2019年1月16日 (水)

南海ピット館とは

おばんです!

.
先日UPした 「日本最低峰へ登頂」 の書き込みの中で、西梅田の南海部品本店そばの南海ピット館のことを記しました。 みなさん当然この施設をご存知だろうと思い、特に注釈をつけずに書いたのですが、ご覧いただいた方から 「ピット館という新しいバイク用品店ができたのですか」 とお尋ねをいただきました。

すいません、私は皆さんご存知だろうと思っていたのですが、思えばこのブログをご覧いただいている方のうち、南海部品本店に行ったことのある方のほうが少ないですよね(^^;;
ということで、ここで南海ピット館について触れておきます、ご参考になれば幸いです。

.
Ts3y0657

撮影データは2015年12月となっているのですが、今回の天保山行きとは別の時、たまたま南海ピット館を写した画像がありましたので貼っておきます。 開店したのは画像データとほぼ同じか少し前・・2015年の11月か12月頃だと思います。 それまで本店で扱っていたタイヤなどを含めたパーツ類、例えばマフラーとかパックステップ、タイヤ類などをまとめてピット館に移管し、こちらで販売と同時に取り付け (ピット作業) が出来るようにしたものです。

それまで、本店ではタイヤ交換やパーツ類の交換 (取り付け)が出来ず、メカ的な作業が必要なら箕面店へ行く必要がありました。そうした状況のなか、ピット館が出来たことで原チャリから大型二輪までを含めたタイヤ交換やパーツ類の取り付けが本店でも出来るようになったわけです。

.
Ts3y0658

南海部品本店との位置関係を示すと、上のような関係です。 画像は北を向いて撮影していますが、画像中央のうす茶色の建物・・カローラフィルダーの後ろの建物が南海部品本店の裏口側で、6mぐらいの通りを挟んで南側に上のような黒い壁のピット館があります。壁面にも記されていますが、1階が作業ピット、2階がパーツやタイヤの販売フロアになっています。

大手のバイク用品量販店では、主幹となる店舗にはほとんどサービスピットが併設されていたところ、南海だけがこのサービス分野で遅れをとっていました。これでピットサービス面でも他店に追い付いた、というところでしょうか。 純正部品の発注も本店3階からこちらに移っていますし、たまに掘り出し物も出ていますから、まだ未訪問の方も西梅田方面へお出ましの折りに、一度のぞいて見られてはいかがでしょうか。
.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月14日 (月)

快晴の3連休最終日

おばんです!

2019年になって最初の3連休、皆さんはどうお過ごしだったでしょうか。私は「今日までがお正月」として、初出勤からの勤務第一週目をひたすら耐えていたのですが (笑) この3連休で気分も体調もスッキリして少し持ち直した気がします。 この休みの間も家の片付けものや近くの低山歩きなど、ふだん通りの休日だったのですが、きょう (14日) はこの時期として少ない最高気温10度オーバー(大阪の公式値) ということで、「こりゃ名乗らなアカン !」 と近場を軽く走ってきました。

.
Dscn0225

1月の午前中ですから、ナンボ暖かいといっても車載温度計の指示は7度ぐらいなのですが、この時期は風がないだけでもマシですね。とは言っても、山かげになっているところには融雪剤がこってり撒かれていますし、タイヤのグリップ自体も全くといっていいぐらい望めません。 「きょうはバッテリーの充電ができればいい」 というぐらいの腹づもりで走り、ガソリンを満タンにしてからローソンコーヒーを飲んで暖まって帰ってきました。

まったく安楽そのものの走りですが (笑) 私てきには、この時期はこんなもんだろうと思っています。 本格ツーシーズン到来までは 「 安楽マニアここにあり」 というペースでいいので、日常的にバイクに乗る機会を作っていきたいところですね。

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 9日 (水)

メットもスマート家電?

おばんです!


