2019年5月22日 (水)

カプセルドームで愛車保管

おばんです!

皆さんバイクの保管はどうなさっているでしょうか。 屋内という方はまずおられないかも、屋外でクルマと共用のガレージの一角とか軒先でシートがけ保管という方が一番多いかと思います。私も屋根付き駐輪場にてシート保管なので、皆さんとほぼ同じコンディションだと思うのですが、雨が激しいと降りこんでしまうし梅雨時はシート内に湿気が溜まったりして、愛車保管のコンディションとしては「あー、サビが出なきゃいいんだけどな」と思うことがありますね。これがマニアックな車種だったりコレクターアイテムだったりしたら保管も大変です。 そんな愛車の保管用に、クルマ(バイク)の状態を維持する、一種のエアカプセルが外車販売のヤナセの関連会社で販売されているようです。

.
C20190521_49

ご覧のように、巨大なバブルシールドのような形態でファンで膨らませ、カプセル内に外気を循環させる方式とのこと。 クルマ(バイク)をポリ塩化ビニール製のカプセルで覆い、ファンで空気を送って膨らませチリ・ホコリなどを防いで保管環境を改善するそうです。 主にクラシックカー愛好家をメインターゲットにしているとのことで4輪向け屋内用 (屋外用もあり) の価格が10万円ほどですが、7万7千円ほどでバイク用も設定されています。私も住居内にガレージを作りこむようなビルトインガレージの一軒家を建てられるようになったら、バイクの室内保管でこんなエアカプセルを置いてみたいですね。

| | コメント (0)

2019年5月19日 (日)

山歩きで葛城山へ

おばんです!

今週はまだ交通安全運動が続いていますね。 この時期、なるべくならバイクに(←クルマも)乗らないでおこうと考えていたので、この週末は山歩きで奈良と大阪の県境にある葛城山 (かつらぎさん) に行ってきました。

私は特に登山が好きということはなく、バイクに乗り続けるため何か運動をしないと・・・ということで、少しは覚えのある登山 (というより山歩きのレベル) をしているのですが、いつも無味乾燥なトレーニング的山登りをしているのもおもしろくありません。 そんな中で、新聞にちょうど葛城山のつづじが見ごろを迎えたとの記事がありました。 ならば、趣味と実益(?)のため、いま行けばちょうどいいのではないか、ということで電車とバスで葛城山へ行ってきました。

.
003

当初の予報は「曇り/雨」でいささか心配していたのですが、週中には「曇り」となったので何とかなるだろうと期待・・このあたりはツーリング前の予報チェックと同じですね (笑) 昼前に霧雨みたいなものがパラパラすることがあったものの天気の大崩れはなく、何とか行って帰ってくるまで雨なしで行動できました。

.
001_1

私は桜の名所とか梅の名所は知っているもののツツジの名所は初めてでした。よってこの時期に葛城山へ行くのも初めてでしたが、さほどの混雑もなく壮大なツツジの植生を見られてよかったと思います。 なんぼバイクに乗るためとはいえ、これからはただシンドイだけのトレーニング的登山ではなく、レクレーション的要素を持たせた楽しみ方も考えていきたいところですね。


| | コメント (0)

2019年5月15日 (水)

ヤフーADSLがサービス終了と

おばんです!

皆さんは家でネットをされる時、接続はどういう方法をとられてますでしょうか。 大半の方は光(ケーブルTVを含め)だと思いますが、私はヤフーのADSLを使っています。 このADSLサービスはヤフーがいまの通信事業進出への基盤を作ったサービスで、駅前とかショッピングセンターの前など人通りの多いところで、揃いのハッピみたいな服を着た店員がヤフーモデム (実際はルーターですが) の無償配布をしている光景をご記憶の方も多いと思います。 そんな流れに乗ってしまったひとりが私なのですが (笑) なんとヤフーがこのADSLサービスを2024年に廃止すると発表 (!) 改めて、最近のヤフーはどうなっているのかと憤っているところです。

導入された当初はADSLも立派なブロードバンド回線だったと思うのですが、動画再生などが重視される今ではさすがにしんどく・・でも、私のようにヘビーユーザーでない一般客には何の不足もないサービスです。 それを終了というのはオモテ向き 「回線維持の問題」 やら 「保守用機材の枯渇」 と言ってますが、じつのところNTTが2023年度中にADSL廃止を表明したことを受け、対抗相手さえいなくなれば高い維持コスを負担してでも続けていく理由がなくなり「止めるなら今や」という一種の便乗でしょう。

.
20190514_20

で、ADSLがないと困る・・という客に、すかさず勧めるのが 「いやー、お客さん、今なら光がお安くできますよ」 ・・つまり、こちらに通信サービスを集約したく、あれこれ画策しているわけです。 ヤフーのサービス終了といえば・・そうです、このサイトの常連の方ならご存知、この3月末にあったヤフージオシティーズのサービス終了にともなう、あのドタバタです。 今回はサービス終了が2024年とまだ先ながら間際ではドタバタするのが必定。 今から乗り換え先を研究して少しでも有利なヤフー以外の先への移転を考えたほうがよさそうですね。


| | コメント (0)

2019年5月12日 (日)

安全運動中、近場ツーで

おばんです!

10連休が終わってからというもの、急に夏みたいな天気になってきましたが皆さまいかがお過ごしでしょうか。 私はゴールデンウィーク中についてはどこへ行ってもクルマが多いので基本ツーリングには行かず、ゴールデンウィーク明けの週にツーリングに行くことが多いのですが、今年はあいにく5月の今の時期が交通安全運動に当たってしまいました。

例年ですと、春の交通安全運動は先月のうちにとっくに終わっているのですが、今年は統一地選があった関係で警察のつごうからちょうど一ヶ月伸ばしの交通安全運動に・・・まさに今が真っ只中の5月11日~20日となりました。 まあ、安全運転で行けば問題はないというものの、以前交通安全運動の期間中にツーリングに出て、びわ湖一周する間に3回もネズミ捕りに遭遇したことがあり、やはり自分的に安全運動中は「遠出には適さない時期」ということになります。

.
20190512_10

そんなこともあり、ゴールデンウィーク明けの今週は近場ツーで抑えておきました。 思えば、バイクで走っていて暑くも寒くもない一番良い時期って、一年のうちでこの5月 (と10月) の数日しかないと思うのですが、そこで交通安全運動というのは実に痛いですね。来週の日曜もまだ期間中に入ってしまうので、心置きなくツーに出られるのは5月最終日曜の26日あたりからでしょうか。 あとひと月半もすると暑さも本格的になり、停車中などにエンジンの灼熱地獄が始まり落ち着いてツーリングもしていられなくなりますから、気分よく走れる5月最終週あたりと6月前半に距離を稼いでおきたいですね。
.

| | コメント (0)

2019年5月 8日 (水)

種子骨炎、その後

おばんです!

今年初めのことですが、歩いていて足の裏の母指球あたりが痛くなり、医者から 「種子骨 (しゅしこつ) 炎」と診断されたことがありました。 きょう職場で「種子骨炎はその後どうなったか?」と聞かれ、その後の経緯を説明したのですが、この件については同じような症状の方からDMをいただいたこともありましたので、こちらでも概要をお話しておきたいと思います。


Photo

結論から申しますと、年始の発症からその後5ヶ月、ふだん普通に歩いている限りはほぼ痛みがなくなり、日常生活で「種子骨」を意識することがないレベルまで回復しました。種子骨というのは上の図にある通り、足の親指付け根にある小さな骨の出っ張りなんですが、ふだんは何もないコイツがいったん炎症などを起こすと、歩く時いろいろ不都合が生じます。

医者からは普段の生活の中ではこれといった治療法がなく 「固い靴底の靴を履いていると症状が悪化する。柔らかい底の靴を履いて下さい」 とだけ言われていました。 たしかに仕事で履く靴は底が固い普通の革靴で、底の柔らかい靴などありません。 まさか仕事用の靴を全部買い換える訳にもいかず、ここは靴にスポンジ製やゴム製の中敷をいれ、靴底から足へ伝わる衝撃を分散させる手法を取りました。 あと、併せて出勤時に週に1回は革靴ではなくスニーカーを履き、足裏への衝撃緩和をはかりるという手法を 「種子骨炎対策」 としてとりました。


2

結果これが良かったのかして、今では山登りをしても無理しない限りは足裏に痛みが来ることなく、まず完治といえるところまで来ました。皆さん「靴の中敷だけで、そんなに変化が出るものなの?」 とお考えだと思いますが、実際その他の対策は取っておらず、足のマッサージや治療を受けたこともありませんでした。 上の画像はいろいろ試した中敷やシリコンのシートですが、靴そのものは以前のままで症状がほぼなくなりましたので、やはりこの「足裏への衝撃緩和策」が有効だったと思います。 
もし皆さんの中で種子骨炎になってしまった、あるいは種子骨炎の方が検索などでこのサイトをご覧になった場合は、たいしたコストもかかりませんから、ぜひ靴の中敷作戦をお試しいただくようお勧めしておきます。

| | コメント (0)

2019年5月 5日 (日)

10連休の9日目は

おばんです!

史上初という10連休、ちょうど9日めですが皆さまいかがお過ごしでしょうか。 私は当初 「10日も休みがあったってやることがないよ」と思っていたのですが、フタを開けてみると、やり残したことだらけであと10日間休みがほしいぐらいです。 そのうちバイク関係については、どこへ行っても大渋滞ということで近場で混まない時間帯に限って走るなどの自衛策を講じながら、まずまず快調に走りました。


C20190505_2

明日は雨予報が出ているので控えようと思っているのですが、バイクのほうもあと10日間ぐらいお休みがほしいところです。 あす1日、10連休最後を過ごして火曜日の社会復帰ができるかどうか自信がありませんが(笑) それでも、今週は月曜日がお休みになっているので4勤すればしのげる、というあたりを励みにがんばりたいところですね。バイクのほうも、今月なかばを過ぎるとツユのハシリっぽい天気も日が多くなりますので、今の内から好天の日は積極的に乗務して、距離を稼いでおきたいと思います。

.

| | コメント (0)

2019年4月28日 (日)

平成最後の登山へ

おばんです!

ちょうど10連休の2日目にあたる今日・・皆さまはいかがお過ごしでしょうか。 私はゴールデンウィークといっても、いつも家でウロウロしているだけなのですが、今年は休みが長いのと、何といっても 「平成最後の」 ということになりますので、懸案だった鳥取県の大山 (だいせん) へ登山に行ってきました。(今回は4輪での移動)


Dscn0510

私の登山は別に趣味というほどのものではありません。 ただ、普段から運動らしいことはなにもしておらず、バイクに乗っているときの体重移動などが、何となく 「重たーっ」 と感じるようになってきていたので 「 こりゃ、何か運動をしないと」 という思いのなか、昔少しやったことのある登山なら勝手がわかるし、用具などを廃棄せず持っているので続けられるだろう、と思ってリバイバルで始めたものです。

つまり、私にとっての登山は 「 いつまでもバイクに乗るためのもの 」 なわけですね(笑)

よくツーリングでご一緒するわらしべブーツさんがウォーキングでびわ湖一周などをされているのを聞き、自分も何かしなくては、と思ったのもきっかけのひとつです。 ただ私はわらしべさんのように、ウォーキングで長距離をこなす体力も根気もありません。 登山なら短期集中であたるので何とかなるだろう、という安直なヨミもありました(笑)

で、なぜ今回わざわざ鳥取県まで、ということなのですが、じつは大学を卒業し、就職する前に大山登山を計画して友人と現地入りしたことがありました。ただ、その時は天候が悪化して登れず、そのうちまた来ればいいや、ということで、周辺の観光に切り替えて登らずに帰ったことがありました。
そう、それから40年近くがたって 「昭和も終わって、さらに平成も終わろうという時に、いま行っておかないと 」 と思い立っての大山行きでした。


Dscn0501

おかげさまで無事に登頂して帰ってきたのですが、あと3日で5月だというのに、大山はここ数日の冷え込みで新たな雪が降り、もう真冬そのものみたいな景色でした。 これでずっとひっかかっていた大山登山も終わり、心置きなく令和の時代が迎えられます。 さあ、つぎの案件は令和初のツーリングということになりますかね (笑)


今週は管理人も週中に実家へ帰ったりしますので、次の記事UPは令和になって初の日曜日か、その翌日の月曜の予定です。では皆さま、よいゴールデンウィークをお過ごしください!

.

| | コメント (0)

2019年4月24日 (水)

開幕第一戦、びわ湖ツーへ

先日もお伝えしましたが、この日曜日・・4月21日に春のツーリングシーズン開幕第一戦として、皆さんとびわ湖周回ツーリングに行ってきましたので概要をご報告しておきます。 
私はいつもこの時期にいく開幕第一戦ツーリングを、今回行ったびわ湖か伊勢のパールロード周辺での展開するツーリングいずれかにしているのですが、今年はパールロードが市民マラソンのため当日通行止めとなりました。ならば、本格的な水辺レジャーシーズン到来で混雑する前にびわ湖周辺を走っておこうということで、定番ともいえるびわ湖周回ツーに行ってきました。


Dscn0460

集合場所に向かう途中の瀬田川にて。 ここはびわ湖の一番下の部分で、湖が細くなり川として流れ出ていく部分にあたります。 今日は霧もなく穏やかな流れです。 かかっている道路橋は京滋 (けいじ) バイパス、右のほうへ進むと1~2分で名神と合流します。


Dscn0465_1

道の駅草津にボチボチと集合です。この日は前日ほどのピーカンではないものの、まずは雨の心配もないツーリング日和りです。


Dscn0462

ここで大変なレアバイクが、、今までに見たことのないカラーリングのGL400(あるいは500)です。 私はこの機種にくわしくないのですが、サイドカバーにWINGと大書されているのは国内車でなく輸出モデルでしょうか? いずれにしてもアメリカンスタイルのカスタムではない、ロードモデルのほうはめったに目にしません。


Dscn0464

さらに知る人ぞ知るCXユーロ。現役実走車を見るのは2度目です。というか、このバイクが新車で販売されていた頃でも、街中やツーリング先で実車を見かけたことはありませんでした。しかしこのバイク、いま見ても全く古さは感じさせない秀逸なデザインだと思います。

ここから、新幹線の米原駅近くにある「道の駅 母の郷」に向かいます。


Dscn0469_2

集合した道の駅草津ではいくぶん肌寒かったものの、ここ米原まできたら少し気温が上がってきました。 画面の奥、白い車が走っている先は、もうびわ湖です。


Dscn0468_1

ここでもなかなか珍しいバイクを拝観。 ノンカウルのSVはめったに見ませんね。 まだタイヤに黄色の識別線が残っているほど新しいSV・・オーナーさんも楽しくツーリングされていることでしょう。

ここからびわ湖の反対側 (西岸) にある、国道161号線沿いの道の駅マキノ追坂峠(おっさか)をめざします。


Dscn0470

この日は全般に車が多かったのですが、米原市の母の郷から1時間かからずにマキノ追坂峠に到着しました。


Dscn0472

時間は少し早いのですが、道の駅のレストランが混雑してくる前に昼食タイムとしました。 私・・前夜もカレーだったのですが、カレージャンキーと呼ばれるほどなので連続のカレーでも全然モンクはありません(笑) 


Dscn0467

食休めの休憩をしていると・・ むむっ、わらしべさんのザックにはスズキロゴの刺繍があったりSマークが付いているではありませんか(!)  外国のスズキ現地法人などで、自国向けに帽子やウェアを部品番号をつけ純正部品のルートに乗せている国がありますが、このザックもそうしたものだそうです。

ここから帰る方向に向かいます。いつもは湖西道路を通って、道の駅妹子の里 (いもこのさと) に向かうのですが、今日は下の図にある国道367号・・いわゆる鯖 (さば)街道を通ってクネクネ向かいます。


20190421_21

この鯖街道は適度なワインディングで雰囲気は良いのですが、かなりの高率でネズミをやっているのが難点です。この日は大津市坊村など定番ポイントも平静でした。


Dscn0473

道の駅妹子の里で、解散前の最終休憩をします。ここはバイク用駐輪スペースを用意してくれているものの、台数が4~5台分しかないのが難点です。 もっとも乗用車用のスペースもすくなく、トラック用の大きい駐車区画がやたらと多いです。 やはりこの道は北陸と関西を結ぶ主要道路なので、夜間は相当な数のトラックが滞泊するんでしょうね。


Dscn0471

こちらでしばし休憩ののち、解散して帰路につきました。結びに桜の画像を・・昼食場所としたマキノ追坂峠にまだ残っていた桜です。 さすがに満開からかなり時間が経っていますが、ここは車で10分ほどの場所にスキー場があるぐらいなので朝や夜間は気温もひくく・・それでまだ、半分ぐらい花が残っているのでしょうね。 この日は名残の桜を眺めながら、楽しく開幕第一戦ツーリングを過ごさせてもらいました、ありがとうございました。

| | コメント (0)

2019年4月21日 (日)

シーズン第一戦、びわ湖ツーリング

おばんです!

今日はここ数年、シーズン第一戦となっているびわ湖周回コースを皆さんと走ってきました。今年は4月に入ってからも先週ぐらいまで気温の低い日が続き、ツーシーズンの開幕戦はどうなるんやろう? まさか冬用ジャケットを着ていくようなことにならなければいいんやけど・・と思っていたのですが、今週に入って急回復(ぉ) さすがにメッシュジャケを着るほどの気温にはなりませんでしたが、それでも夏日の一歩手前までいく最高気温になり (大阪・・24.6度) 走っていて暑くも寒くもない気候のなか、快適にシーズン第一戦を走ることが出来ました。

.
Dscn0469

今日の模様は後日詳細をUPしますので、しばらくお待ちください。
しかし、私が開幕第一戦と位置づけて今日ツーリングに出たように、世間のバイク乗りの方々も第一戦に出てこられたようで、今日は 「冬場まったく姿を見せなかったバイク乗り、どこからこれだけ出てきたの!? 」 と思うぐらいのバイクの多さでした(笑) やはり皆さんこの時期を待ち焦がれていたのでしょうね。
今日の開幕第一戦で好スタートをきった私のバイクライフ、令和に入ったら倍旧の勢いで皆さんとツーリングを楽しんでいきたいと思います。

| | コメント (0)

2019年4月17日 (水)

ふるさと納税、アクスルシャフトが

おばんです!

ここしばらく、ふるさと納税の返礼品について政府や財政当局まで出てきての議論が沸き起こっていますね。たしかに大阪泉佐野市のようにやりすぎと思えるところもありますが、キホン納付を受ける自治体に金額を含めて任せたらいいのではないかと思います。もともと「地方自治の本旨」だの「地方分権」と言ってるのは政府なんですからね。
そうした返礼品にも地方の特産品があるなか、バイク関連で「こ、これはっ!?」というものが・・ なんと私の実家のある奈良で、返礼品にバイクのアクスルシャフトというのがありました(驚)

20190417_22_4

そう、見間違うことのない、あのアクスルシャフトです(笑) この製品、加工精度の飛躍的精密化によりホイールベアリングの回転を円滑にして走りを劇的に変えるというもので、5万円以上の納税で返礼対象品になるとのこと。 バイク用品の返礼品としては、浜松市の返礼品としてクシタニ製品や、千葉県流山市の返礼品としてタナックスの商品が有名どころですが、この奈良市のアクスルシャフトにはただただびっくり・・だってモノがマニアーすぎますもんね。 このアクスルシャフトを返礼品として採択した奈良市役所の財政担当者は、おそらくすごくバイク好きの人なんでしょうね(笑)

20190417_26_12_2

ちなみにこのアクスルシャフトは奈良市の㈱P.E.Oという会社の製品で、本社は私の実家からクルマで5分ほどのところです。 今度の10連休のうちには3日ぐらい実家へ帰る予定も入れてますので、ここは私も「奈良市役所も認めたアクスルシャフトの製造元」をぜひ見学してこようと思います。


| | コメント (0)

«いよいよ10連休近し