« 十二指腸ポリープで内視鏡検査を受けました (2) | トップページ | 大井川鉄道、借金35億円を棒引きに »

2015年10月 4日 (日)

十二指腸ポリープで内視鏡検査を受けました (3)

おばんです!


今日は十二指腸ポリープ内視鏡検査の3回目です。
精密検査をする病院へ行き内視鏡検査を受けます。
この3部作 (?) の最終回です。


-------------------------------------------
検索で来られた方へ

このブログはバイク乗りのオヤジが日常のことを書き
綴ったものです。
今回は胃の集団検診( バリウムを飲む胃がん検診)を
受けた時、十二指腸ポリープということでひっかかり、
精密検査(内視鏡検査)を受けた その体験談です。

(体験談3回のうちこの回は3回目です)

-------------------------------------------

今回はいよいよ精密検査をする病院へ行きます。
流れとしては、

・ 借りたレントゲン画像を見せ最初の診察を受ける

・ そこで予約を取り、後日内視鏡検査を受ける

・ 別の日に検査結果を聞きに行く

・・・となります。



まず、どの医療機関で精密検査を受けるかを決めます。
内視鏡検査とか精密検査いうと、地域の大きな拠点病
院や大学病院で受けるイメージですが、実際のところ
内視鏡の設備は個人病院でも備えているところがけっ
こうあります。
こうしたところは予約などで小回りが利き、検査や結果
発表などで何度か病院に出向く時も自宅近くのところを
選べば便利がいいと思います。

いろいろ考えたのですが、私は近くにある大型の医療施
設で受けることにしました。 大手だから設備が整ってい
る、とか言うのではなくて、ここが内視鏡検査を行ってい
る一番ちかい病院だったからです。
大手ではもうひとつ・・・近くに近畿大学医学部の付属病
院があるのですが、こちらは紹介客などで混んでいそう
なのでパスしました。 ただ、私の住む地域ではこの医学
部付属病院が設備面でもっとも充実していて、じっさい
兵庫県や奈良など他府県からの来店客も多いそうです。



ここでまず迷ったのですが、十二指腸ポリープって何科で
診てもらえばいいのでしょう ? (笑)

仮にそれを手術して取るということなら文句なく外科でしょ
うが、最初に診てもらうのは内科でしょうか ?
大きな病院だと消化器科というところがありますね。
また、消化器内科とか消化器外来とかを標榜している
病院もあります。 
わたし的に、食道から胃を通って腸へ行くまでは食べ物を
消化するんだから消化器科でよかろうと思い、また病院の
ホームページを見るとそんな感じになっていましたので
消化器科へ行くことにしました。 

まずは消化器科のアプローチ的な診察で借りてきたレン
トゲン画像を見せてだいたいの見当をつけてもらい、
そこで内視鏡検査の予約をする、という段取りです。

病院のホームページにある消化器科の外来診療のページ
を見ると、週に3回 「 初診日 」 が設けられていたので
その日に行けばよいのだろう、ということで予約せず
飛び込みで行ってみました。



Ts3y0617


上の画像は医療ものドラマの始まる時の絵ズラみたい
ですが (笑) 私が実際に行ったリアル病院です。
多くの診療科目が書かれていますが、目的の消化器
科が案内の上から3段目・・・ 「 がん疾患センター 」
という部署に書かれているのがイヤですね (汗)

っで、初診受付専用カウンターで紹介状と画像の入った
CDを渡して検査を受けたい旨をつげ、予約を取って
もらったうえ消化器科へ行きました。
今日は初診患者を集めて診る日に当たっていて、9時
からの診察開始というなか私は3番目です。

初診担当は若い先生で 「 ああ、十二指腸ポリープで
すか、ハイハイ、じゃさっそくレントゲンを拝見しましょう」
と手馴れた感じです。
まあ、そうでしょうね。 毎日こういう客を何人もさばいて、
画像を飽きるほど見ているのですから。
先ほど初診受付で預けたCD-Rは受付した部署で
病院のLANに読み込まれているようで、すぐにレン
トゲン画像が表示されました。


・・・・



・・・・



・・・・



先生は画面を見たまま、何も言いません ( 汗 )
何度か画像を変えてスクロールしたりするので
すが、やはり何も言いません。




・・・・






D0000007



シロウト目には何もないように見えるが、これは
大問題があるのだろうか ?




