« チューリッヒバイク保険 狂気の値上げ ( 前 ) | トップページ | インスタントコーヒー 「 和 」 に合うと »

2015年8月23日 (日)

チューリッヒのバイク保険 狂気の値上げ ( 後 )

おばんです !


きょうもチューリッヒバイク保険の更新保険料が
ほぼ倍近くになったナゾについての続きです。


まず昨日までのお話、
平成26年に加入したチューリッヒのバイク保険・・・
年間でネット割引適用後の保険料が11,220円で
これならそのまま更新しようと思っていました。

_11_3


ところが、加入してもうすぐ一年という時期に届いた自動
車保険更新の通知では、保険料がほぼ倍額になってい
るではありませんか !!

_2_2


もちろん補償額を増額したり特約を増やしたりはして
おらず、保険を使う事故などもなかったのでノンフリ
の等級なども前と変りません。 
チューリッヒの保険料算定には免許証の色や
年間走行距離が要素としてあるのですが、その
あたりも前年のままです。

要するに、客側で何も変わっていないのに、
なんで保険料が倍近くにもなるのか !? 

ひょっとすると、なにか隠し項目があるのか ??


-------------------------------------------


保険料が倍近く違う・・・きっと何かのミスで補償額が
おかしくなってしまってるんだろう、と思って昨年加入し
てから送られてきた保険証券と、今回送られてきた保
険更新の案内書をよ~く見比べてみました。

私はこうした細かい数字の羅列みたいな書類を見て
いるとイヤになるので、自動車保険の更新にかぎら
ず細かい数字が並んでいる書類 (例えば給与明細)
はチラッとしか見ないのですが (笑) 今回はどこかの
項目に間違いがあるのだろう、と思ってジロジロ見ま
した。 でも、その結果 「 ここやっ」 という箇所はなく・・・


もう、こうなると一人で考え込んでいてもわからない
ので、電話で見積もりが出来る同社の相談センター
へ;連絡してみました。 
こういうところはなかなか電話がつながらないんや
ろな、と思いながらフリーダイヤルへかけたのですが、
意外なことに休日午前中にかかわらず、すぐつなが
りました。


最初は何か間違いがあったのだろうと思い、送られて
きた 「 ご継続プラン 」 を伝えて数字を確認してもらっ
たのですが、これは間違いないとのこと (謎)

ただ、保険料計算の条件にいくつか変更があった、
ということなので、そのあたりについて教えてもらい
ました。 
もちろん今回更新の案内書に変更点を書いた用紙
が入っていましたが、制度の変更を記すのみで詳細
は省かれていたので、こういう細かい事は実際聞い
てみるに限ります。


まず、私の保険料に関係がある変更点につき、

■  補償対象となる年齢条件に30歳以上というのが
   新設されていました。 今までは26歳未満不担保
   までのところ区分が細かくなったというわけですね。
   ただ、これは私にとっては26歳→30となる項目な
   ので今回の問題ではありません。

■ あと、年間走行条件が今まで5000kmできざんでい
   たところ、今回更新から3000kmまでと、3000km超
   5000km以下、つぎに10000km以下と細かくしたと
   説明がありました。 

この走行距離だって私に関係ないわ、と思っていたところ
案内嬢のおねいさん ( たぶん ) は 「 Tsさん、年間走行は
3000以下になりませんか ? 」 とのこと。 
つまり、今まで保険料計算条件として年走行距離5000kmで
区切っていたものを、新しく年走行3000km以下を設けて区
切りなおした結果、私の年間3000超5000km以下の走行区
分が保険料の上がるところへ入ってしまったらしいのです。
( ややこしくてすいません、要するに刻みが変わった) 


よくこうした保険はリスク細分型とか言ってますけど、それ
は業者にとってで、客にはまさしくリスク増大型ですな ( 汗 )


こうなると、全て疑わしく思えてきます (^^ ;  これは他にも
変更した項目があるかもしれないので、補償内容ごとの
保険料を個別にみてゆこうと、おねいさんに 「 補償内容ご
とに対応する保険料を教えてくれ 」 と伝えると、それは
出せないとのこと (汗)

_1_4

でも、↑・・にあるように、昨年の保険契約では、
対人無制限の分は保険料2,500円、
対物2000万円の保険料は2,020円、
他にもあって・・・合計が13,220円と、
補償の項目ごとに内訳が出ているのですから、
継続プランのも同じように内訳を教えてくれれば
いいんですよ、と伝えたのですが、それは実際に
保険に加入してもらってからでないと出せない
とのこと ( 汗 )

