« 不合格→再挑戦システムって(^^; | トップページ | 1~3月で走行800kmと »

2016年3月24日 (木)

路面凍結をセンサーで把握

おばんです!


いやー寒い! 少し前には最高気温20度台の日が
あったのに、今日の大阪の夕暮れ時以降は冬に
逆戻りしてしまったような寒さですね(^^;;
これだけ寒いと早朝など3月の下旬であっても路
面の凍結などを心配してしまうのですが、そんな
路面状態を実際に踏む前にセンサーで検知する
技術をブリジストンが実用化したそうです。

このセンサーはタイヤ空気圧のセンサーのように
タイヤ内へ貼り付けるもので、加速度センサーに
よってタイヤの振動する波形を拾い出してデータ
を送信、それをもとに路面状態をドライ・シャーベ
ット状路面・凍結状態など路面状態を7段階で把
握する仕組みとのこと。まずは高速道路会社が
所有する巡回車両に導入して管理業務に活用
するそうです。

凍結状態の確認ということで、きっと路面温度を
測定して検知するのだろうと思ったのですが、
路面状態による振動の違い着目とは驚きです!
今はまだ業務用途での使用ですが、ブリジスト
ンでは今後一般車への導入も考えてゆくとのこと。
今までは気象予報とか路面表示などに頼ってい
た凍結の情報も、近いうちにリアルタイムの高精
度情報として得ることが出来そうですね。

|

« 不合格→再挑戦システムって(^^; | トップページ | 1~3月で走行800kmと »

日常のいろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2096976/64626099

この記事へのトラックバック一覧です: 路面凍結をセンサーで把握:

« 不合格→再挑戦システムって(^^; | トップページ | 1~3月で走行800kmと »