・・・・・




もう、沈黙に耐えられなくなって 「 先生、いかがな
ものでしょうか 」とこちらから声をかけました。



先生いわく
「 Tsさん、十二指腸ポリープということですが、この
レントゲンの上だけでは、大きな変化が見られる部
分やここっていう部分がはっきりしないんです」 との
こと。



はぁー、びっくりした。
診察中に妙に沈黙するのはやめてほしいですな  (汗) 
こういう場合、ウソでも「いやー、大丈夫でっせ よっぽ
ど悪けりゃしっかり写ってますから」 というぐらい言って
ほしいものです (^^;;

けっきょく、画像では判然としないが、検査機関の医者
や技師がレントゲンを撮っている際のリアルタイム画像
を見ている時、何か気がついたことがあるのかもしれ
ない、ということでした。
そこで 「せっかく来たんだから内視鏡の予約を 」という
ことで (ぉぃ) 血液の検査をされたのち2日後の同じ時間
に来院となりました。



////////  ///////// ////////  /////////





2日後・・・朝から絶食して病院に行き、受付を済ませてから
直接内視鏡室へ向かいます。


Ts3y0619

しかし、病院の廊下ってなぜどこの病院も薄暗いんでし
ょうね。 上の画像など朝の9時前なのにホント気分が
落ち込むような暗さです。 陽光のふり注ぐような明る
い病院っていうのは出来ないんでしょうか? 
それだけでもハッピーな気分になり、治りの早くなる
患者が出てくると思うんですが。

内視鏡室について診察表などを出し、9時の開始を待
ちます。 ここは胃の内視鏡と大腸の内視鏡を扱うとこ
ろで、9時前には胃の客が私を含めて2名、大腸のほ
うが5名ほど集まりました。


Ts3y0620


この先は画像が撮れませんからタイムスケジュールを
記しておきます。

9時3分 部屋へ呼び込まれる

9時5分 胃の中をきれいにする水薬を飲む

9時6分 ゼリー状のノドの麻酔薬を口に含む。ノドの奥近くに
      薬を置いておくイメージ →口の中がしびれてくる
     (この薬は5分後に吐き出して捨てる)

9時15分 内視鏡設備のあるブースへ入る

9時16分 肩に胃の動きを抑制する注射を打つ

9時19分 内視鏡担当の先生が来て注意事項を聞く
      スプレー状のノド麻酔薬を吹く

9時21分 内視鏡を飲む

9時28分 組織検査のため十二指腸ポリープをつまむ

9時29分 内視鏡を抜き出し終わり (飲んでいた時間 8分10秒)

9時35分 口をゆすいだり預けていた荷物を出し内視鏡室を出る。



ざっとこんな感じで、入室してから退出するまでが32分、
そのうち内視鏡を飲んでいた時間は約8分でした。
ふつう、特に問題のないかたなら、内視鏡を飲み込ん
でいる時間は5分~15分程度だと聞いています。 

内視鏡を初めて飲んだ感想ですが、もっと苦しくて大変な
ものだと思っていたのですが、意外や思っていたより飲み
やすく、私の場合苦しいという感じは全くなかったです。 
もちろん、おぇっ、となる時はありますが、それはファイ
バーが舌の奥の方を通って行く一瞬だけで、ノドの部分を
通ってしまえば麻酔も効いていますから、ケーブル状の物
がノドを通っている感覚はありません。

まあ、ファイバースコープが体の中で動いているのですか
ら落ち着かない感じはありますが、どこかが痛いとか引っ
ぱられたりする感覚は、私の場合全くありませんでした。

このあたりは取り扱う先生の技量にもよると思います。
私を担当してくださったのは、また若い男の先生でしたが、
数をこなしてファイバーの扱いと客の扱いには熟練なさっ
ているようで、先生から 「 じゃ今からノドを通りますから、
ゴックンと飲み込む動作をして下さいね 」といわれて
ゴクッとした時には、もうスコープはノドの奥を通り過ぎて
いて、吐き気も何もありませんでした。

正直、私にとっては内視鏡よりバリウムを飲んで台の上
でグルグル回されるあの検診の方が、よっぽどキツい
です (汗) 
実際のところ、バリウム検査のあと気分がすっきりしなく
て調子が悪く、あと2時間で定時なのに半休を取って
帰ったこともあるほどです。


で、けっきょく約8分の内視鏡検査で見つけた十二指腸
のポリープは2mm以下の小さなものが1つで、先生いわく、
まず心配のないものだが、内視鏡検査は今回初めてと
のことなので病理検査しておきましょう、とファイバーの
先端から鉤の手みたいなものを出して十二指腸の壁を
少しつまみ取りました。 もちろん痛いとか、チクッとする
などの感覚は全くありません。

あとは食道などの様子を見ながらファイバーを戻します。
私の場合、前述の検査のための組織サンプリングから
ファイバーを口から抜き出すまで40秒でした。

私が内視鏡検査で大きな病院を選んだのは、家から近
かった事はもとより、大きい店ほど医者が内視鏡の扱い
に慣れているだろう、と思いがありました。

前述の通り、今は小規模な病院や個人病院でも内視鏡
を備えているところは多いですが、週に何人かそういう
客を撮って診ている医者に比べて、毎日8~10人の客を
次から次へと扱って、いろいろな症例を見ている医者の方
が、腫瘍やガンなど毎日というぐらい目にしてるでしょうし、
機器の扱いにも慣れているでしょうから、開業医より年齢
は若くても職務スキルでは劣らないと見たからです。

この検査で私を担当して下さった先生も、まさにそうい
う感じでした。 この先生のサクサク進める仕事ぶりと
「 Tsさん、十二指腸ってガンが出来にくいんですよ 」
「 うん、これは心配ないですが、念のため検査に回し
ておきますよ 」 という言葉で、どれだけモヤモヤが
解消したかわかりません。ホント良い先生に当たるの
が検査を快適に進める大きなポイントだと思いました。

ひとまず2時間ほどは飲食しないように言われ、空腹を
のまま支払をして病院を後にしました。
この日の診察料 (ズバリ内視鏡代) は8700円でした。



///////////////////////////////////////



それから一週間後、結果発表のため病院へ行きました。
もう少し早くしたいところでしたが、予約を入れてくれた
先生によると、つまみ取った組織の病理検査結果が出
るのに一定の時間が必要ということで、一週間の余裕
を持たせたものです。


さて、結果を聞くため診察室の前で名前を呼ばれるのを
待つのですが、前の患者が診察室を出て行って自分が
呼ばれるまで ( この病院では受付番号がモニターに表示
されたら入室する) の時間が長いと、すごく落ち着かない
ものですね。ほんの2~3分のことなのですが、それが
10分ぐらいにも感じました。 

自分の受付番号が液晶モニターに表示されたので診察
室へ入ります。 今日の先生は最初に画像を診てくれた
先生や内視鏡の先生と違って年配の穏やかな感じのか
たでした。


先生は電子カルテや書類をみたあと、おもむろに・・

「えーっと、内視鏡検査にさきがけて受けていただいた
血液検査ですが、結果としてB型肝炎やC型肝炎の反応
や梅毒血清反応、HIVについて問題は見られません。
貧血の傾向もありませんね」 ・・・

いや先生・・・血液検査の結果も大切だと思うんですが、
きょう一番気になって来ている目的はポリープが良性か
そうでないのか、その検査結果なんですが ! ! 
・・・っと突っ込みを入れたいところを、ここは
「 あー、そうですが、ありがとうございました」 と笑って
おきました (汗)

続いて、大型の液晶モニターに内視鏡を飲み込んだ時
に撮影された画像 (固定画) が表示されます。
先生からは 「 少し荒れている十二指腸だが、ポリープ
は大きさ約2mmと小さく、細胞の検査をした結果でも
心配ないものでした」 と診断がありました。 

あわせて、画像で見る限り十二指腸は奥の方まで特に
問題はないこと、胃はわりとキレイな状態であること、 
あとは今までのように年に一度は検診を受け、健康に
留意されるのがよかろう、ということでした。


帰ってからネットで調べたのですが、先生は医学博士で
何とこの病院のガン研究室長を務めている方でした。
いろいろな方面で研究成果の発表などもおこなっておら
れるようです。 こうした立派な先生が心配ないと言って
くれるのですから、まあ大丈夫なのでしょう。
正直、これでホッとしました。



今回は私にとって毎年受けている胃がん検診で初めての
追加検査 (内視鏡による精検) だったので、正直ドキドキし
ました。内視鏡を飲むのにドキドキするのではなくて、その
結果を聞くのがドキドキしたということです。 

ちょうど検査を受けた前後に川島なお美さんの件や
北斗晶さんの件が相次いでテレビで報道され、ちょっと
ナーバスになっていたこともあります。 
しかし今回のことが、普段は考えたこともない自分の健康
について改めて考え直す機会となったことはある意味良い
勉強が出来たと考えています。 そして、これからも検診を
毎年かかさず受けていこうと改めて思いました。



この記事をご覧いただいた方の中には同じようなポリー
プで内視鏡検査が必要になり、体験談などを求め検索で
おいでになった方もおられると思います。
検査を受けるまで不安な気持ち一杯で 「 少しでも情報を」
ということでおいでの方も少なくないでしょう。
( わかります、自分もそうでしたから )

ただ、医者から聞いたのですが十二指腸はめったに
ガンが出来ない、よってポリープが見つかってもほぼ
問題のないケースがほとんどとのことです。
確かに 「 胃ガン 」 とか 「 大腸ガン」 はよく聞きますが、
十二指腸ガンなんて聞いたことありませんもんね(笑)
ですから、健康診断のひとつぐらいに考えて、ゆったり
した気持ちで検査を受けてみられることをお勧めします。

|

« 十二指腸ポリープで内視鏡検査を受けました (2) | トップページ | 大井川鉄道、借金35億円を棒引きに »

日常のいろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2096976/61716917

この記事へのトラックバック一覧です: 十二指腸ポリープで内視鏡検査を受けました (3):

« 十二指腸ポリープで内視鏡検査を受けました (2) | トップページ | 大井川鉄道、借金35億円を棒引きに »