« 統計調査、やはり不正提出が | トップページ | Y社、オーディオとバイクでコラボと »

2015年10月12日 (月)

「余呉町柳ヶ瀬」はどんな所 ?

おばんです !


9月の5連休に続く今回の3連休、皆さんいかがお過ごしで
したでしょうか。 私は実家へ帰っていたのですが、今日は
思い立って滋賀県のほうへ行ってきました。キホン私は
3連休などどこへ行っても渋滞が予想される時はバイクに
乗らないのですが、今日は「出るなら早く出て早めに帰っ
てくる」で行ってみました。

向かった先は滋賀県の長浜市・・・そう、先月末に奥びわ湖
ツー近くへ行ったばかりなのですが、今日はその近所で
別件がありました。

関西にお住まいのかたは、冬の降雪シーズンになるとニュ
ースで 「 滋賀県の余呉町柳ヶ瀬では、積もり始めからの
積雪が1m80cmを越え・・・」 と伝えられているのを聞かれた
ことがあると思います。
多いときだと、寒波がくるつど 「余呉町柳ヶ瀬では・・・」
と報道していますので、私も今まで柳ヶ瀬って一体どんな
ところだろう?  滋賀県なのに信州のような激寒地帯が本
当にあるのだろうか? ・・・とずっと思っていました。
いちばん過激な時には、積雪が2m50cmにもおよんだとか。

 
そんな時、この秋の寒さも来週は少し進んで、北海道では
平地でも雪が積もる見込み、と報道されていましたので、
今回は寒くなる前にぜひとも柳ヶ瀬を見ておこう、と思い
立ち、けさバタバタ用意して滋賀へ向けバイクを走らせました 

ちなみに、少し前まで余呉町柳ヶ瀬でしたが、地方交付税
ほしさに自治体が合併したため、今は長浜市柳ヶ瀬になっ
ています。場所でいうと北陸本線の木ノ本駅から、国道365
号線を10分ほど北上したところになります。
私は豪雪地帯と聞き、なにもない人跡未踏の荒地のよう
なところをイメージしていたのですが、最寄りの幹線鉄道
の駅からたった10分の所にもそんなえげつないところが
あるんでしょうか?

さっそく滋賀へ向けてバイクを走らせました。
長浜市はツーリングでよく通りますし、会社の会議を
長浜市内のホテルでひらくことがあるので、滋賀県の
中では土地勘があるところです。
もちろんお得意の下道攻撃で行きました(笑)



20151012_083308_24554

柳ヶ瀬へ向かう国道365号線・・・ズバーンと見渡す限り
一直線の道が続きます。
それもそのはず、この国道はなんと線路の跡を拡幅舗
装したもの・・・元の線路だと思えば納得いく感じですね。 
かつてはここに国鉄北陸本線が通っていたのですが、
単線運転のうえ勾配区間が続いて輸送上のネックになり
事故も多発したため別の所に線路を付け替えたとのこと。

そのあと、ここを通っていた旧の北陸本線は柳ヶ瀬線と
いう名で支線として生き残ったのですが、昭和30年代
には不人気路線となって廃線になったそうです。

つまり柳ヶ瀬は 「 関西でも有数の豪雪地帯」 で、
なおかつ 「 かつては国鉄も走っていた廃線跡」 という
ことになりますね。



Ts3y0630

これが現在の長浜市柳ヶ瀬です。 このバス停の待合所の
ある場所が、北陸本線の柳ヶ瀬駅ホームのあった場所だ
そうです。 つまり、私のバイクの写真はホーム上で写した
ものですね (笑)



20151012_083400_25074


待合所の位置関係がわかる画像を貼っておきます。
画像の奥へ向けまっすぐに伸びる道が旧の北陸本線で、
待合所のある位置がホームだったと思ってみるとわか
りやすいですね。

で、柳ヶ瀬に立った感想ですが、もより駅からバイクで
10分ほどの所ですので、「 豪雪地帯 」 といった印象
は全くありません。またそれらしい造りの家もなく、
ここに本当に2m50cmもの雪が積もるのだろうかと
いう感じです。 まあ、2月ごろになって寒波が襲来し
た時に来ると、まったく印象が違うのでしょうね。

しかし実際に柳ヶ瀬へきてみて、柳ヶ瀬線が廃止され
た背景というのがわかりました。 集落の名称を路線
名に採用するほどの人口や集客力はなく、いくらかの
家が軒を連ねているだけの寒村です。(お住まいの方
すいません^^;)

大幹線である北陸本線の一部としてなら存在価値が
ありますが、この集落と前後の集落だけをターゲット
としても、鉄道事業としては成り立つはずもないとこ
ろです。



Ts3y0631


きょうはずっと 「 どんな所だろう どんな所だろう」 と子供のころ
から思い続けてきた柳ヶ瀬のなぞが解けてちょっとスッキリしま
した。 今の柳ヶ瀬は上の画像のようにバスが一日7本になっ
ています。 これからの積雪時、バイクは無理ですから一日7本
のバスをうまく組み合わせて、集落なのにスキー場なみの雪
が積もる長浜市柳ヶ瀬をたずねてみたいところですね。

|

« 統計調査、やはり不正提出が | トップページ | Y社、オーディオとバイクでコラボと »

ツーリング、プチツー」カテゴリの記事

日常のいろいろ」カテゴリの記事

コメント

柳ヶ瀬ではアメダス設置前の大豪雪年の
1936年や1945年には4m前後積もったようで。国鉄の旧柳ヶ瀬駅の観測では1963年に
345㎝。1981年の国土交通省の観測で350㎝
の記録があるみたいです。その年は他に440㎝
との報告もありました。

ちなみに余呉町で一番積もる集落は柳ヶ瀬では
なく中河内で柳ヶ瀬で250㎝の時は4mの積雪
でした。


投稿: あ。 | 2015年12月 6日 (日) 10時51分

ご教示ありがとうございました。
柳ヶ瀬とその周辺って、滋賀にあっても
冬は東北や北陸なみの過激エリアのよう
ですね。
1963年の降雪量…昭和38年ゆえサンパチ
豪雪と呼ばれてたいへんな雪害だったと
聞いたことがあります。
中河内集落というと、椿坂峠を越えた
旧余呉町でも一番奥の集落ですね。
近くにスキー場がある土地柄とはいえ
人の住む場所で積雪4mは過激です(汗)

投稿: Ts@管理人 | 2015年12月 6日 (日) 21時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2096976/62018836

この記事へのトラックバック一覧です: 「余呉町柳ヶ瀬」はどんな所 ?:

« 統計調査、やはり不正提出が | トップページ | Y社、オーディオとバイクでコラボと »