最近、いろいろなモノが相互に接続される、モノのインターネット化ということがよく言われますね。スマート○○というような言葉で表されることが多いですが、バイクの世界にもそうした流れが出てきたようで、いよいよ「スマートヘルメット」が開発され、来年中の製品化が計画されているそうです。

モノは広島県のIT関連会社がショウエイと共同で開発した2輪用スマートヘルメットで、シールドの内側にナビの情報を投影、右左折の指示や走行経路のガイド、また到着予定時刻の通知などを行い、メット内蔵のスピーカーで音声案内も行うそうです。

.
Photo

制御用の基板などはアゴの部分に内蔵され、スマホから専用アプリで制御されるとのこと。 ここでスマホが出てきているのが「スマート化」のキモなんでしょうね (笑)
ちなみに、この技術はすでに4輪で使われている仮想面にメーターなどを表示させる技術の応用版らしいのですが、組み込み場所がクルマと比べ物にならないぐらい狭いこと。また、温度変化や振動が大きいなどバイク特有の問題がある中、それでもライダーの2m前に仮想空間を作ってカラー表示できるそうです。バイク用ナビは日照方向などにより、どうしても見えにくくなる時がありますから、外界条件の変化に影響されず、情報を確保できるようになるというのは画期的だと思います。

ちなみに、試作品は今月アメリカで開かれるIT関連の展示会に出展されるとのこと、量産で手軽に買える価格になれば、安全運転に資する重要デバイスとなりますから、このスマートヘルの今後に注目していきたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 6日 (日)

日本最低峰に登頂 (標高4m) + 南海部品本店

おばんです!

今日は標題の通り 「日本最低山」 に登頂しました。最高峰は皆さまもご承知の通り標高3776mの富士山ですが、こちらは4m・・ええっと、正確には4.53mだそうです (笑)
昨年、私は 「 もう少し歩かないといけない、それならば、多少手がけたことのある山登りで」 ということで、北アルプス最北端の1000m級峰、白鳥山へ登ったりしました。 最高峰の富士山というと、それなりにハードで大阪からは交通の便もよくなくちょっと手が出しにくい・・・でも、その反対の最低山のほうは大阪市内にあると聞いたので、山登りを意識してから登頂の機会を狙っていました。
今日はたまたま午前中に日本最低山の近くに所用があったので 「この機会に」 ということで、大阪市港区の日本最低峰・・天保山 (てんぽうざん) へ行ってきました。

では、以下に登山レポなど・・そのあとで南海部品本店にも行きましたので、そちらの登頂記録もUPいたします。

.
Dsc_0428_2

アプローチは地下鉄の大阪港駅からです。 港から山へアプローチというのもヘンな感じですが、なにぶん日本最低峰ですから、それでOKということで (笑) ちなみに 「 階段を登って駅へ行くのに、何で地下鉄なのか?」 という声が聞こえてきそうですが、大阪の地下鉄は都心の混雑部分が済むと、線路が地上に上がってくる区間がけっこうあります。(御堂筋線や中央線など)

.
Dsc_0429_2

大阪港駅から山へのアプローチ道路を進みます。海沿いに倉庫街などがある閑散としたエリアで 「 この先に山なんかあるのか? 」 という感じです。

.
Dsc_0440_2

天保山という名前は山名だけでなく、この周辺の地名にもなっています。(住居表示では築港とか海岸通) うしろに見えている観覧車は、その名もズバリ 「天保山大観覧車」 で、周辺は訪日外国人でいっぱいで中国語が飛びかっています (日本人の姿ゼロ^^;; )

.
Dsc_0430_2

いよいよ、日本最低峰の登山口に到着しました。画像中央の階段 (登山道) を登ったところが頂上かと思いきや、画像で小高く見えている部分は前山で、本峰ではありません。

.
Dsc_0433_2

階段を登って公園のようになった平場に着いてみると、そこから本峰に続く縦走路があります。 上の画像でS字形に奥へ続いている道がそれです。

.
Dsc_0439_2

いよいよ日本最低峰が見えてきました。 三角点 (測量のための基準点) が設けられているのが、尖った石塔のある少し右側・・人が何人か立っているところです。
しかし、仮にも山の 「頂上」 だというのに、なんで周辺の遊歩道 (いちおう縦走路) のほうが高いねんっ !?(笑)
上に覆いかぶさっている高架道路は阪神高速の湾岸線・・画像の左側へ進むと神戸市の東灘区のほうへ行きます。背景に見えているビル群は、USJへの来店客をあてこんだホテルで、上の画像の右端ぐらいにUSJがあります。

