« お寺の訓話と | トップページ | 参拝客で電車が激混み(^^; »

2015年4月28日 (火)

バス会社が鉄道を運営と

おばんです!


地方の鉄道路線というと地域の過疎化とイカー普及率
向上によってどことも経営に四苦八苦していますが、
そんな経営難の京都府の鉄道が経営をバス会社に譲
渡、今月からバス会社が鉄道を運営してゆくそうです。

身売りしたのは京都府北部や兵庫県の北部に路線を
展開する北近畿タンゴ鉄道で、JRが不採算で撤退した
路線を3セク化したものですが、ご多分にもれず過疎化
による人口減少と住民の鉄道離れにより経営が立ちゆ
かず慢性的赤字に陥っていました。

そして、この路線を引き継ぐのが都市間夜行バスを手
がけているウィラートラベルで、鉄道経営のため丹後鉄
道という別会社を設立、この4月から経営にあたっており
同社では各種企画乗車券の販売や、鉄道とバスを組み
合わせた集客システムを構築をベースにした経営計画
を作成、街づくりなどとも連携した運営をめざすそうです。

まあ、夜行バスの分野で新しい営業方法を作り出し成
功した同社ですから、この北近畿タンゴ鉄道でも勝算
ありとみたのでしょうね。

しかし、いくら企画をあげても人そのものがいない地域と
なると、観光客を除いてクルマの運転が出来ない老人
の通院と高校生の通学ぐらいの輸送需要ではこの先大
変なはずです。
ここは新機軸をどこまで打ち出して伸ばしていけるかで、
丹後鉄道今後が決まるといっても過言ではなさそうですね。

|

« お寺の訓話と | トップページ | 参拝客で電車が激混み(^^; »

日常のいろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2096976/59807071

この記事へのトラックバック一覧です: バス会社が鉄道を運営と:

« お寺の訓話と | トップページ | 参拝客で電車が激混み(^^; »