計でABSやスマートキー
システム (キーレスエントリー) を標準装備し、
それなりに力は入っているのですが・・・



Gsxr1251_2

ううむ、スズキさん。いま市場にチャンスがあって
優先して開発、投入するべきは250クラスのスポ
ーツモデルのはずですが、なぜ先に125なんでし
ょうかねぇ。
先行しているCBR250R Y25 ニンジャなどに中華
ツーリング車のGSR250が商品として対抗できな
いのはスズキ自身が一番よくわかっていると思う
のですが (汗)

まあ、次は250が出てくるものと思って、先行3社
の250スポーツを上回るものの登場を期待する
ことにしましょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月14日 (金)

南海部品、販促でキレた?

おばんです !

いまは秋のツーリングシーズン真っ只中・・・それ
に合わせて二輪用品の量販各社も秋の販売セー
ルやライダーズミーティングなどの販促を行って
いますが、いつもこの時期にツーリングキャンペ
ーンなどを行っている南海部品からも販促のハガ
キが来ました。今日はセール開始から約1週間です。

同社の販促ツールはいつも開くタイプのハガキ
なのですが、今年はなんとA4サイズのチラシが
送られてきました。



R0012921

一面がA4の版手で、開くようになっているのでA3
になります。 さらに3つ折り状態になっているので
A3にA4をくっ付けた大きさに。 
ううむ、豪華な見栄えで他社販促ツールとの差別
化をはかろうということでしょうか。



R0012919

まあ、値引率としてはいつも並みというとこなん
ですが (笑) 驚いたのは「このチラシを持ってき
た南海会員本人には、500ポイントを下付する」
とサービスです。

いつものセールだと、何か買った時に100ポイン
トを加算して付けるか、無条件でポイントが下付
される時も50ポイントがつく程度だったのですが
今回は500ポイントを下付するとあります。同社
のポイントは最低500ポイントから使える(500円)
ので、今回のセールはいきなり使用可能額が
下付されるということですね。 いやー、南海部
品の長い販促歴のなかで、こんなのあったでし
ょうか (笑)

おそらく、バイク市場の縮小と同じペースで用
品市場も縮小するなか 「 ヨソと同じようにチマ
チマやっててもあかん」 ということになったの
でしょう。こういうユーザーフレンドリーな試み、
これからもどんどんやってほしいですね。

# あ、あかん、 チラシを見ていると、また物欲
 がわいてきました (ぉぃ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月11日 (火)

福井県へいきました @K1200S

おばんです!


先週まで最高気温が30度を突破し「10月な
のにどうなってるんだ !?」 という感じでしたが
ここに来ていっぺんに季節が進んだ感じが
しますね。 まあ、これで平年並みということ
なのでしょうが、それだけ今年の暑さは長く
て厳しいものだった、といえそうです。

そんな中での10月体育の日の3連休・・・皆さ
んどうお過ごしだったでしょうか。

私は3連休中、どこへいってもクルマクルマ
のためマイペースで走れないものと見てツ
ーリング予定を入れず実家で家の補修作業
などをしていました。
しかし、すっきりしなかった天気も連休最終
の3日目には晴れてくるということで 「こりゃ
バイクに乗らなきゃいけない」とあわてて自
宅に帰り、その勢いで福井県まで単独ツー
に行ってきました。



R0012928

出る前にはまだ霧みたいな雨が降っていて2時
間ほど雨待ちし、出発したのは午前10時すぎ・・・
路面完全ウェットで出発したのですが、近畿道
へ入る頃には路面もドライになり、あとは雨に
遭うこともなく福井のほうを回って帰宅しました。

気になっていた高速道路での渋滞も、一時的に
流れが悪くなる程度で大渋滞まではいかず、
全行路を通じてまずまず快走できたところです。

しかし、さすがにこの時期になると走っていて
汗をかくこともなくなりましたね。 ようやく落ち
着いてツーリングが出来るようになりました。
こんなバイクにとっていい時期も、もう今月と
来月半ばぐらいまででしょう。 ここは天候の
許す限り乗って秋のバイクシーズンを楽しみた
いところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 8日 (土)

秋の3連休後半入りへ

おばんです!


シルバーウィークに続いて体育の日のお休み、今日
がお休みで3連休という方も多いでしょうね。 あいに
く天気が悪いようですが、かたまった休みを使って何
かまとまったことをするにはちょうどいいタイミングだ
と思います。 私も実家の小修理のため明日あさっ
ては実家に逃走させていただこうかと、次の登場は
11日・火曜になるかと思います。 旅行などで移動さ
れるかた、お気をつけてどうぞ !


