« 十二指腸ポリープの疑いで内視鏡検査を受ける (1) | トップページ | 十二指腸ポリープで内視鏡検査を受けました (3) »

2015年10月 3日 (土)

十二指腸ポリープで内視鏡検査を受けました (2)

おばんです !


きょうは内視鏡検査さわぎの第2回目です、
前回はバリウムを飲む胃のレントゲン健診で十二指
腸ポリープがあるとコメントされ、いよいよ精検 (内視
鏡検査)を受けなければ・・・となったところまででした。
今回は精検を受ける段取りまで進みます。


--------------------------------------------
検索で来られた方へ

このブログはバイク乗りのオヤジが日常のことを書き
綴ったものです。
今回は胃の集団検診( バリウムを飲む胃がん検診)を
受けた時、十二指腸ポリープということでひっかかり、
精密検査(内視鏡検査)を受けた時の体験談です。

(体験談3回のうちこの回は2回目です)
---------------------------------------------


さて、私は今まで検診で 「 精密検査を受けて下さい」
とか 「 追加検査を受けて下さい」 というコメントが出た
ことがなく、精密検査を受けろといわれても、どんな手
順でどこへ何を伝えて申し込みすればいいのか、まっ
たくわかりまくせん。

ただし 「 要 精密検査」 を知らせてきた通知書には
最初にバリウムを飲んで検査をした医療機関とは別
に、内視鏡検査を行っている近所の医療機関名が記
されたA4版の案内が入っており、そこへ持って
ゆくための封筒入り紹介状も同封されていました。

何とも手回しがいいのはありがたいのですが、具体
的にどうしろ、という記述がないので流れが全然わか
りません。 ようは紹介状渡しておくから、それを持っ
て自分の好きな病院へ行ってこいというわけですな。



A4の案内には 「 最初にバリウムを飲んで撮影した
医療機関でその時のレントゲンフィルムを借りて、
精密検査を受ける医療機関へ持っていってください」
とあります。
ううむ、この業界で撮影したレントゲンフィルムを貸し
借りするのが一般的なやり方なんでしょうか ?
よくビジネス街の喫茶店で、昼食メニューがたくさん
出てご飯が足りなくなった時、近くにある定食屋など
から一時的にご飯を借りることがありますが、そうい
うシステムか ? (違 ! )

まあ、同じことを2度やられるよりずっといいのですが
最初の病院はレントゲンフィルムを心よく貸してくれ
るのだろうか ?  また返しに行った時、法外な貸し出
し料金を吹っかけられることはないんだろうか? 
なにぶん初めてのことで何から何までわからない
ことだらけです (汗)



それでも、とりあえず最初にバリウムを飲んで撮影を
した医療機関 (つまり十二指腸ポリープと診断を出し
た病院) に電話して 「精密検査を他の病院で受けた
いので、撮影されたレントゲンフィルムを貸してもらえ
るか」 と尋ねました。 
じつは、その病院でも内視鏡検査を行っているので
「 ヨソで受けるからフィルムを貸してくれ 」 というのは
言いにくかったのですが、ここは診断した病院と違う
病院で診てもらいたかったのです。

いろいろ言われるかな、と思っていたら電話に出た
人は 「 あっ、フィルム貸し出しですか、大丈夫ですよ
何日ごろに検査受けられましたか」 とすごく話が早い
です。
放射線科の担当者に連絡しておくので、準備に少し
時間がいるが放射線科の窓口へ直接行ってもらって
かまわない、とのことで、連絡したその日のうちに
フィルムを借りてきました。



R0012598


皆さん 「 レントゲン撮影したフィルム」 ってどんなもの
かご存知でしょうか。 ほとんどの方は白黒写真の
大きなネガみたいなものをイメージされると思いますが
今やこうした分野もデジタル化されてデータ化されてい
るんですね。
「 レントゲンフイルムを借りる」 というのは画像データ
など医療情報データが入ったCDをやり取りする、
ということでした。
→全然知らなかった。画像はその現物そのものです。

もちろん、病院によっては従来のネガフイルムを茶色
い封筒に入れてやり取りするところもあるそうです。
今はそうした過渡期ゆえ、CDデータを扱う病院でも
よく医学モノのドラマで見る蛍光灯で照明する読取装
置 ( シャーカステンというそうです )を置いています。


ちなみに、私がバリウム検査を受けた病院では、焼い
てもらったCDは返さなくていいと言われ、料金も発生し
ませんでした。生CD代の実費もいらないとのことです。



R0012600


さあ、このCDの中に今回の映像 (14枚らしい) が入っています。
CDなので、パソコンのドライブに入れてトレイを押し込んだら、
たぶん画像が出てくるでしょう。



ちょっと見てみたい気もするが、どうしよう ?
よくマンガなどで見るような形の胃の画像に、大きな
腫れ物などが写っていたらどうしよう ??

