« Ninja250R、排熱を下へ | トップページ | Tポイント、吉牛でも »

2015年9月 3日 (木)

五輪エンブレム、いっそ前のものを

おばんです!


きょうは仕事で取引のある保険会社の人に会ったの
ですが、この企業さんは2020年の東京オリンピック
の公式スポンサー業者になっています。 先日まで
社内の印刷物に誇らしげにオリンピックエンブレムを
つけていたり、もうすぐ社章もエンブレムをあしらった
物が支給されるんです、と言っていたのですが、例の
公式エンブレム取り下げ騒ぎがあってからというもの、
あのエンブレムの付いたものを全部引っ込めたそう
です。 そりゃ、こんなことが起きるとは夢にも思って
なかったでしょうねぇ(^^;;


今回の一連のドタバタを見ていて、私はふと 「 これって
前にもあったんじゃなかったっけ ? 」 と感じました。
そう、あの万能細胞疑惑で物議をかもした小保方晴子
研究員の騒ぎと同じじゃありませんか。 まぁ、小保方
さんは自分では取り下げしませんでしたけど (笑)


しかし競技場の予算オーバーに関連するやり直しで
すでに実損が60億円以上出ているというのに、またエン
ブレムやり直し騒ぎですでに実損が数億円、これから
協賛業者から出される実費弁償の請求にも応じないと
いけないでしょうから、こちらも最終的に10億やそこら
の持出しは避けられないところでしょうね。


ただ、今回は実損額がどうというより晴れの国際的な
イベントで失った信用や、国の権威といったものは
金額に換算できないぐらい莫大なものだと思います。
次に選びなおすエンブレムについては、もう絶対に間
違いややり直しは許されません。


Cut2015_0903_1712_02_3


そこでエンブレムは↑・・・の1964年東京オリンピックの
ものを再用するのが一番いいと思います。年号のとこだ
けを2020にすればいいのですから手間もかかりません。
50年前のものですが、いま見ても全く古さを感じない
秀逸なものですし、「 新鮮さがない 」といっても大半の
人が初めて目にするはずですから ( 私も前のオリンピ
ックの時、生まれてましたが覚えはありません) これは
これでよいと思います。

なにより、何かに似ているとか、どこかの類似品だとか
言われることもないでしょう。 だって前のものそのもの
なんですから、疑惑も何も起きようがありません (笑)

これからまた時間をかけて 「 あっちに似ている 」「こっ
ちはどうだ」という不毛のプロセスを踏むより、手っ取り
早いうえに間違いがないこの案、マジでオリンピック委員
会に提案したくなってきましたがいかがでしょうか (笑)

|

« Ninja250R、排熱を下へ | トップページ | Tポイント、吉牛でも »

日常のいろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2096976/61449600

この記事へのトラックバック一覧です: 五輪エンブレム、いっそ前のものを:

« Ninja250R、排熱を下へ | トップページ | Tポイント、吉牛でも »