« 胃のバリウム検診、今年の展開は | トップページ | K1200Sの定期点検終了 »

2016年7月23日 (土)

今度はノドの内視鏡騒ぎ

おばんです!


ひとつ前のスレッドでは昨年の十二指腸ポリー
プに関する内視鏡診断についてふれましたが
今度はノドの内視鏡騒ぎが・・・喉頭内視鏡とい
うもの(咽頭ファイバー)を飲んで検査を受けて
きましたので自分の備忘も兼ね記しておきます。
なお、今回はグロい画像はありません。

今回は声のかすれがあって、声帯にポリープな
どがあるのかと思い医者へ行ったわけですが、
結論を先に書きますと、画像による医者の判定
結果は「 特に問題なし」 ということでした。


きっかけは、4月ぐらいから声のかすれが気に
なっていたことでした。 
話し言葉が全くかすれてしまったり、ガラガラ声
やダミ声になるのではなくて、言葉の最初の部
分を意識して強く発声しないとかすれてしまう・・・
という感じです。

例えば 「 私は当サイトの管理人です」という
言葉を発する時、普通に発声するだけでは
「私は当サイト・・・」のあたりまで、声がかすれ
て聞こえるか聞き取れないか、という感じにな
ってしまいます。
もちろん、最初から「 声がかれるから」 と自分
で意識して話し始めれば、ふつうに話し始めら
れます。 でも、日常生活のなかでいつも自分
の言葉の話し始めなど気にしてられません (^^;;


まあ、気にしなければ日常で困ることなど会社
での会議の時ぐらいなんですが、それにしても

・ ふだんの生活で大きな声を出したりのどを
  酷使したことがない。また人前で講演など
  をする職業でもない

・ 会社は多少空気が乾燥しているとしても、ク
  ーラーが特に強いということも なく、どこに
  でもある職場環境である。

・ 今どきでは当たり前の禁煙職場で、私自身
  も今はタバコを吸わない。(6年前に禁煙)

・・・という特にノドに悪いことがない状況なのに
なぜ声がかすれるんだろう、という疑問もあり
今回の咽頭内視鏡 (咽頭ファイバー) 騒ぎに
なったところです。
また、声がかすれるようになった時期とほぼ
同時に鼻がムズムズしたりくしゃみが止まら
なくなることがあったので (今も続いてます)
それとの関連についても聞きたいと思ってい
ました。


今回は胃カメラのときみたいに紹介状をもらっ
て最初から大きな病院へ行くのではなく、家の
近くにある設備の整った耳鼻科へ行きました。
普段の生活のなかでは意識していなかった
のですが、耳鼻咽喉科って探してみると意外
と少ないものですね。

診察はベテランの先生でテキパキ進みます。
最初は小さな鏡のような器具をノドの奥のほ
うへ入れて、上から目検します。
「うむ、ポリープが出来ていたり腫れ物があっ
たりっということはありませんな、では鼻から
ファイバースコープを入れて直接見てみまし
ょうか」とのこと。

下準備として薬剤を吸入したりうがいをしたり
ということはありましたが、胃の内視鏡を飲む
時みたいなタイソウな前フリはありません。
器具は胃の内視鏡よりずっと細い、直径が
3mmぐらいのファイバーで、先端に照明があ
ります。 これを鼻から通していくのですが
ふつうにイスに座った姿勢のまま先生がゆっ
くりファイバーを送っていくので、少し鼻がつん
とする感じはあるものの、痛みがあったりくし
ゃみが出るといったことはありませんでした。


画像はモニターにリアルで表示され、固定画
も撮れるようになっています。自分にはモニタ
ーが見えないのですが、鼻がつんとしてから
5~6秒で内視鏡が声帯まで達したようで、
先生の手が止まりました。

声帯の周辺に問題がないか先生は画像で確
認をしているようです・・・せいぜい10秒ちょっ
とだったと思いますが、その時間がものすご
く長く感じました。

先生いわく、
「 少し炎症があるようですが、特に問題ない
です。ポリープやら腫れ物やらありません」
とのこと。
ここからゆっくりファイバースコープを戻し、
痛いとかかゆいとかいうことは全くなく
胃の時よりずっと簡単に内視鏡検査は終わ
りました。

ここでノドの中の動画から固定画を作っても
らったのですが、さすがにグロいのでここへ
貼るのは控えます (笑)
声帯に軽い炎症が見られるのは、ずっと具
合が悪い鼻からの鼻水流れ込みが影響あ
るかも、とのことでしたが、それと声のかす
れは 「 直接のかかわりはわからない」という
ことでした。 
ただ、発する息に勢いがなくなるとしたら、
なにか原因は・・・と聞いたところ
「それは加齢ですね」 と一刀両断にされま
した・・はあー、結局そういうことですか(笑)

あとはノドの酷使を避けること、ノドを冷やさ
ないこと、空気の乾燥に注意すること、など
一般的な注意を聞いて病院を後にしました。
特に問題なしと聞いて、気分的にも少しす
っきりしたところです。 先生は「声の出にく
いときは腹式呼吸を心がけるとよい」と言っ
てましたので、これからは発声法を考えな
がらノドをいたわる生活をするように心が
けましょうか(^^
  

|

« 胃のバリウム検診、今年の展開は | トップページ | K1200Sの定期点検終了 »

日常のいろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2096976/66648622

この記事へのトラックバック一覧です: 今度はノドの内視鏡騒ぎ:

« 胃のバリウム検診、今年の展開は | トップページ | K1200Sの定期点検終了 »