.
Dsc_0438_2

ホンマかいな、と思いながら頂上へ行ってみると、お上が設置した立派な三角点がありました。 これでめでたく、私も日本最低峰への登頂を達成したわけです。

.
Dsc_0436_2

三角点の傍らには、地元の団体が設置した表示板がありました。 それによると標高4.53mだそうです。 じつは、いま三角点のあるところを測量すると、仙台市の日和山というところがさらに低く、標高3mなんだそうです。 ところが、この日和山はもとの高さが6mあったところ、例の東日本震災で地盤が陥没し、津波の影響もあって削り取られ約半分になってしまったそうです。
結果、いまの最低峰は仙台市になっていますが、そうした経緯から大阪市のほうは、今も「日本最低峰」を名乗っているのでしょうね。まあ、ひとつのシャレなんですから、どっちが最低峰でもいいと思うのですが、大阪市のほうは地元に山岳会があり、遭難救助組織も立ち上げられているそうです。ちなみに、今まで救助の要請は幸い一件もないそうですが (笑)

.
Dsc_0442_2

日本最低峰の登頂を終え、地下鉄で西区へ移動して所用を済ませました。 まだ時間も早いので、この近場でさっと行けるところを、と考え、年末に行くつもりで忙しくて行けなかった西梅田の南海部品本店に行きました。 本来なら地下鉄で行くのですが、所用のあった場所がちょうど駅と駅の中間のような場所で、どちらかの駅まで歩くのと梅田の方へ向いて歩くのがあまり変わらないので、約ひと駅分歩いていきました。
上の画像は中洲になった中之島の一番先のあたりに近いのですが、私が会社員になって現役で営業をしていた頃は、また京阪の中之島新線がなくて周辺は交通網に恵まれませんでした。 ランドマーク的なものは住友病院と中之島センタービル (上の画像でいちばん左の高層ビル) ぐらいしかなく、陸の孤島みたいなところで雨の日の顧客訪問などに苦労した場所です。 いま高層ビルが林立する同じ場所に立つと、まさに隔世の感これありといったところです。

.
Dsc_0446_2

いつも南海部品本店へ行く時は、地下鉄西梅田駅から国道2号線のキレイな歩道を通っていくのですが、今日は歩きで南側からのアプローチなので場末感いっぱいのいつもと違う光景です (笑)  ちなみに、建物屋上に黄色い看板が載っているのが本店ビルですが、その下のほうにある黄色い袖看板が出た建物も南海部品、その建物と本店ビルの間にも南海ピット館があります。ほかにも、この周辺には小さいビルの玄関口に南海部品の看板が掲げられているところが数箇所あります。 たぶん小売部門と管理部門がある本店ビルのほかに、通販や在庫管理など、いろいろな部局が周辺のビルに入居しているのでしょうね。

.
Dsc_0448_2

まだお正月休みの熱が残っている時期ですし、ちょうど正月セールの期間中でもあるので、店内はけっこうな入りでした。 私は 「いま特に買う予定のものもないしなぁ」 と思いながら行ったのですが、店内に入ると 「 今年はメットを新しくしたいな」 「カッパも古くなってるから新調しないと」 と、年始から物欲モード全開になって帰ってきました (笑)  しばらくはこの物欲熱をさましつつ、春に向けたバイク計画、また登山計画を合わせて進めていきたいと思います。

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 2日 (水)

快晴の2019年初乗り

明けましておめでとうございます。

旧年中、皆様方にはNet・リアルともいろいろお世話になりありがとうございました。 本年もよろしくお願いいたします。

さて、私の場合年末年始休暇はあと1日あるのですが、皆さま年末年始はいかがお過ごしだったでしょうか。 私は年末に実家へ帰って掃除や雑用で過ごしていたのですが、きのう1日は遅めに起きてみると文句のつけようのない好天ではありませんか!!  そうなると、当然年始初乗りにGOとなりますね (笑)


.
2019_01_01

じつは帰省前に週間予報を見ると、今年は珍しく年末年始の休み期間に雨マークがなかったので 「 よっしゃ、これなら 」 ということで、バイクで実家に帰りました。 つまり、実家から戻りの走行が、自動的に年始初乗りになるわけです。

そうなったら、いてもたってもいられず、予定を1日前倒しして、昨日(1日)のうちに帰ってきました。 いや、実家のほうはいいんです、また成人の日の3連休に帰りますから (笑)
そんなことで、奈良からストレートに帰宅せず、和歌山のほうへ走ってかつらぎ町というところまで行き、上の画像の通り好天の中で初乗りを終了しました。

しかし、今年の年末年始は全国的に見てもわりと穏やかでしたね。 たいてい、年末年始に天候が悪くなり、休みを利用して登山をしている人が遭難した、というニュースを毎年見るのですが、今年大きな遭難事故もなかったようで、比較的天気が安定していたと見てよいのではないかと思います。 でも、上の画像では日当たりが良くポカポカしているように見えますが、このとき車載の外気温計は4度 !!  そののちも6度を越えることはなく「あー寒むっ」の初乗りは終わりました。 今年もバイクでいろいろな所へ行き、また皆さんと楽しく走れることを今から楽しみにしております。 皆さま、今年も変わりませず、よろしくお願い申し上げます。

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月30日 (日)

2018年、過去2番目の乗務距離でした

おばんです!


今さらですが、早いもので今年もあと1日だけ。 皆さま身の回りの片付けや清掃などはもう一段落されましたでしょうか。 私は必死の形相でアパート内を片付けてバイクにワックスをかけ、ひとまず年内ノルマ終了というところまできました。 もっとも、明日は実家 (奈良) へ帰って片付けなどをしないといけないので厳密にはノルマ達成率も50%ぐらいなのですが (笑)  ということで、実家行きもありますので、当ブログもこの投稿を本年最終とさせていただきます。

今年の皆さまの周辺、またバイク環境はいかがだったでしょうか。 私は仕事面では異動して2年目なので仕事にもそこそこ慣れ、ある程度マイペースで進められるようになってきました。まあ 「公」 の部分がある程度安定したので 「私」 の部分も自由度が増し、ツーリングの機会も増えて、今年はバイクに乗り始めて過去2番目に走行距離の多い年 (あくまでじぶん的にですが・・年間6500km) になりました。(ちなみに、過去の年間走行距離トップは当然と言えば当然、GSF1200Sに乗っていた時です)

.
0002

また、特筆すべき部分として、皆さんと行く定期的なツーリングのほかに、ツーリング未踏エリアへの出撃が多かったことがあげられます。 今年はF800GTを購入した初年度にあたるので、「買った最初の年効果」 で走行も多くなるのですが (笑) それを踏まえても、今まで行ってなかった山陰方面 (大山) や新潟方面などに、あまり気負わずサクッと行くようになりました。改めて考えると 「買った最初の年の出歩きたい効果」 もあるとは思いますが (笑) それに加え、新しい土地をバイクで訪れる楽しさを改めて知ったような気がします。


.
0003

このあたり、じぶん的に考えると、いま乗っているF800GTのツーリング適応性能の高さと、そのフィーリングが自分にあっていることがありそうです。
前のバイクが最高出力170馬力でオーバー300km/hというとてつもないシロモノだったわけですが、反面いつも車重とパワーに緊張し、ツーリングでも一日の後半はけっこう疲れていたと思います。 そのあたり、いまのF800GTは「気負わず乗れる」「マイペースで乗れる」 とでも言えばよいのでしょうか・・要は、自分の身の丈に合ったバイクに納まった、ということになるんだろうと思います。


.
0001_2

もちろん、オーバーリッターを知ってしまった身ですから、正直に言って 「 ここでもう一段、伸びてほしいんだけどな」 「 アクセルオンで、もう少しガツンと来てほしいんやけどな」 と思うことも多々あります (^^;;
ただ、そうした感覚を持ちながら使う中でも、安定した走りでツーリングの機会が増え、今までにない走行距離を出しているということは、やはり今のバイクが自分に良く合っているということなんでしょうね。来年のF800GT2年目に当たり、今の乗りやすさを最大限活かした使い方を進め、皆さんとのツーリングで、また知らない土地への初ツーリングで、さらに距離を伸ばしていきたいと思います。

では、前述の通り明日から実家へ帰るため、戻りは1月3日となります。 皆さまもお正月はご家族そろって、またお友達と楽しくお過ごしください。来年もまたよろしくお願いいたします。

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月26日 (水)

さい銭もキャッシュレス決済?

おばんです!

最近よく聞く言葉の一つに「キャッシュレス決済」というのがありますね。 もちろん、これは最近始まったことではなくずっと昔からあるシステムですが、消費税増税に関連して景気対策のひとつに上げられている「買い物のキャッシュレス決済とポイント付与」に関連して、最近特によく聞くようになりました。

これなどは中小小売店を対象にしたキャッシュレス決済の場合ですが、最近はいろいろな業界でそういう方向に流れが進んでいるようで、なんと四国八十八ヶ所霊場のお寺がさい銭のキャッシュレス決済を始めたそうです(!)

最近は四国八十八ヶ所巡りもインバウンド効果で外国人が急増しているそうですが、現金を持ち歩く習慣のない外人が増えてきたこともあって、二十二番札所にあたる徳島県の平等寺 (びょうどうじ) がさい銭のスマホ決済実施をきめたそうです。

寺でどうやって電子決済するのかと思ったのですが、アマゾンペイなどの電子決済アプリを活用、参拝客がさい銭箱の前に置かれたタブレットに納めたい金額を入力し、自分のスマホに表示されるQRコードをかざせば決済が完了するんだそうです。

この記事を読んだ時「なんとがめつい寺なんだろう」と思ったのですが、これは寺側の必要からこうなったのではなく、最近増えているインバウンドから「現金を持ち歩かないのでキャッシュレス化してほしい」という声が上がっていたそうで、こうした声に応えるため電子決済を導入したとのこと。一般的な知識ですが、中国では電子決済の利用が60%と聞きますし、韓国にいたっては90%近いそうですから、そういうところから押し寄せてくるインバウンドに対応するには、さい銭といえどもキャッシュレス化は必至だったようです。

しかし、寺にお参りして、本堂などでお願いことをする前にさい銭箱にお金を入れ、チャリンという音を聞いてからお願い事をするのが長年の伝統だったところ、電子音で「ピピッ」とか「プーッ」という音がしたら願い事開始OK・・というのはなんか頼りない感じですね(笑) でも、このお寺の住職さんは「現金でも電子決済でも、霊験は変わりません」と表明していますから、最新鋭システムに乗ってお参りをするということで、ここはご利益も倍増を期待して参拝すればいいということでしょうか (笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月24日 (月)

年末は基本メンテで

おばんです!

今年最後の3連休、皆さんはどうお過ごしになりましたか。 私はともかく出歩くのをやめて決死の覚悟でまず年賀状を作り (←遅い) そのあとキホン掃除と整理整頓というスケジュールで過ごしていました。せっかくの3連休ですが、動くには年末で世間がざわざわし過ぎていますし、こういう時に少しでも断捨離をしないとゴミ屋敷みたいになってしまいますからね(笑)

でも、いちおうバイク関連のスケジュールもこなしました。 北陸へ入って以来手をつけていなかったF800GTのフル洗車と基本メンテをようやく実行・・こういうことは年末にドタバタするのではなく、日頃から心がけてやっとかなくちゃ、と痛感したところです。

.
Cut20181224_2119_30

しかし、きのうの夜に朝食用のパンを買い忘れ、朝から歩いて国道ぞいのコンビニへ行ったのですが、この寒さの中でもツーリングに行く人が結構走っていて驚きました。 私など朝から寒くて歩くのでさえイヤなのに、この寒さのなか早朝からツーリングとは (!) まあ、陽気の良い時期なら私もそのぐらいの時間には走っているのですが、この寒さではとても早朝から出られません・・というか、ツーリングに行く気が起きません (ぉぃ) まず年内は基本メンテに精を出したうえ、年明けの初乗りに備え「乗る気を高める」に集中することにしましょうか。

.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年12月19日 (水)

電気式ターボ、それならば

おばんです!


皆さんもお気づきのことと思いますが、最近は4輪の世界でも無駄に大きいエンジンを積んだような乗用車は少なくなってきて、車体はそのままで小排気量化+ターボ装着という車種が増えてきていますね。 いわゆるダウンサイジングちうやつなんでしょうが、発想としては 「 エンジンを小さくすれば単純に排ガスの量も減る」ということでしょうか。

そんな傾向の中で、ハイブリット車などに付けるターボユニットの駆動が、今までの排ガスの出る勢いでタービンを回す本来のものから、電気でタービンを回す方向に流れが変わってきているそうです。

だいたい、放出されている排ガスが出るときの勢いを活用して過給する、という一種の省エネ機能があるターボを、バッテリから引いてきた電気で回して加給していたら省エネにもなにもならないのでは、と思うのですが、最近はディーゼル車の規制があるなか、それに代わるハイブリット車用として需要が高まってゆくとのこと。

ハイブリットのなかでも、マイルドハイブリットというエンジンの力をモーターで補助しているクルマの効率化に効果があるそうで、エンジン回転が上がってこないと効いてこないターボを、低回転のうちからモーターで強制的に回すことで、「低域でもターボ強化→パワーアップ」を狙うらしいです。 ただ、シロウト考えでも、それでは低域からガソリンをガバッと喰うので、ハイブリットが狙っている燃費向上には全然ならないのではないかと(^^;;

ここは、昔からあるスーパーチャージャー (クランク軸駆動での過給) の仕組みをリファインして積んだほうが、よっぽど手っ取り早いと思うのですが、ターボのメーカーである石川島や三菱重工はスーパーチャージャーには目もくれず、電気ターボの開発にやっきになっているそうで、その背景には電気ターボをモノにして業界で優位に立とうというメーカー間の競争があるようです。 本来の省エネ策はほっといてメーカー間競争で「新技術だ」とやっていていいんでしょうか(^^;; この分野には今後新規参入業者が出る可能性もあるそうで、この先客そっちのけの開発競争や主導権争いがますます激しくなってきそうな気配ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月16日 (日)

冬モード全開の乗務

おばんです!

きょうは週刊予報で 「午後から雨っぽい」 と言われていたのでバイクに乗らないつもりだったのですが、実際は雨予報のない前日より良い天気だったので年末のプチツーに入ってきました。 まだ月なかばで、この先天皇誕生日の3連休などまとまった休みもあるのですが、年末に近づくほどクルマが増えて快適に走れなくなってきますし、私個人もいろいろ雑用が増えてくるので、じぶん的には例年この月なかばあたりをその年の乗り納めにしています。

.
Dscn0180

ということで、今日は奈良のほうへいってきました。まだ氷が張るほどの寒さにはなっていないものの、車載温度計の指示はずっと「3度~4度」のあたりを往復していて、上の画像のように日当たりのよい山の中腹でも5度まで入りません ( 寒!!)

それでも快晴の天気に恵まれて 「 どこが雨予報やねんっ」 とブチブチいいながら今年最終のプチツーを終わりました。 「まだ早いかな」と思いながら厳冬期に着る真冬用ジャケットと冬用グローブの、冬モード全開の服装で行ったのですが、これが全然大げさでなくちょうど良い感じで、年明けにもう一段寒くなったら、ここにオーバーズボンをプラスするぐらいの感じかと思います。
今年は秋口から新潟だ、北陸だ、近場ツーだと、ろくろく手入れもせずに走り回っていましたから、ここらでF800GTにも休養期間を与えましょう (笑)  きっと来年も過激な運行が何度かあることかと。これから年末に向けて、洗車や各部給脂などの基本メンテを進め、次の機会に備えることにしましょうか。

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«次は600クラスに注目