ううむ、肝心なところがわからんって、それじゃアカン
がな、と思ったのですが、ここでテレアポ嬢相手に
あれこれ言っても始まらんでしょうから、仕方なく電話を
切りました。 
けっきょく走行距離区分が細かくなり、自分は条件
を変えていないのに、それが不利なほうへ入ってしま
ったということでしょうか。  


まだ他にもありそうですが、仔細がわからないので保険
料の精査はここまでにして、今度は 「 じゃ、今度はどこ
で加入するか」 に移りました。
前年と同じ条件でロードサービスもほぼ近いものを検討し、
保険料がなるべく低いものを探します。

そもそも、私があいおいからチューリッヒへ乗り換えた
最大の理由は、トラブった時の積車無料運搬距離が
もっとも長く、しかも制限がないのがチューリッヒだっ
たからでした。 
というのも、BMW二輪は出先で急にエンジン始動不能・・・
などという例が珍しくなく、しかもロードサービスのサービス
マンに来てもらっても、構造の特殊性からその場で直せな
いパターンがほとんどと聞いていたからです。

ちなみに、BMW二輪が出先で動かなくなり、ロードサー
ビスの積車で移動・・・というパターンは、ググッていた
だければ山のようにでてきます (汗)


あとは細かくなりますが、免許証の色による割引とか
走行距離による保険料の変動なども含め、保険料と
もども下のような一覧表にして内容を比較してみました。


Cut2015_0822_1504_59

表を細かく説明していると頭が痛くなると思います
ので ( 私・・・表を作ってて頭が痛くなりました^^;)
結論だけ申しますと、今年は保険料が一番安く
かつロードサービスの積車運搬で多少自由度が
ある三井ダイレクト保険に決めました。
保険会社によって、免許証の色とか年間走行距
離など、保険料を安く提示する項目があるなか、
そうした項目がない三井ダイレクトの保険料が
一番安かったというのが意外や意外でした。

ちなみに、私の四輪の任意保険は図らずもずっと
前から三井ダイレクトに加入しています。
これなら、最初からサッサと三井ダイレクトで保険料
見積もりをしていたらよかったかもしれません (笑)

しかしいろいろ調べて、現時点で故障バイクを積車で
運搬してくれるロードサービスの中で、一番制限が少
ないのは、やはり昨年加入していたチューリッヒ (今回
保険料がいちばん高い)でした。


たいていこの手のサービスは 「 保険会社が指定す
る修理工場まで 」 となっていて、適当な所でチョン
なのですが、チューリッヒは客の希望する店へ
100kmまで無料ですから、この部分では群を抜いて
います。 

ただ、私の場合は保険料が前年比でほぼ倍になる
ことに合わせて、その詳細を提示しない業者の姿勢
に疑問を感じてよそへ乗り換えましたが、実際この
サービスを使わざるを得なくなった時は、多少の
保険料の差額など言ってられないぐらいの輸送費が
発生しますので、ここは細かいことを言わず補償内
容の一番よい業者を選んでおくのも一つの選択かと
思います。

この駄文にここまでお付き合い下さった諸兄は
きっと普段から保険の内容や保険料などに関心
をお持ちのかただと思います。
生命保険でもそうだと思うのですが、こうしたものは
更新など何かきっかけになることがないと見直した
りはしないもの。 皆さんも更新の時などにご自身に
一番必要なものが充実しているか、またそれがコス
トパフォーマンスとして十分耐えうるものかを、改め
て確認されるのが吉かと思います。


---------------------------------------


えっ?  「 Tsくん、 キミはここしばらくメンテがどうの、
任意保険がどうの、とばっかり言うとるが、かんじん
なとこ、バイクには乗ってるのか ? 」 ですって?


20150823_081832_15754

この時期は猛暑を避けて午前中近場ばかりですが
上の画像のように乗務もしております (笑)
涼しくなったらロングツーも復活したいですね。

|

« チューリッヒバイク保険 狂気の値上げ ( 前 ) | トップページ | インスタントコーヒー 「 和 」 に合うと »

バイクに関する話題いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2096976/61266408

この記事へのトラックバック一覧です: チューリッヒのバイク保険 狂気の値上げ ( 後 ):

« チューリッヒバイク保険 狂気の値上げ ( 前 ) | トップページ | インスタントコーヒー 「 和 」 に合うと »