また、画像をクリックしたとたんにガイコツみたい
なのが出てきたらどうしよう !? (マジ心配しました)



見たいけど怖い、CD/DVDトレイを閉じる勇気がない、
という感じで10分ぐらい悩みました。

ですが、どうせ精密検査をする病院へ行き、医者の前
で同じものを見るわけですし、ガイコツが出てきたとこ
ろで、それは自分なのですから別に怖がる必要もない
だろうということで (笑) トレイを閉じてみました。


しばらく読み取りをする音がしたのち、CDドライブの
回転がブーンッと上がり、下のシステム初期画面が
表示されました。


Cut2015_0910_2055_39


このシステムは電子医療情報PDI規格というようで、
医療機関の間で規格化されているようです。 
もちろん私のパソコンにこういう機能のソフトはイン
ストールされていませんから、このCDにこうした
読み取り再生ソフトが同梱されているようです。


この中に "簡易的に見る ( JPEG ) " と
" 専門的に見る ( DICOM ) " という2つの選択
ボタンがあるので、ここは迷わずなじみのある
JPEGを選択します。
詳細は知りませんが、DICOM画像のほうは、医療
用専用ソフトがインストールされたパソコンで再生
する分ではないでしょうか。



Cut2015_0911_1723_53

いよいよ、サムネが並んだ見出しページが出てきました。
画像は14枚で、うち2枚は4枚の画像を1つに合わせたも
のなので、撮影数としては20枚ということになりますね。

しかし、こうしたものにもよくブログなどで見られる、
4枚を1枚にフォトコンバインしたものがあるとは思いませ
んでした。 ブログ化用に入っているのでしょうか? (違 ! )



さて、ここでどれでもいいからサムネをクリックしてみます。


レントゲン写真が気持ち悪い・・・という方はここから画像2枚
分スクロールして下さい ( 拡大しない限り大丈夫と思いますが)














D0000010

これが胃のレントゲン画像です。長い胃ですね。
うしろにガイコツみたいなのが見えてますけど、
それは私です (笑) 

管理人がこういう形で初めて登場するブログも日本
には他にないでしょうな (笑)
片方に寄せられて白く反射して写っているのがバリ
ウムです。

しかし、こうした画像を見ても、シロウト目にはどこに
ポリープがあるのか (どれがポリープなのか) 全く
わかりません。 これはバリウムの反射した画をみて
いるわけですが、こうしたところから変化を判断する
医者や撮影技術者のスキルはすごいと思います (驚)
まあ、そのあたりが腕の見せどころなのでしょう。



Cut2015_0911_1724_59


今度は十二指腸がよく写っているレントゲン写真のサムネ
をクリックします。 白く反射している絵の中で細くなってい
る所が胃の出口で、十二指腸につながってゆくわけですね。
もちろん、この画像を見たところで私レベルでは 「 どこがポ
リープだ」とか 「こっちがどうだ」など、当然ながら全くわかり
ません。
でも、ひとまずとんでもない大きな腫れ物が出来ていたり、
通りが悪くなっている、ということはなくて、それだけでも
少し安心しました。


さて、このCDを持って精密検査をする病院へ行くことにし
ましょう。 精密検査をする病院あての紹介状は、最初の
「 ポリープがあります 」 の連絡文に同封されていました
ので、あとは病院を選んで飛び込みで行ってみようと思
います。


このあとは (3) へ続きます。

|

« 十二指腸ポリープの疑いで内視鏡検査を受ける (1) | トップページ | 十二指腸ポリープで内視鏡検査を受けました (3) »

日常のいろいろ」カテゴリの記事

コメント

あっ!あんなところにスズ菌が。
もうすぐ再発するんじゃないですか。

投稿: わらしべブーツ | 2015年10月 4日 (日) 12時22分

今は潜在保菌者になっていますが、
病原菌が完全に除去された訳では
ありません(笑) 突然どかーんと
くるのではないでしょうか。

むむ、GSX-S1000のカウル付きの
ほうですと!? (ぉぉ)


私…スズ菌保菌者で、なおかつ
ヨシムラ病の重症患者を約1名
知っております(しーっ)

投稿: Ts@管理人 | 2015年10月 4日 (日) 21時21分

GSX-S1000のカウル付き,,,
グリーンジャンボを当てたら買い換えます。(笑)

デイトナのテストコースで
小雨ポツポツの中を試乗しました。
1速しか使えませんでしたが良いですねえ。軽いは正義って感じですし、
トラクションコントロールは偉大でした。
全体としてはGSFが21世紀版になって
蘇ってきたかのような感じかと。

投稿: ますこ | 2015年10月 9日 (金) 09時51分

いやー、幹事長のような高額所得者は
ボーナスのあまりを充てれば速攻で導入
できますがな、さて、あとは勢いと(笑)

GSX-S1000Fは私が久しぶりにグラッときた
バイクですね。Ban1250より40kgも軽いの
ですから、お話の通り「軽いのは正義」
といえそうです。

投稿: ts@管理人 | 2015年10月 9日 (金) 20時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2096976/61678478

この記事へのトラックバック一覧です: 十二指腸ポリープで内視鏡検査を受けました (2):

« 十二指腸ポリープの疑いで内視鏡検査を受ける (1) | トップページ | 十二指腸ポリープで内視鏡検査を受けました (3) »