しかし報道であった通り、HとYの提携にはホント驚き
ましたね。 まあ原付部門に限ってということながら、
かつてはHY戦争といわれる販売合戦をくりひろげ、
双方とも提携するなど絶対ありえない2社でしたが、
今回の提携はかつてあったスズキとカワサキの業
務提携みたいな生ぬるいものではなく (笑) ほんと
ガチの提携へと進むようです。

現在の販売台数からして開発余力や製造コストを
勘案するなか、利幅のない原付クラスは時代の流
れからそうせざるを得ないということでしょうね。 
いくぶん性格は異なりますが、ほぼ同時に報道さ
れていた富士通パソコン事業がレノボに吸収 ( オモ
テ向きはあくまで提携 ) されることとあわせ、それ
ぞれに感慨深いものがある提携のニュースだと感
じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 5日 (水)

セルフのGS、国内で9700ヶ所に

おばんです!


皆さんはバイクの時でも4輪のときでも、給油に
セルフのスタンドを使ってられるでしょうか?
私は燃費計算をするのに、自分で給油するほう
がいつも同じ条件で給油できること。またキャッ
シュレス、カードレスのスピードパスが使えるの
が魅力で、いつも家の近くにあるエッソのセルフ
店を使っているのですが、エネルギー関連の調
査機関によると、国内にあるセルフのスタンドが
今年3月末で9700ヶ所を超えたそうです。

セルフ給油の解禁は1998年4月だそうですが、
この3月は対前年同月で約200店の増加という
ことで、国内でのセルフスタンド普及率が30.1%
に達したとのこと。 府県別に高普及率のところ
をみると神奈川県がもっとも高く46.7%に、ついで
埼玉県も45.2%に達するそうです。

私の住むエリアでも昔からある家族経営のよう
なガソリンスタンドは次々に廃業し、少し離れた
ところにセルフのスタンドが開業するケースがあ
りますから、セルフ化の波はこれからますます
強まってくると思われます。
今後はユーザーもセルフ店か有人給油かでは
なく、同じセルフ店でも使い勝手のよい店・・・
つまり、左右どちらに停めても給油できる機器の
ある店とか、支払に札だけではなく小銭が使え
る店など、使い勝手や付加価値でスタンドを選
ぶ時代になっていきそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 2日 (日)

京阪電車、プレミアムカーで差別化と

おばんです!


東京では、品川から横浜の間でJRと京急の路線
がガッチリかぶっていますね。 この間では京急
が最高速度120km/hで運転してJRに客を持って
いかれないよう必死の体制を取っていますが、
同じように関西にもJRと私鉄で路線がかぶって
いるところが何ヶ所かあります。

その中でも大阪と京都の間にはJR、阪急電車、
京阪電車の3社があって、昔から都市間移動の
客や観光で訪れる客の取り合いをしているので
すが、そんな中の1社・・・京阪電車が有料座席
を備えた「プレミアムカー」なる車両を導入する
そうです。


Cut20161002_1606_27

この区間では3社が競合する関係で、今までは
私鉄の特急でも特別料金を取る列車を走らせて
いなかったのですが、大阪側の始発駅が淀屋橋
や中ノ島で「ちょっと外れている」ハンデを背負っ
ている京阪では戦術を転換。
始発駅の利便性やJRのような130km/hが出来
ないぶん、「追金を出せば必ず座れますよ」の
快適性を打ち出すようです。今の計画では特別
座席料金を470円にする予定とのこと。



Cut20161002_1607_41

今のところの案では、専用の列車を走らせるの
ではなく、8両編成になっている従来の特急の
1両をそれ用車両に改造して対応するとのこと。
つまり、最低限の投資でデラックス効果を狙お
うと心積もりのようです。

この大阪京都間の客の取り合いは今までいろい
ろなサービス提供がありましたが、この「一両だ
けでも有料化」は、今までにない思い切った策だ
と思います。ただ、1時間も2時間も乗る電車では
なく、せいぜい30~40分乗るだけのものですから、
座れるなら従来型の車両に乗っても全然支障は
なさそうな・・・(笑) このあたり、観光客や都市間
移動で使う関西人がどういう反応を示すか、今
後注目してゆきたいところですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 1日 (土)

ユースホステル、宿泊者増と

おばんです!


ユースホステルと聞いて懐かしさを覚えるのは
やはり当ブログ管理人と同世代の方でしょうか。
安く宿泊できるということで、若者の利用を中心
に1970年代に隆盛をきわめたユースホステル
ですが、その後は若者人口の減少はもとより
宿泊施設やスタイルの多様化もあって、最近
は利用者数が年々下がり続けていました。

しかし、直近2015年度には対前年6%増加の
年間宿泊者数40万人台を回復したとのこと。
この要因は、皆さんもうすうすお気づきの通り
外国人観光客の増加によるものだそうで、外
人の宿泊比率は今や全利用者の1/4を占め、
対前年27%と急増しているそうです。

ユースホステルの利用者数はピーク時1970
年代には年間300万人近かったものの、2011
年の底の時期には37万人代まで減少したと
のこと、よって今は少し上向いたところといえ
そうです。4年後、東京五輪開催に向けての
新たな宿泊先確保ということで、ふたたびユ
ースの活用に注目が集まってくるかもしれま
せんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »