2019年7月21日 (日)

坐骨神経の痛み・・が、原因は

おばんです!

皆さんタイトルをご覧になって「ははぁ、管理人にまた不具合が起きたんやな」と思われたことでしょうね・・はい、そのとおりです(汗)
今まで腱鞘炎だの首が回らなくなる頚椎症性神経根症 (けいついしょうせい しんけいこんしょう) 、また今年に入ってから種子骨炎 (しゅしこつえん)と、なんか整形外科に関係のある不調ばかりが続くのですが、今回もお尻からヒザまでの神経がビリビリ痛む不調で整形外科に行ってきました。

たいていの体調不良は前ぶれとか前兆があると思うのですが、私の神経の痛みは火曜日に起きたら突然来ました。 歩いていたりまっすぐ立っていると何の不都合もないのですが、座るとお尻から下肢にかけて、それも右側だけが痛くなってきます。 最初は「先週の三連休に近所の山歩きをしたせいで、おおかたその筋肉痛だろう」と気にも留めていなかったのですが、土曜日になってもまだ痛いので 「むむっ、こりゃ筋肉痛じゃない。なにか神経の痛みだな」ということになりました。
しかし、体を無理にひねっり重い物を無理な姿勢で持ち上げたりしたことはなく、原因も療法もわからないうえ、日に日に痛みが増してくるので 「こりゃ病院へいったほうがいい」ということで、またもや整形外科のお世話になりました。 あっ、でも前のところではなく今度は違う病院ですが(笑)

.
C19_1731

で、足を曲げたり引っぱったりして筋肉や関節、神経の具合を調べる触診をいろいろ行ったうえ、MRIだのレントゲンだのと撮影して、それらを総合判断した先生からの病名発表は・・・

「とくに問題になるところはありませんな」 でした(ぐはーっ)

いろいろな画像を前に説明してくれたのですが、
(1) 背骨がゆるくS字型に湾曲しています
(2)  背骨をつないでいる軟骨が減ってきて、スキマが開いてきていますね。

でも、(1)と(2)の今回の痛みにかかわりはなく、なにか治療が必要というものでもありません。 ようするに歳のせいということです(←けっきょくそれかいっ!)
痛みのもととしては、筋肉が末端部分で炎症を起こして、それが慢性化しかかっているものと思われますのでお薬を出しておきましょう。しばらく続けて痛みがなくなれば、もう飲むのをやめてもらって大丈夫です。 ・・・とのことでした。

ううむ、つまり前からいろいろ起きているトラブルと同じで 「原因不明」 「歳のせい」 という事でした(汗) 
そして、今回も先生から「ほほう、あなたの腰骨と背骨の取り回しは、じつにキレイな状態ですな」と変なところをほめられ、わけのわからないまま医療費を払って病院をあとにしました。

まあ、この場合も今までと同じように「大きなトラブルでなく、経年変化だけのトラブルなので、それはそれでラッキー」ということなんでしょうか。 ひとまず薬で痛いのは蹴散らしていますが、夏本番のバイク乗務前にこのトラブルを何とか片付けてしまいたく、またストレッチとか習慣改善とか出来る範囲でのセルフケアを続けていきたいと思います。

| | コメント (0)

2019年7月17日 (水)

初めて見たホンダエルシノア125 (!)

おばんです!

もうすぐ7月も下旬入りというところですが、まだつゆ明けは少し先になりそうですね。 バイク日和りになるのはつゆ明けを待ってから、ということになりそうです。ところで、当家では管理人が遭遇した珍しいバイクや車をおりに触れご紹介していますが、今日はその中でも国宝級といえそうなエルシノア125です。

エルシノアといってもご存じない方が多いと思いますが、会社設立からずっと4ストバイクでやってきたホンダが (創業初期の例外的モデルを除き) 初めて出した2ストモデルで、オフロードタイプの125と250が発売されました。今回遭遇したのはその125モデルです。
少し前になりますが、取引先に向かうため大阪南部の幹線道路を歩いていると、道路沿いにある商店の前に2台のバイクが停められていて、うち1台がピンクナンバーのオフロード車に見えます。

.
 002d

その時は「ほう、125のオフ車って珍しいな、カワサキやろか?」 と思ったぐらいで気にも留めなかったのですが、近づいて行くにつれてリアフェンダーなどにオイルの飛び散りがハッキリと見えます。
「えっ、2ストか? としたら、往年のハスラー125かAT125か!?」 とそばまで行ってよく見ると、なんとエルシノア125ではありませんか(驚)  
発売されたのはたしか大阪万博の少しあとの頃で、この125と上位モデルの250が発売され、それぞれに市販モトクロッサーが用意されていたと思います。私もリアルでは見た記憶がなく、後年になって250の実車を見たことがあるものの125はこのとき初めて実車を見ました。

.
001d

こちらのモデルはレストア車等ではなく現役実走車のようで、リアサスやホイール回りの薄いサビがいい味を出しています。ピカピカでなくそれなりヤレ具合なのですが、塗装の日焼けや褪色、鉄部の腐食などは見られず、製造から40数年たっていることを考えるとすばらしく保存状態のよいモデルでした。 おそらくオーナーさんが大切にされ、たまに動かしている現役車というところでしょうか。 年式からして、部品の調達などはむずかしくなっているとなっていると思いますが、これからも好調を保って少しでも長く現役を続けていってほしいところですね。


# エルシノアのほか、カワサキの90SSSやハスラー250は実車を見ました。あとはY社はAT125やDT250に遭遇できたら・・・(ぉ)

| | コメント (0)

2019年7月15日 (月)

久しぶりの晴れ間、プチツーへ

おばんです!

天気がスッキリしない海の日の3連休でしたが、皆さまいかがお過ごしだったでしょうか。 事前の予報ではたしか土曜日がいちばん天気が良くて、あとへ行くほど天気が悪くなるような予報だったと思うのですが、実際には土曜日が雨で今日は晴れ間が出て一番マシな天気だったような・・・やはりつゆ末期が近くなると、予報の難易度も上がってくるんでしょうか?

そんな中、大阪は久しぶりの雨の止み間ということで、この機会にと1時間と少しだけなんですがプチツーしてきました。 本来なら和歌山県のほうへ行こうと思っていたのですが、県境の山のほうを見るとそちら方面は暗雲が立ち込めています(汗)  そちら方面へ行くと間違いなく降っているだろう、ということで今日は遠出を避け大阪府内南部周回コースを走ってきました。


Dsc_0591

平地区間は調子よく走っていたのですが、山のほうへ行くとブラインドコーナーを回ったとたんに路面がセミドライになっていたり落ち葉が積もっていたりで気軽に突っ込めません。 まあ、今日はそういう日なんだろう、ということでサッと流してから最寄りのお寺にお参りして帰ってきました。思えば、明日からは7月も後半に入ります。そろそろつゆ明け後の夏バイクシーズンを考えつつ、今は肩ならし程度にして調整を進めることにしましょうかね。

| | コメント (0)

2019年7月10日 (水)

富士山でもキャッシュレス

おばんです!

最近いたる所でキャッシュレス化の動きに出会い、そのつど感じたところを記しているのですが、街中での物販・飲食はもちろんやお寺での支払(ご志納というらしい)までキャッシュレス化されるなか、富士山でもキャッシュレス化の動きが、、山の入山料や山小屋での買い物、食事代金支払にまでキャッシュレスシステムが導入されてきているそうです。

その背景はズバリ外人登山客の増加にあるようで、旅先で現金払いをする習慣のない外人から「取りっぱぐれがないように」として導入されるのがほとんどのようです。もともと外人はクレジットカード払いが多かったそうですが、自治体がAirレジ・Airペイでの富士山入山料の徴収(ただし任意)を始めたのをきっかけに、登山道沿いの山小屋でもキャッシュレス対応店が増加。 最近になってKDDI取り扱いのauPAYも導入が進んで、山小屋によってはキャッシュレスの売上げが従前比3倍になるなど「目に見える効果」が上がっているそうです。

まさに外人あっての支払方法多様化ですが、日本人でも山歩きをするときに多額の現金を持つことに不安な人は多いはず。まずはキャッシュレス対応が出来るエリアを拡大、支払システムの多様化を進めて「どこでも気軽にキャッシュレスで払える環境整備」を作っていってほしいところですね。

| | コメント (0)

2019年7月 7日 (日)

「油冷のページ」に記事を再UP

おばんです!

かねてから計画のうえ試行してい「油冷のページ」への記事追加・・GSF1200のステムベアリング交換の記事をリバイバルでUPしました。ブログ左側の「油冷のページへ」というコーナーの一番上段が入口となります。
当ブログはもともとジオシティーズのサービスにあったホームページをベースにしたものですが、その後ヤフーがジオシティーズの運営から撤退。これについてホームページにあったGSF関係の記事のうち、今後も保存が必要と思われる「わたし的GSF,BanditのFAQ」と「主要整備データ」を別のホームページサービスに移転させました。

さしあたり、必要なものはこれでOKと思っていたのですが、その後「〇〇の記事は資料として大切である」「××の記事を参考にしたいのでもう一度UPできないか」というありがたいメールをいただきました。 そこで、ご要望の多いもの中から選んで今後数編を追加記録としてUPしてまいります。 まずは作業系の記録のうち今も再録のご要望が多い「ステムベアリング交換」をその第一弾としました。

.
R0010882

ただ、こちらのブログは表示システムや設定でいろいろ制約があり、内容は変えないまま来月もう一度データの入れ替えと追加などをする予定です。また今後もご要望になるべく対応できるよう新たな内容の追加なども検討していきますので、そのあたりも含めてよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

2019年7月 3日 (水)

ピースサイン完全復活と

おばんです!

先日、和歌山の加太 (かだ) に行った時も感じたのですが、ここしばらくうちのツーリング中ピースもらい率って、ほとんど8~9割ぐらいの確率になってきましたね。 この間も走っていて団体に遭遇すると応対が忙しいぐらいで (笑) 一時はまったく下火だったピースサイン (今はヤエーというらしい) が完全復活したようです。

さきに原付免許取得から42年と記しましたが、その間をふりかえると私がツーリングを始めたころのピースサイン率はすごく高く、私自身も自ら出すように心がけていました。その後バブル期前後にはピースする人自体が珍しくなり応答率も激減、私自身も 「どうせカラ振りやろ」 と出さなくなった覚えがあります。それを思えば、最近は若い方が積極的に出してくれているようですし、そんな環境のなか私みたいなオジーも 「こりゃ、やらなあかんな」 という気になりました。

しかし往時のピースサインは左手を軽くスッと上げる程度のものでしたが、今は両手を挙げたり両手バンザイだったり 「安全上、それ大丈夫なの!?」 と思う人も多いです(汗) 完全復活は良いことですが、安全に十分配慮してムリないレベルで楽しみたいところですね。

| | コメント (0)

2019年6月30日 (日)

つゆの晴れ間、加太(和歌山県)へ

おばんです!

この土日はどこともスッキリしない天気が続いていたようですね。なかでもきょう日曜日は強風が吹いたり通り雨があったりと荒れ模様でしたが、そんな週末の中でもまだ天気のマシだった土曜日に和歌山のほうへ行ってきました。 場所は先日行った深日港の少し先、大阪府から和歌山へ入ってすぐの加太(かだ)というところです。 ここは先日深日港まで行ったとき同時に行きたかったのですが、帰り道で用事があり時間の都合で「日を改めて」となっていたところです。

.
20060

上は途中の海釣り公園での画像、ここはまだギリギリで大阪府です。 本来なら画像奥のほうに淡路島が見えるのですがツユ時ですから仕方なく・・遠くの景色を見るモァーっとしていて、いかにもツユ空という感じですね。実際、走っていても通り雨のようなパラパラッとくる雨がありましたが、まぁその程度はこの時期ですから想定内ということで(笑)  大阪府岬町→和歌山市→紀の川市→大阪に戻って和泉市と走り継ぎ、幸い大降りなくプチツーを終えました。でも、この日の夕方には自宅周辺でけっこうな夕立がありましたから、うーん、この日は早めに戻っていて正解だったと思います(汗)  大阪はまだツユに入ったばかりで当分うっとうしい天気が続くと思いますが、しばらくは週末充電程度の走りになっても、晴れ間を拾って走っておきたいところですね。


| | コメント (0)

2019年6月26日 (水)

過去最遅のツユ入り

おばんです!

今年の近畿地方は「このまま夏になってしまうのでは」と思うぐらいの陽気だったのですが、今日ようやくツユ入りに・・それも雨がぜんぜん降らないなか「なぜ今日が?」 という感じのツユ入り宣言でした。 このあたり「とりあえず今日ぐらいにツユ入り宣言しておかないと7月になってしまうよ」という気象庁の思惑があったのでしょうね(笑) 近畿地方の平均つゆ入りが6月7日とのこと、そして今までの最遅が6月25日とのことですから、ここですでに遅いほうの記録を更新してしまったようです。

.
Ca19_2221_9

上の画像はプチツーの際写したもの、、私はバイク趣味がある以上、雨など降ってほしくはありませんが、あまり降らないと8月には水不足になりそうですし、ツユ入りが遅ければツユ明けも遅くなって、これもバイクに乗る機会が制限されます。 ここは「毎年来るものはいつも通りに来てもらわないとあとで困る」ということになりそうです(笑) ツユ時はロングに出られず、ツユ明け以降はエンジンからの放熱でとても乗っておられなくなり「バイクも夏休み状態」になりますが、そんな中でも晴れ間にアジサイを探すプチツーなどで距離を稼ぎたいところですね。

| | コメント (0)

2019年6月23日 (日)

原付免許から42年が

おばんです!

きょうは6月23日・・皆さまには何の変哲もない6月下旬の一日だと思いますが、私にとってはある意味、周年記念的な日になります。 ヘッダーにも記していますが、今日は私が運転免許の最初の一歩である原付免許を取得した日・・大阪府に2つある運転免許試験場のうち、自宅に近い光明池試験場は当時まだ開設されておらず、門真の運転免許試験場へ行ったのが1977年6月23日、それから実に42年が経過しました。 初めてのバイクを買ったのはもう少しあとでしたが、これで大手を振って公道を走れるようになったわけですね(笑)

.
2019_1942

最初の愛車となったのがCB50、4st50ですから非力は否めませんが、エンジンはよく回りポジションも悪くなく・・もう少しパワーがあれば今も通用する良いバイクだと思います。当時このバイクの対抗馬となるスズキとヤマハの50クラスは2stのみ。ホンダから50クラスの2st、MB50が発売されるのはもう何年かあとだったと記憶します。
ともかく私の乗務センスの基礎となったのがこのCB50で、当時からすでに京都や青山高原などへツーリングに行っていました。 中古で良い機体があれば今もほしいバイクです。

.
C20190505_2_20190623200101

そしてCBから42年後の愛車がF800GT、50ccと800ccの違いはありますが、バイクに対する基本的な接し方や使い方、走り方は全く変わっていませんね。まあ、それぐらいCB50の完成度が高かったともいえるでしょう。 しかし、私にはいろいろな趣味があり、あきっぽい性格から今はやめてしまったり何十年間も中断という趣味も多いのですが、ことバイクに関してはこの42年間ずっと乗り続けています。 もちろん就職や転勤など身辺の変化で乗務回数が大きく減った時期もありますが、それでもバイクは切らさずに維持し続けて、年に何度かのツーリングも行っていました。
思えば、バイクというのはそのぐらい趣味として奥深いものといえるのでしょうか。正直なところ、この先何歳まで乗務できるかわかりませんが、それでもこの先、免許取得45年周年また50周年に向けてのバイク選びが出来るよう、日々精進してバイクライフを楽しんでゆきたいと思います。

| | コメント (2)

2019年6月19日 (水)

刀、ラッピング電車を計画と

おばんです!

さきほどスズキのサイトを見ていたのですが、さきに発売したカタナの特設サイトがされていて、開発者インタビューやイベントの告知が出ています(!)  今までだと、こういう事柄はファンのサイトやオーナークラブのサイトで扱われるのが普通だったと思いますが、そのあたりをメーカーがサラッとやっちゃうのはいかにも今風ということでしょうか。


Cut20190619_2237_42

しかも9月15日にオーナーズミーティングをひらくと告知していますが、そういうのは普通オーナーズクラブが決めてUPするもので、メーカーがそんなことまで主導して開催してもいいんでしょうかね(笑) 
まあ、車種を積極的に売り込んで人気を先導して行くのもメーカーの役割りですから、今回満を持して登場した車種ゆえ、多少強引な盛り上げ方も芸のうちなのかも。


Cut20190619_2029_57

あと、目をひくのが「KATANAのラッピング電車」です。 現在計画中かあるいは施工中で詳細画像が発表できないようですが 「そこまでやるか」 という感じですね(笑) これはふだん鳥取県を走るローカル線・・隼駅がある若桜 (わかさ) 鉄道で走っているハヤブサのラッピング電車(下図)を手本にしたものになるのだろうと思います。

.
Cut20190619_2033_14

ハヤブサ電車にしてもかなり強引なデザインでしたから、これがカタナになるとどうなるのでしょうか (汗)  まだ実車が走っているのを見る前からムードだけが先行していますが、このあたりもカタナ人気の盛り上がりとともに注目していきたいところですね。

| | コメント (0)

«つゆ入り前にディーラーへ